人口約1000人の町からやってきた!ビビりの陰キャ留学生が、大阪で”たこ焼き”を買うまさかの目的:YOUは何しに日本へ?

公開: 更新: テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを空港で勝手に出迎え、アポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(毎週月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「秋の初モノYOU ガブっと大収穫SP~!!!」。フレッシュなのにコク深い、いろんなお初YOUが大豊作の95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

you_20221017_01.jpg
中部国際空港で声をかけたのは、オーストラリアから名古屋外国語大学に留学するため、ほんの10分前に初来日したばかりのベンさん(28歳)。希望に燃えているかと思いきや、「実は...、ちょっと恐れているんだ」というではないか。何が恐いの?

「僕の育った場所は本当に小さな町で、人口でいうと1000人。空港に着いた時、人の多さにビックリしたよ」とビビる。「飛行機から降りる時も人と人との距離が近くて、背後にいた人とかスゴく近くて怖かったんだ」と苦笑した。とにかく、人混み恐怖症らしい。
ちなみに、ベンさんの出身地・トランギーは、オーストラリア南東にある人口約1200人の小さな町で、名産のコットンのための綿畑が国土の大部分を占める。

you_20221017_02.jpg
そんなベンさんが日本で挑戦したいのは、"たこ焼き"を食べること。「僕の町は海がなくて新鮮な海産物が手に入らないんだ。僕の町のタコは、車のタイヤを食べている感覚なんだ。だから大阪のたこ焼きが食べたいね」というのがその理由だ。

人混みが多い大阪に行ったら、「人が近くにいると怖いけれど、克服して楽しみたい」と前向きだ。そんなベンさんが、たこ焼きを食べる瞬間を見届けたいと申し出ると、「一緒に大阪を巡ってくれるなら大歓迎だよ」と喜んでくれたので、密着決定!

you_20221017_03.jpg
さっそく大阪へGO! ところが、なんば駅を出たとたん、はやくも大都会に面食らってしまった。まずは、たこ焼き屋さんを探そうと賑やかな商店街を歩くのはいいが、前から来る人とすれ違うたびに、いちいちビビるベンさん。「故郷トランギーは本当に田舎だから。道路を車や人がほとんど通らないんだよ。歩いてて人にぶつかるなんてありえないし、道路でクリケットをして遊んでるよ。ここは夢の中なのか?」という。ちなみに、ベンさんの育った町はこんなところだ。

【ベンさんの田舎あるある】
・レストランが一軒もない
・2階以上の建物がない(ベンさんも)
・町を1周しても誰とも会わない
・家の前にはカンガルー

...初めての大阪でカルチャーショックを受けまくるのは当然だ。

you_20221017_04.jpg
さて、いよいよ行列のできるたこ焼き屋さんが通りのあちこちに見えてくるが、チラッと横目で見てはなぜかスルー。入りたいのに、人が多すぎて入れないという。2周目で今度こそと通りを歩くが、やっぱりお店をチラ見してスルー。「僕のすぐ後ろに立たれるのが、本当に無理なんだ」と日和る。

you_20221017_05.jpg
ベンさんは、なぜ日本を留学先に選んだのか。それは、「25年以上ずっと小さい町で育ったから、どこへ行っても大勢の人がいる日本に来ることで、人混みの怖さを克服したかった」と、強い思いがあったから。安全ながら東京は人が多そうだから、ワンクッション置いて名古屋に留学を決めた。

だが、成長への第一歩として目をつけたのはなぜか「たこ焼き」(笑)。「人混みをかき分けて、たこ焼きを注文してみたかったんだ。僕にとってたこ焼きを買うことは、人混みに慣れる第一歩なんだよ! たこ焼きは食べ物じゃない、独り立ちの象徴だ」と、実に深~い決心を明かした。

you_20221017_06.jpg
うろちょろして50分が過ぎた頃、たまたまお客さんがいないタイミングのお店を発見。『大阪・道頓堀くれおーる』で、ハイテンションな店主さんから(笑)、念願の「たこ焼き6個入り」が買えた! このために、勇気を振り絞って田舎から都会に進出したベンさん。まさに独り立ちの象徴、ともいえるたこ焼きなのだ!

you_20221017_07.jpg
パクっといった感想は、「こりゃウマい! 僕の町のタコとは全然違うじゃないか。なんてウマさなんだ。生地は焼いてるから硬くてカリカリだと思ったら、スゴいクリーミーなんだね。タコもタイヤみたいに硬くないね」と大感激。ペロっと完食し、お店の方に想像を超えた感動と感謝を伝えた。

you_20221017_08.jpg
すっかりたこ焼き効果でテンション爆上げし、再び街を歩き始めたベンさんは、カラフルなスーツを着た若者らにも「服がステキですね」と話しかけた。コミュニケーションを楽しんだあとは、大阪愛も飛び出す無双状態で、なんと初めての着物まで購入。続いて初めての射的も楽しみ、『串かつだるま』のモニュメントのおもろい顔マネもし、初めてのクレーンゲームにも挑戦した。「人がたくさんいたけど、一歩踏み出せたね。今日は最高の1日を過ごせたよ。次の夢は東京を目指すことだ」と、自信に満ち溢れたベンさんに安心したところで密着は終了。

これなら、大都会での新生活やっていけそうかな? ベンさん、これから始まる日本での留学生活がんばってね!

PICK UP