「iCON Z」男性部門第二章!敗退後、13人はどう過ごしていたのか...悔しい気持ちを告白:Dreamer Z

公開: 更新: テレ東プラス

Z世代のスターを発掘する「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」(毎週日曜夜9時放送)。10月2日(日)は、LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z ~Dreams For Children~」男性部門の第二章が、いよいよ動き出した!

敗退の後、13人はどう過ごしていたのか?

2022年5月21日に行われた武道館での最終決戦。応募総数4万8000人の中からオーディションを勝ち抜き、グランプリに輝いたのはLIL LEAGUE。KIDMATICとCROONERZはここで敗退、解散することに。

ゴール直前で途絶えた、夢へと続く道......だが、衝撃の急展開が待っていた。これまで必死に努力してきた13人に、プロデューサー陣が新たな試練と物語を用意したのだ。

それぞれが人生をかけて挑んだオーディション。敗退の後、13人はどう過ごしていたのか?

dreamerz_20221009_02.jpg
CROONERZでリーダーを務め、仲間を支え続けてきた夫松健介。大阪で母と2人で暮らす健介は、4歳からダンスを始め、アーティストになる夢を追い続けてきた。ラストチャンスのつもりで挑んだオーディション、あと一歩及ばなかった結果に、「現実を受け止めきれなくて」と心境を。リーダーとして良い結果に持っていけなかった悔しさと、応援してくれた人に申し訳ない気持ち、自分自身が頑張りきれなかった悔しさ......複雑な心境の中、「やっぱり親孝行したかったので。申し訳ないという気持ちが強かったですね」と母への思いを語った。

dreamerz_20221009_03.jpg
看護の専門学校を辞めてオーディションに挑んだ沓野広翔。悔しさに追い打ちをかけたのは、デビュー前から多数の番組に出演するLIL LEAGUEの活躍だった。「自分も合格していたら、こういう生活ができているんだろうなとか、羨ましいなとか思って。自分は元の生活に戻っちゃったなという気持ちが強くて」と正直な気持ちを。

dreamerz_20221009_04.jpg
ブラジルにルーツをもつギレルメ マサユケ トマジ 西村も、オーディションのために仕事を辞め、退路を断っていた。敗退後は地元に帰ったが、夢への思いは冷めず、日雇いの仕事をしながらレッスンを続けていたという。金曜の夜に夜行バスで東京へ向かい、月曜の朝までダンス、ボーカル、ラップのレッスンを詰め込み、また地元に帰るという日々。最終決戦後、母も悔し泣きしていたことを知り、「もう自分一人の夢だけではないという感覚があって」と、新たな決意を口に。

dreamerz_20221009_05.jpg
KIDMATICのリーダーを務めた佐藤峻乃介。初めて挑んだオーディションでめざましい成長を遂げたが、一歩及ばず。「LIL LEAGUEはステージに残って、僕たちが降りた瞬間に、LILと僕たち13人の間にすごく差ができた気がして」と敗退の瞬間を振り返る。最終決戦後から1週間は、毎日泣いていたことも明かした。

dreamerz_20221009_06.jpg
CROONERZとKIDMATICの2つのグループを兼任していた遠藤翼空は、敗退後はステージの下で泣き崩れる姿も。「1ヵ月は悔しさで埋まってました」と、悔しい思いをエネルギーに変え、川の周りをずっと走っていたという。

dreamerz_20221009_07.jpg
最終決戦の結果に、とりわけ複雑な思いを抱えるメンバーが岡尾琥珀だ。幼い頃から切磋琢磨してきた弟・真虎が、LIL LEAGUEとしてグランプリに輝いた。次頑張ろうと切り替えようとしても、「もう負けているという事実が心痛い」と悔しさが込み上げてくるのだという。

また、最初は両親が気遣ってくれていたが、琥珀が「全然気にしてないよ。すぐに(弟を)抜かすし」と気丈に振る舞ったところ、母親は「LIL LEAGUEがテレビに出る!」「LIL LEAGUEが新聞載ってる!」「LIL LEAGUEがツイッター上がっている!」と大喜びで伝えてくるように。これには琥珀も「ちょっとくらいは(気持ちを)わかってほしいと思いました」と苦笑い。

dreamerz_20221009_08.jpg
小柄ながらパワフルなダンスで存在感を放った鈴木瑠偉。落ち込む気持ちを救ってくれたのは、一緒に戦ってきた仲間の言葉だった。最終決戦の翌朝、宿泊するホテルの部屋に、LIL LEAGUEの百田隼麻が尋ねてきて、「約束してほしいことがある。絶対に第二章でデビューしてください」と告げられたのだという。瑠偉は「その言葉があったおかげで、また燃えてきました」と、第二章への闘志を。

dreamerz_20221009_09.jpg
この他のメンバーの近況インタビューは「ネットもテレ東」でチェック!

衝撃の「第二章」が明かされる!

最終決戦から4ヵ月、総合プロデューサーのHIROに再び集められた13人は、衝撃の新事実を告げられる。

dreamerz_20221009_10.jpg
「iCON Z第二章」は、敗者復活組の13人に、別のオーディションから選抜された9人が加わり、22人で行うことを発表。世代もバラバラで、中にはプロで活動していたメンバーも。デビューへのハードルが、さらに上がることになる。波乱の開幕となった第二章。次回、追加メンバーと過酷なミッションが明らかに!

PICK UP