大阪の伝統校・同志社香里高校。約98%が同志社大・同志社女子大への進学を選択!生徒に愛される学校が大切にしている”教え”とは?

公開: 更新: テレ東プラス

名門校の知られざる姿を、生徒や親、教師など、さまざまな視点を通して紐解く情報ドキュメンタリー「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東 毎週月曜夜10時)。「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。

今回紹介する名門校は、関西に4つある同志社大学の系列校のひとつ、同志社香里(どうししゃこうり)中学校・高等学校。毎年卒業生の約98%が同志社大学と同志社女子大学への進学を選択する。系列校とはいえ驚きの進学率だが、その秘密は...? 番組では、その秘密を探るべく、強豪として知られるダンス部に憧れて入学した高校3年生の副部長に密着。なんと和歌山県からおよそ2時間半かけて登校しているという。しかしこの夏、ダンス部は試練のときを迎えていた...。

meimonkou_20220918_01.jpg
「同志社香里中学校・高等学校(以下、同志社香里)」は大阪府のベッドタウン、寝屋川市にある。同志社大学系列の中高一貫校4校のうち、唯一大阪府内にあり、系列校になって71年の歴史をもつ進学校だ。定期テストをはじめとした普段の勉強を積み重ねていけば、大学受験の心配をすることなく、ほとんどの生徒は内部推薦で名門・同志社大学へ進学できる。そのため高校からの入学希望者も多い人気校でもある。瀧 英次校長によれば「約98%の生徒が同志社大学・同志社女子大学に進学する」とのこと。

全校生徒数は1648人。中学校は、各学年6クラスで748人。高校は、 高校は。各学年7クラスで900人。規模の大きい学校だが、校舎にぎゅうぎゅう詰めということはなく、生徒一人ひとりのスペースをゆったりとった造りになっている。

meimonkou_20220918_02.jpg
校内に入ると驚くのがその開放感だ。廊下の幅は広く、教室内の机の間隔も広い。校舎をつなぐ特徴的な屋上広場はこんもりとした緑があちらこちらで頭を出しているが、その下に広がるのは、2021年に完成したメディアセンター「繋真館(けいしんかん)」。快適な自習スペースや図書館があり、蔵書はおよそ7万冊を誇る。英語の本も豊富で、生徒たちによる本の紹介コーナーも設けられている。

meimonkou_20220918_03.jpg
運動設備も充実している。2つの広大な人工芝のグラウンドはラグビー部とサッカー部の専用。また、野球場も別に備えており、多目的グラウンドにはテニスコートも5面ある。さらに体育館も2つあり、それぞれバレーボール部とバスケットボール部が日々、汗を流している。

meimonkou_20220918_04.jpg
そして校内の一角には、同志社の系列校などにある「良心の碑」が。創立者で、キリスト教の教育者であった新島襄の「良心が全身に充満した人たちを育てたい」との願いが刻まれている。

取材した日、高校2年生のクラスを覗くと、思い思いの服を着た生徒たちが、遠足の行き先を決めていた。実は同志社香里には制服のような「標準服」があるが、服装は基本的には自由で、決めたのは生徒会だそう。そして遠足のコースを決めるのも生徒たち。中にはラーメン店に行こうと話し合っているグループもいたがそれも自由! これこそが同志社香里を貫く教え、「自治自立」だ。

この教えのもとで育った生徒たちがなぜ母校愛を強くし、同志社大学・同志社女子大学への高い進学率につながるのか? ある生徒は「先生方の生徒愛が強い」と教えてくれたが...ぜひ番組で生徒たちの生の声に耳を傾けてほしい。

meimonkou_20220918_05.jpg
「自治自立」の伝統をより強く受け継いできた学校最大の部がある。総勢およそ180人のダンス部だ。これまで数々の全国大会で優勝してきた強豪にもかかわらず、振り付けやレッスンをしてくれるコーチはいない。部員たち自らが振り付けやルールを話し合って、全国トップに輝いてきた。部長の浅木唯愛さん(高3)や、副部長の廣田真穂さん(高3)も、このダンス部に入りたくて同志社香里に入学したという。真穂さんにいたっては小学3年生の頃に入部を決意し、そこから猛勉強して入学したそうだ。

meimonkou_20220918_06.jpg
そしてもうひとり。このダンス部で踊るため、和歌山県から片道約2時間半をかけて通っている生徒も。昨年、副部長に就任した神谷京佳さん(高3)だ。小さい頃から踊ることが大好きで、ダンス教室にも通っていた京佳さん。同志社香里のダンス部は、ずっと憧れの存在だったという。京佳さんがこのダンス部に憧れた理由、それこそが同志社香里のダンス部がすべて自分たちで考えて作り上げ、優勝を勝ち取ってきた「自治自立」の精神だった。

meimonkou_20220918_07.jpg
ところが、いざ憧れのダンス部に入ってみると、仲間の視野の広さや行動力に圧倒され、自信を少しずつ失っていったという。すっかり自信をなくしていた昨年、京佳さんにとって意外なことが起きた。部員たちの投票で副部長に選ばれたのだ。そして2022年、京佳さんにとって高校最後の夏、2つの大きな大会が目前に迫っていた。はたしてダンス部が挑んだ気になる2大会でのパフォーマンスと結果は!?

このほか、良心を育てる教育の一環、「リベルタス」の授業風景や、屋内プールをはじめとする校内施設の全容などをお届けする。

毎週月曜夜10時放送!「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東)を、どうぞお楽しみに!

PICK UP