“100円を100円で売る”自販機は何のため? のぼりには「冷やし100円玉はじめました」:有吉の世界同時中継

公開: 更新: テレ東プラス

木曜夜7時58分からは、ゲストに余貴美子坂下千里子おいでやす小田田村保乃櫻坂46)を迎えて、「有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~」【日本と世界の最新ナゾうまグルメSP】を放送!

「テレ東プラス」では、10月27日に放送された番組の中から「ナゼ? 100円玉を100円で売る自販機」の内容をプレイバックする!

dojichukei_20221116_01.jpg
千葉県松戸市に一風変わった自動販売機がある。道を歩いていると飛び込んでくるのが、のぼりに書かれた「冷やし100円玉はじめました」の文字。「冷やし中華」ならぬ「冷やし100円玉」とは一体何なのか。しかも季節は秋だというのに。のぼりの向かいに目をやると、そこにはロッカーと自販機が並ぶ、無人の野菜販売所がある。

自販機の中を見ると、並んだ枝豆の横に確かに「冷やし100円玉」が100円で売られていた。この謎の"商品"を購入した人たちは「便利だし、ちょっと面白い」「最初はびっくりしました。よくこういうことを考えついたなと思って」と口々に話す。

dojichukei_20221116_02.jpg
取り出し口から出てきた100円玉を手にした子どもからは「冷たいっ」の声。「めちゃくちゃ冷たいです」とカメラの前に差し出すも、やはりそれは何の変哲もない100円玉だ。

PICK UP