「ぶっ殺すぞ」と言われ...雛形あきこ、ストイック過ぎる「めちゃイケ」収録の裏話を告白:あちこちオードリー

公開: 更新: テレ東プラス

裸のトークバラエティ「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)。9月21日(水)の放送は、「90年代からテレビバラエティ界を生き延びてきた2人」岡田圭右 (ますだおかだ)と雛形あきこが来店。雛形が「めちゃイケ」のハードすぎる思い出を語る!

憧れの雛形あきこに、オードリー興奮

雛形あきこは、1994年にグラビアで一世を風靡し、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のレギュラーとしてバラエティ番組でも大活躍。当時の人気はすさまじく、オードリーの2人も、学生時代は雛形のグラビアページの取り合いに。学校で休み時間に漫画雑誌を置いておこうものなら、誰かに雛形のグラビアページを破いて持っていかれ、漫画だけになってしまう状態だったという。

achikochi_20220928_02.jpg
当時を思い出した若林は「なんで(グラビアの)股間に穴が開いて返ってくるんだろうね」と口に。岡田に「最低!今言わんでええやろ、本人を目の前にして」と注意されるも、中・高時代に憧れていた雛形を前にし「異様な興奮がありますね」と、あの頃に戻るオードリー。

オードリーだけでなく、日本全国の男子の興奮させていた雛形。だが、今のようにインターネットも普及していないため、雛形自身は世間の反応が全くわからず、一方的に写真を撮って出しているだけで「誰が見るんだろう?」と思っていたそう。

当時は、"撮影で海外に行ける""楽しい"ということがモチベーションで、「5人くらいのチームで水着撮ってるだけのことを、ずっとやっていけるって思います?」と、仕事の将来性は見い出せなかったという。

その後、バラエティやドラマなどテレビにも進出。「めちゃ×2モテたいッ!」から「めちゃイケ」には約22年間レギュラー出演していた。実は雛形は、最初は武田真治と2人の深夜のトーク番組だと聞いていた!? 「めちゃイケ」加入の意外な理由や、人気企画「ヨモギダ愚連隊」や雛形出演のコントの裏話なども飛び出す。

「めちゃイケ」裏話

90年代、テレビ業界もイケイケで、芸人もトガりまくっていた時代にスタートしたバラエティ番組「めちゃイケ」。現場は、芸人もスタッフも「みんなストイックだなと思っていました」と雛形。

achikochi_20220928_03.jpg
スケートリンクでの収録の際、番組レギュラーの鈴木紗理奈濱口優(よゐこ)が企画の説明を聞かずはしゃいでいたところ、片岡飛鳥プロデューサーに本気のトーンで「ぶっ殺すぞ」と怒られてしまう。その時、雛形は「私言われたくない」と、真剣に取り組まないとダメなんだと思ったのだという。

PICK UP