琴奨菊からビッグサプライズ!!断髪式を見届けに来た兄弟YOU、懸賞旗に顔が...:YOUは何しに日本へ?

公開: 更新: テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを空港で勝手に出迎え、アポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(毎週月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「ドキドキYOUのサプライズ大一番 はっけよ~いのこったSP」。ドキドキしっぱなしの95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

you_20221107_01.jpg
番組宛てに送られた投稿の中から願いを叶える「投稿YOU」。

今回は、過去に密着した『琴奨菊大好きブラザーズ』からの投稿を採用。両国国技館の断髪式へ行きたいが、式のチケットが買えないから、代わりに購入してほしいというのだ。

you_20221107_02.jpg
アメリカに住むマイケルさん(現在38歳・IT関係)とアンドレさん(現在32歳・エンジニア)は、琴奨菊関が何より大好きな兄弟だ。2019年の密着では、一緒に稽古をしたりお風呂に入ったりする様子が放送された。

琴奨菊関の断髪式5日前、成田国際空港で3年ぶりの兄弟を出迎えた。変わらずの相撲愛で、1年半前から、相撲解説ラジオ『スーパー相撲ブラザーズ』の配信までしているんだって。
今回は、大好きな琴奨菊関の断髪式(2022年10月1日)を観るために来日。実は約束したチケットがまだ取れていないが(ヤバ~い)、まずは長旅の疲れを癒やすため、宿泊する両国のホテルへ向かった。

you_20221107_03.jpg
部屋に入ると、見せたいものがあるという。それは、アンドレさんが琴奨菊関にプレゼントしようとデザインしたTシャツだ(シワシワなのはご愛敬)。

元々スポーツ観戦好きだったマイケルさんが相撲と出会ったのは、10年前に偶然観たネット配信だった。2019年の密着時にも、「腕を広げて胸を見せるポーズがユニークで好きになった」と、"琴バウアー"から琴奨菊関のファンになったと明かしていた。「たとえ負傷していても休場せずに戦い続け、どんな強い相手にも全力で立ち向かう、そんな男らしい生き様に魅了されていった」という。引退はショックだが、アンドレさんは「兄弟の絆が深まったのは琴奨菊関のおかげ」と感謝する。

だからこそ、「君たちのおかげで絆もできたから、同じ空間で力士最後の姿を見届けたい」と願って来日したのだ。ちなみに引退後は『秀ノ山』を襲名し、親方として若手力士の育成に携わるそうだ。

you_20221107_04.jpg
9月30日断髪式の前日、担当Dは兄弟に会って、衝撃の事実を伝えることに。それは、「がんばったが、チケットが取れなかった」。がっかりする兄弟に、「チケットを手に入れるチャンスがありまして、抽選で決まる」と伝えるが...それはウソ(笑)! サプライズでチケットを手渡す作戦なのだが、兄弟は完全に信じている。

you_20221107_05.jpg
クジ運がUPする日本メシをゴチすると兄弟を連れて向かったのは、人気力士も通う力士料理の店『琴ヶ梅』。実はご主人が琴奨菊関の兄弟子で、サプライズの仕掛け人①。さらには、仕掛け人②として琴奨菊本人が登場! 今回のサプライズは、ファンへの感謝を込めた琴奨菊関の提案だったのだ。

店内では、兄弟が店主の誘導で琴奨菊関の指定席へ通され、「抽選が当たるかも?」とアゲアゲ。さらに琴奨菊関の大好物だという「水晶鍋(塩ちゃんこ)」を注文し、琴奨菊パワーも注入だ。その間、琴奨菊関は兄弟にバレないよう隣の部屋で待機するが、楽しすぎるようで必死で笑いをこらえていた、

you_20221107_06.jpg
そろそろ出番。店主のふりして"唐揚げ"をお届けする琴奨菊関の登場に、兄弟は思わず爆笑&感涙。念願だった断髪式チケットを直接手渡ししてもらって感激する様子に、琴奨菊関もうれしそうだ。

