「もうすぐ死ぬんです、彼女」彩女にウエディングドレスを着させようとする北は...:雪女と蟹を食う

公開: 更新: テレ東プラス

【3行まとめ】
・ドラマ24「雪女と蟹を食う」第10話「嘘」をプレイバック
・北と彩女は、ついに"最期の地"と決めた稚内にたどり着く。ホテルの部屋に向かう途中、ブライダルサロンが目に入り、北は彩女が結婚式を挙げていないことを知る
・彩女の表情からウエディングドレスへの憧れを感じた北は、なんとかして彩女にドレスを着させようとスタッフに掛け合うが...

毎週金曜深夜0時12分からはドラマ24「雪女と蟹を食う」(主演:重岡大毅 ジャニーズWEST)を放送!

「テレ東プラス」では、第10話「嘘」をプレイバックする。

※下記ネタバレあり

痴漢冤罪により全てを失い、人生に絶望した男・北(重岡大毅)は自殺を図ろうとするが、あと一歩踏み切れずにいた。
テレビでグルメ番組を見た北は「人生最後の日は北海道で蟹を食べたい」と思い立ち、図書館へ。そこで見かけたセレブ妻・雪枝彩女(入山法子)に狙いを定め、家に押し入り、金を要求するが、彩女に促されるがまま情事を交わしてしまう。彩女に「私も食べたいです、蟹...」と告げられた北は、戸惑いながらも2人で不思議な旅を始めることに。
旅の途中、北は彩女が死ぬために自分についてきたこと、夫で小説家の雪枝一騎(勝村政信)との間で孤独を感じていることを知る。

yukikani_20220915_01.jpg
北と彩女は、ついに"最期の地"と決めた稚内にたどり着いた。宿泊するホテルのロビーで、海を眺めながら「ここが日本の最北端か...。なんか、この世の果てって感じしますね。よくここまで来たな」と言う北に、どこか元気がない彩女は、「そうね」とつぶやく。

「長かったような、あっという間だったような...」

黙り込み、今までの旅を振り返る2人。思い出を噛みしめている北に、彩女は真っ直ぐ向き直り「ここまで辿り着けたのは、北さんのお陰です。ありがとうございました」と深く頭を下げる。その姿から死への強い決意が伝わってきて、やるせない気持ちになる北。

2人がホテルのロビーを歩いていると、どこからか風船が飛んできた。北が反射的にそれを手に取ると、スタッフの森(堂ノ下沙羅)が駆けてきて「すみません! 今、そこで結婚式の前撮りをしてまして」と言う。見ると、少し離れたところで新郎新婦が撮影をしていた。

北が風船を手渡すと、森は北と彩女を交互に見ながら「あの...お2人、とてもお似合いですね」と目を輝かせる。ぎこちなく微笑む彩女。

「もし今後何かございましたら、いつでもご相談...」

「俺たち、そういうんじゃないんで」

「あ、失礼しました!」

森はそう謝ると、新郎新婦の方へ戻って行った。北が「なんかいいですね」と視線を向けると、彩女はウエディングドレス姿の新婦をぼーっと見つめていた。

「彩女さん?」

「...行きましょうか」

我に返り、その場を離れようとする彩女。北が呼びかけると、立ち止まる。

「この近くに、蟹料理が食べれるお店があるんですって。蟹のフルコースが美味しいって、評判らしいです」

「...彩女さんは、何かやり残したことはない?」

「...ありませんね」

彩女はそう言って微笑むと、チェックインカウンターへ向かって歩き出す。

(ここで俺たちの旅は終わる。蟹を食べて、死を迎える。それがこの物語の結末。でも...俺は、そんな物語の結末を変えたい)

彩女の後ろ姿を、悲し気に見つめる北。

チェックインの手続きを済ませ部屋に向かう途中、何かに釘付けになって立ち止まる彩女。目線の先にはブライダルサロンがあり、きれいに飾ってあるウエディングドレスを凝視する。

yukikani_20220915_02.jpg
「彩女さん?」

「...良いもの見れましたね。行きましょうか」

「彩女さんのウエディングドレス姿って、きれいだったでしょうね」

「どうかしら。私、式は挙げてないの」

「えっ?」

「当時はお金もあまりありませんでしたから」

「え、今なら? あんな豪邸が建って、あんなに本が出てるのに?」

「......」

「女の人にとったらさ、一生に一度の機会なんじゃないの?」

「...そうね」

北は何かを決意したようにブライダルサロンに入って行く。

「北さん!?」

誰もいないブライダルサロンで、北が「すみません、ちょっとお尋ねしたいんですけど」と呼びかけると、奥から森が驚いた様子で出てきた。

「さっきの! この人に、ここで一番良いドレスを着させてあげたいんですけど」

「い、今からですか?」

「はい。さっき、何かあったらって!」

「それは...あの、申し訳ありませんが、あと1時間で閉館となりまして...」

「本当に一瞬着るだけでいいんで!」

「こちら要予約制となっておりまして、スタイリストも今日は帰ってしまいましたし」

「お願いします、何とかなりませんか?」

彩女は「いいから、行きましょう」と北の腕をつかむ。するとそこに、ブライダルプランナーの空知(街田しおん)がやって来た。

「どうしたの?」

「空知さん! それがですね...」空知に状況を説明する森。

「あの...もうすぐ死ぬんです、彼女」

「......!」

驚く森と空知。

「だから最後に、彼女にドレスだけでも着せてあげたいんです」

「北さん、本当にもういいから...!」

「俺が見たいんですよ、彩女さんのドレス姿!」

北の真剣な眼差しに、顔を赤らめる彩女。そんな2人をじっと見つめる空知。

「今日スタイリストがいなくて、完璧なスタイリングは難しいのですが、私で良ければ少しなら...」

「ありがとうございます! 今から着れるって、ドレス!」

うれしそうな北に戸惑いつつ、彩女はそれを受け入れる。

PICK UP