国公立大学への合格者数全国1位!塾や予備校に頼らない教育法の熊本県立済々黌高校。秘密は「YouTube」と...!?

公開: 更新: テレ東プラス

名門校の知られざる姿を、生徒や親、教師など、さまざまな視点を通して紐解く情報ドキュメンタリー「THE 名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東 毎週土曜午前10時30分)。「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。

今回紹介する名門校は、九州屈指の公立進学校、「熊本県立済々黌(せいせいこう)高等学校」。予備校や塾に頼らない独自の教育で、国公立大学合格者数全国1位を誇る。また、部活動も盛んで、野球部をはじめ複数の部が全国制覇を遂げている。番組では、学業と部活動でトップクラスの成績を上げている同校の秘密に迫るとともに、"文化部のインターハイ"と呼ばれる「総文祭」で、昨年日本一になった生物部の部長を引き継いだ2年生に注目。部長とはいえ、実は入部したばかりで研究は初心者だという。自らの立場に悩む新米部長は、果たしてメンバーを連覇に導けるのか!?

meimonkou_20221021_01.jpg
熊本県熊本市。「熊本県立済々黌高等学校(以下、済々黌)」は、熊本電鉄「黒髪町(くろかみまち)」駅から徒歩約8分の好立地にある。1882年に創立し、今年140周年を迎えた県内で最も古い高校だ。1948年の学制改革に伴い、「熊本県立済々黌高等学校」に改称し、今に至る。

男女共学で、全校生徒は1226人。2022年春の大学合格実績は、熊本大学129人、九州大学48人、東大に3人、京大に8人など、国公立大合格者は全国最多の360人! しかも在校生や卒業生に話を聞くと、ほとんどの生徒が予備校や塾に通わずに進学しているというから驚きだ。

meimonkou_20221021_02.jpg
国公立大合格者数、全国トップの秘密はどこにあるのだろうか?

済々黌には、創立時から伝わる教育理念「三綱領」がある。「徳・体・知」の3つだ。「まずは人徳。次に体力。最後に知識・学力」(進路指導・篠塚年洋先生)。今も生きる、済々黌の理念だ。それは2010年に改築された管理棟の玄関の壁に掲げられている。

meimonkou_20221021_03.jpg
ちなみに管理棟の2階には職員室があり、その目の前には自習スペースが設けられている。職員室に近いため、質問があればすぐに教員に聞きに行くことができるようになっている。3階には進路指導室があり、その奥には全国各地の国公立大学の"赤本(大学、学部別の大学入試過去問題集)"が並ぶ閲覧室も。

meimonkou_20221021_04.jpg
管理棟と渡り廊下でつながる特別教室棟には、化学室、生物室、物理室など、実験系の授業を受ける施設がまとまっている。済々黌の生徒のおよそ6割が理系とあって、実験系の授業も充実している。

また、図書館は約6万3000冊の蔵書数を誇り、ここにも自習スペースが多く設けられている。

meimonkou_20221021_05.jpg
勉強面以外の施設も充実。授業や部活動に励む生徒のスタミナの源となっているのが、惣菜パンや菓子パン、弁当など、豊富なメニューが並ぶ売店だ。一番人気は400円の「とりの唐あげ弁当」。学校から徒歩1分の専門店から届く、揚げたての唐あげが大好評だそう。

meimonkou_20221021_06.jpg
高い進学実績の秘密は校内の至るところで伺い知ることができるが、実は他にも驚きの秘密が...。ヒントはなんと「YouTube」と「学校の外のとある施設」!? その独創的な取り組みは、ぜひ番組で!

済々黌が「日本一」になった実績は、国公立大学の合格者数だけではない。60年以上の歴史がある済々黌の応援団を率いる現在の団長、中山愛那さんは済々黌生をこう表現する。「済々黌は生徒一人一人で文武両道しているのが特徴」。

meimonkou_20221021_07.jpg
団長の言葉どおり、文武両道の済々黌は部活動も盛んだ。野球部は、熊本県勢唯一の「春の甲子園(選抜高等学校野球大会)」優勝経験があり、水球部、陸上部、ハンドボール部も全国制覇経験のある強豪。

meimonkou_20221021_08.jpg
また、文化部も各部門で実力を発揮している。放送部は全国大会に出場した経験があり、学校紹介のVTRも放送部が作るなど、その腕前はプロ顔負けだ。クイズ研究同好会も「全国高校生クイズ」で全国2位に輝いた実績がある。さらに、生物部は昨年、「文化部のインターハイ」と呼ばれる「総文祭」で自然科学部門の最優秀賞にあたる文部科学大臣賞を受賞した。

meimonkou_20221021_09.jpg
目下、「総文祭」連覇に向けて研究を進める生物部。現在の部長は医学部志望の2年生、横山文人くんだ。だが、部長といっても、文人くんが入部したのは今年の春。1年生と経験は変わらず、時折、実験で失敗することも...。自分がリーダーでいいのか悩む文人くん。そんな部長に、後輩からは「慎重に物事を進めてほしい」との声も...。

meimonkou_20221021_10.jpg
果たして初心者部長の文人くんは生物部を連覇へ導くことができるのか? 悩む文人くんが向かった先は...続きはぜひ番組で!

番組ではこのほか、各生徒が語る志望校や夢、同窓会からの支援制度、文人くん率いる生物部の研究内容や、部員や家族が語る文人くんの人となり、などを紹介する。

毎週土曜午前10時30分から放送中の「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東)! どうぞお見逃しなく!

PICK UP