ちなみに、引退のきっかけについて質問をすると、「心は元気だったけど、体がケガして言うこときかない。そこが自分の限界かなと思って」と、事情も明かしてくれた。そう、10月1日、828勝676敗41休(112場所)という約18年の力士生活に幕を閉じる琴奨菊関。「本当に最後の最後の大銀杏姿。現役姿をみていただきたいと思って、ご招待します」と兄弟に伝えた。

いよいよ断髪式当日、「琴奨菊関の新たな人生の門出を見届けられるんだから」と、失礼のないようスーツ姿で登場。両国国技館に到着すると、カラフルな相撲のぼり(主役の琴奨菊関のものだらけ)を記念に撮りつつ、11時15分には入場し、ものの3分で引退記念グッズを爆買い。1回500円の引退記念ガチャにも挑戦するなど、買い物を満喫した。

you_20221107_07.jpg
そして兄弟は、琴奨菊関が用意してくれた2階の最前列席へ。約9000人もの観客の中、土俵がよく見える良い席を押さえてもらい、幸せを噛みしめる。断髪式は、午後1時30分からの予定だが、その前に十両の土俵入りがあり、相撲の禁じ手を紹介する「初切(しょきり)」がコミカルに披露されると、会場は笑いに包まれた。

you_20221107_08.jpg
さあ、琴奨菊関の最後の一番の始まりだ。対戦相手は...、まさかの長男(5歳)と二男(1歳)! 対戦前には、兄弟の顔入り懸賞旗が土俵を1周するおもてなしも飛び出し、「君たちは本当にサプライズが上手だね」とお褒めいただいた(総額5万円以上のサプライズ)! 琴奨菊関のラスト琴バウアーも見納めできたところで、勝負のほうは...息子さんに渾身の押し出しをされ、現役を終えたのだった。

you_20221107_09.jpg
次はいよいよクライマックスの断髪式だ。琴奨菊関は、紋付羽織袴姿で再登場。ここで担当Dが兄弟に、「特別にもう少し近くで断髪式を観られるけど...」と声をかけ、喜ぶ兄弟と共に1階へ。見やすい場所で髷にハサミが入る様子をガン見するマイケルさんは、独特の作法に「髪はちょっとしか切らないんだ」と興味津々だ。断髪メンバーには、親交の深い東京ヤクルトスワローズの内川聖一選手(現役引退を発表)、タレントの上地雄輔の姿も。

you_20221107_10.jpg
するといきなり、「あの超人気番組『YOUは何しに日本へ』。ただ今密着中のYOUがいます。突然ですが、どうぞ向正面土俵下にお進み頂けますか」とアナウンスが入った。予測不能な事態に舞い上がりつつ、兄弟は恐るおそる土俵へ。これぞ、琴奨菊関からの粋なサプライズなのだ!

you_20221107_11.jpg
まずはマイケルさんが先に、アンドレさんが後に、ゆっくりとハサミを入れた。約9000人の拍手を浴び、無事に重要な役目を果たした兄弟は、ただただ感無量。

you_20221107_12.jpg
会場を出ると、「手がまだ震えてる」と、ブルブルの手を見せてくれた(笑)。サプライズ大成功!

その後も、69代横綱・白鵬 宮城野親方らも参加する断髪式は続き、大銀杏との別れのシーンでは当人だけでなくファンも感極まって涙した。「琴奨菊関の相撲は観られなくなるけど、これからも応援し続けるよ。素晴らしい式に参加できて、人生で最高の時間だった。琴奨菊関の優しさには本当に感謝だね」。

you_20221107_13.jpg
午後5時半に断髪式は終了。会場の外に現れたのは、短髪NEWヘアーになってスーツに身を包む、琴奨菊改め、秀ノ山親方だ。兄弟は、「似合ってるよね。その髪型も好きです」と絶賛しながら、プレゼントの手作りTシャツを渡した。秀ノ山親方からは、琴奨菊と秀ノ山の2種の直筆サインが入った懸賞旗をプレゼント。これは激レアのWサイン!!...と感激したところで、密着は終了。これからも3人の絆は続く!

PICK UP