慣れない依頼でお腹が減った五郎は、メニュー豊富な「韓国式中華」料理屋を発見:孤独のグルメ Season10

公開: 更新: テレ東プラス

kodoku_20221202_01.jpg
深夜0時12分からはドラマ「孤独のグルメ Season10」を放送!

松重豊主演・孤独のグルメSeason10!今回は荒川区「日暮里」慣れない依頼でお腹が減った五郎は、繊維問屋を背にメニュー豊富な「韓国式中華」料理屋を発見し赤黒麺を堪能。

第9話あらすじ

kodoku_20221202_02.jpg
荒川区「日暮里」。「布の街、布の道」と書かれた旗を横目に通りを歩く五郎(松重豊)。立ち並ぶ繊維問屋街を進み、今回の商談相手である増田の元へ。依頼品である"ネクタイピン"を見せると、イメージにぴったりと喜ぶ増田。そして、自身が担当する映画の主演役者と五郎の背丈が似ているとのことで、衣装合わせの代役も五郎にお願いすることに。最初は困惑したが、誉め言葉の連発でどこかまんざらでもない様子だったが...。

慣れないことをした五郎は腹が減り、お店探しへ。腹にジャジャーン!と響くお店を目当てに探し歩いていると、「韓国式中華料理」の看板を発見する。堂々たる文字で書かれたお店の名前とメニューの写真。まさに求めていたお店と言わんばかりに大きく頷き、入店する。メニューの多さに難航した五郎が注文した大満足の料理とは。

出演者
井之頭五郎...松重豊

<9話ゲスト>
増田・・・入山法子
店主・・・甲本雅裕
ほか

原作脚本
【原作】「孤独のグルメ」
作・久住昌之 画・谷口ジロー(週刊SPA!)
【脚本】児玉頼子

監督・演出
【演出】井川尊史

音楽
【音楽】久住昌之
ザ・スクリーントーンズ

【番組公式Facebook】
@kodokugurume
【番組公式Twitter】
@tx_kodokugurume

PICK UP