激動の人生を駆け抜けた”伝説のストリッパー・ファイヤーヨーコ”の生き様「奈落の底から這い上がれ!行動、ガッツ、奉仕の精神さえあれば、必ず道は開ける」

公開: 更新: テレ東プラス

日本には、「花電車」と呼ばれる芸を披露するストリッパーがいる。花電車とは女性器を使ったパフォーマンスのことで、令和の現在、花電車芸ができる人物はごくわずか。
そんな貴重な花電車芸人の中でも、ひときわ異彩を放つのが、股間から火を噴くなど、唯一無二の芸をするファイヤーヨーコさん。ストリップ劇場からライブハウスへと活動の場を移したヨーコさんは、ライターや骨盤底筋の体操講師としても活躍中だ。

今回の「テレ東プラス 人生劇場」は、華麗なるショーの全貌をレポートするとともに、ヨーコさんの素顔に迫るべくインタビュー! 仕事への思いから人生観まで、話を伺った。

fire_20221128_01.jpg

私にとって"奉仕の精神"とは、お客様を楽しませる、後進への道筋をつけること


ヨーコさんの出身地は高知県。置屋を営む父と、スナックを経営する母のもとで生まれた。生家はストリップ劇場の3軒隣だった。
勉強はよくできたものの、父親のDVや両親の離婚などを経て、中学校をドロップアウト。 その後は、カジノディーラーやカメラマン、ホステスとして働き、飲み代の売掛金を逃げられた事で借金を抱え、裸で踊るショーパブの世界へ身を投じる。
やがて
女性器を使ったパフォーマンス「花電車技を練習する機会に恵まれたヨーコさんは、生まれ持った器用さ、類まれな筋力が功を奏で、すぐに数々の芸を習得。ストリップ業界にてデビュー。転落次ぐ転落の人生だったが、その奈落の底の舞台こそが彼女の天職だった

――軽快なトークと圧巻の芸で観客を魅了するヨーコさん。勝手なイメージではありますが、女性の観客がここまで多いことも想定外だったというか...。ショーを観終わった後、不思議と爽快感やパワーがみなぎるのを体感することができました。
大らかで優しい笑顔が魅力的なヨーコさん、なぜストリップ劇場からライブハウスへと活動の場を移したのでしょうか。

「そうですね。元々ストリップ劇場で披露してはいましたが、実は自分の芸はエロスの世界だとはあまり思っておらず、"とにかくお客様をビックリさせたい""度肝を抜かせたい"という思いでここまでやってきました。
ストリップ劇場は主に男性の世界ですが、ライブハウスでパフォーマンスすることで、女性にも見てもらいたかった。そして私のパフォーマンスを見ることで、女性器に悩みを持つ皆さんが"大丈夫かも⁉""まだまだやれる!"と自分の可能性に気づいてもらえたらいいなと。
例えば尿漏れで悩んでいる女性に、『膣圧を鍛えれば治せるんじゃないか』と希望を持ってもらうなど、私の芸を通して、諦めずに立ち向かう勇気を与えられたらいいなと思って、日々パフォーマンスしています」

fire_20221128_02.jpg
――「悩める人たちにパワーを与えたい...」というヨーコさんの想いがひしひしと伝わってきました。また性別を問わず、一丸となって「ファイヤー!!!」と雄たけびをあげる様がコミカルであると共に、ストレス発散にもつながるというか...。ヨーコさんのライブは不思議な魔力があります。
火を噴いたり鉛筆を折ったりと、ヨーコさんの技は並大抵の努力では成し得ないことだと思います。体力的にも大変だと思いますが、芸を続ける原動力はどこにあるのでしょう。

「日本のストリップ産業はどんどん衰退していて、ただでさえストリッパーが存続していくのは難しいのですが、花電車となるともっと難しい。ストリップ劇場では、1枚いくらという形でポラロイドを売っていますが、それは全て劇場の収益になってしまいます。花電車芸人はポラロイドを売らないので、劇場側からすると利益が出ず、支払うギャラが高額になってしまうので呼ばれにくくなっているという裏事情もあります。 ポラロイドを売り、今の芸風を変えれば熟女系の踊り子として仕事があったかもしれませんが、私はどうしても花電車芸人として終わりたかった。だから活動の場をライブハウスに移そうと思いました

