最終審査!ファイナリスト10人→合格5人は誰?:Dreamer Z

公開: 更新: テレ東プラス

日曜夜9時30分からは、Z世代のスターを発掘する「~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z」(毎週日曜夜9時 MC:木梨憲武池谷実悠テレビ東京アナウンサー)を放送!

LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z ~Dreams For Children~」ガールズグループ部門が、いよいよ最終審査へ。応募総数約4万8000人(男女両部門)の中から、ミッションを勝ち進んできたのはわずか10名。いよいよ明日、ここからデビューする5人が決定する!

審査を行うのは、ガールズグループ部門プロデューサーのØMI(登坂広臣/三代目 J SOUL BROTHERS)を始め、楽曲制作、ボーカル、ダンスレッスン担当者ら合計5名(ALYSA、Emyli、ZERO、Ruu)。

dreamerz_20220924_2_01.jpg
Final Missionの課題は3つ。1つ目は10人全員でのダンストラックのパフォーマンス、2つ目はこれまでのオリジナル課題曲「CHILI CHOCOLATE」と「ONE BITE」のブラッシュアップ、そして3つ目は、新しいオリジナル課題曲「Lonely」だ。

全てのパフォーマンスを終えた時点で、総合評価の高い5人がデビューの権利を勝ち取る。

dreamerz_20220924_2_02.jpg
1年以上に渡って繰り広げられてきた、このオーディション。激戦を勝ち上がってきたRIA、AYUNO、HANA、TSUKUSHI、UNO、MINA、MIRANO、UWA、RUAN、ANRIの10名が、ついに最終審査のステージに立つ。
OMIは「僕個人としても、ガールズグループをプロデュースするという夢があり、こうしてファイナリストのみんなを前にすると、感慨深いものがあります。この最高のステージを心から楽しんで、かみ締めて、かましてください!」とコメント。
ここまで指導してきたボーカルトレーナーのEmyliも「いよいよだね。めっちゃデカいステージだし、気合い入るね! 楽しみにしてます」と期待を寄せる。

PICK UP