花電車をひっさげてライブ業界に打って出るということは、ストリッパーとしてではなく、パフォーマーとして認められないといけないという難しさはありますが、私が先陣を切っていかないと、花電車は日本から途絶えてしまう。花電車芸人を目指す後輩たちが出てきた時に、花電車が存続する道筋を作って行かなければいけないという思いもありました。
今のストリップ業界では、花電車のできる踊り子でも、ポラロイド販売の片手間に芸を披露する程度で『花電車芸人』としては食えない。私が弟子を作っても芸で飯を食わせてあげる事もできない。ならば私が先陣を切って道を切り開いてやろうと思ったんです。その道を後進のパフォーマーが私の後に続けばいい。それができれば、日本に『花電車芸』を残すことができる。
弟子や後継者を作らなかった代わりに、ライブハウスという場で花電車芸人が活躍できるレールを敷いて残して置くこと。そして次の世代はストリップ劇場ではなくライブハウスで『花電車』が観られる時代に移行させておきたいんです。それが私の『花電車芸人』としての最後の仕事だと思っています」

――現在は都内近郊だけでなく、ショーをしながら日本全国を縦断しています。

コロナ禍で営業先がどんどん縮小する中、何も行動を起こさずにいたら、私たち演者自身も自滅してしまいます。なので、例え多少赤字になったとしても、全国を回って新境地となる営業先を切り開いていこうと思いました。 全身網タイツのシャンソン歌手・蜂鳥あみ太=4号さんとコラボし、一緒に日本全国を回ったところ、私1人では行ない会にも行ことができ新しい営どんどん開拓す。
例えば、良い条件で出演させてくれるライブハウスを見つけた時、普通は自分たちで囲い込んでしまい、他の演者に紹介しない人が多いんですよね。だけどあみ太さんはそれを一切せず、後進のためにどんどん紹介する方だったので、"この人とだったら一緒に回れるな"と。今は47都道府県を巡り、全国のいいお店をリストアップし、後進や知り合いのバンドマンにプレゼントするつもりでやっています」

――自ら発案した鍛錬法で、女性のための尿漏れ防止や、産後のリハビリテーションの講師としても活動されています。なぜ、そのような活動を始められたのですか?

「女性のお客様がショーを観に来てくれた時、『どうやって膣圧を鍛えるんですか?』と聞かれることが多かったからです。膣がなかなか産後の状態から戻らない、尿漏れに悩む女性は非常に多く、いろんな方法を試された方もいらっしゃいましたが、それでも効かなかったと。
私自身、腰の手術を失敗して杖をつきながら生活していた時期がありますが、ステージに戻るためには、歩くリハビリだけではなく、あそこのリハビリが必要でした。だけど具体的な方法がなく、身をもってそのつらさを実感したのです。
自分が鍛えているからこそ分かりますが、産婦人科や泌尿器科で配られる骨盤底筋体操のパンフレットを見ても『こんなの効くわけないじゃん!』と思うものばかり。産科婦人科学会や産婦人科医会に問い合わせても、産後や尿漏れに関してのリハビリがなく、保険点数も認められていない。当時は産後のトラブルや尿漏れに悩む患者さんは、医療から見放されている状態でした。そこで『私がやらなきゃ誰がやるんだ!』と猛勉強。入院中に、解剖学から生理学、スポーツ医学まで学び、理論と体操のメソッドを構築しました。それまでは自分の感覚でやっていたことが、医学の知識とリンクした瞬間でもありましたね」

――実際にレッスンを受けた方からの反響は?

「かなり大きいです。私の体操を実践すると、平均2カ月くらいで尿漏れが改善します。出産時に神経を損傷し、尿が出る感覚が麻痺してしまい、おむつ生活を余儀なくされていた方も、2カ月ほどで治ったと聞きました。モニターになってくれた風俗嬢の方は、1週間のトレーニングで『絞まりがいいね』とお客さんから褒められるようになったそうですが、体操をサボったところ1週間で言われなくなり、慌てて再開したそうです。膣の周りの骨盤底筋は、普段は使わない筋肉なので、トレーニングの効果はぐに現れます。 『そに筋肉あるからにはず鍛えることができるんだ』ということを、私パフォーマンスを通じて納得して貰えたら嬉しいですね

PICK UP