「厳しいです...」「無理そう...」激ムズ振り付けを15分で覚えられる!?:Dreamer乙

公開: 更新: テレ東プラス

毎週月曜深夜0時30分からは「DreamerZ」(毎週日曜夜9時放送)応援&連動番組「Dreamer乙」(ドリーマーおつ)を放送! 9月5日(月)は、LIL LEAGUEが振り付けの早覚えに挑戦。超激ムズの振り付けを一番早く覚えられるのは誰!?

激ムズ振り付け早覚えに挑戦

番組MCは小森隼、アシスタントは中務裕太(ともにGENERATIONS from EXILE TRIBE)、スタジオゲストはLIL LEAGUE。今回は、中務の持ち込み企画「振り付け早覚え選手権」を開催。EXILE TRIBEの中でも激ムズな楽曲のサビの振り付けを、制限時間15分で覚えて披露する。2曲の合計ポイントにより、最下位の人には超恥ずかしい罰ゲームが!?

1曲目は、GENERATIONSの楽曲の中でも難易度の高い「Control Myself」。世界40か国で活躍するBrian Puspos氏による振り付けで、普通では思いつかないような変わった動きが多く、非常に難しいという。

dreamer_otsu_20220911_02.jpg
まず中務がお手本を見せると、あまりの難しさに「厳しいです」とLIL LEAGUEのメンバーたちの顔が曇る。実際に踊っている小森も「僕だったらイヤです!これを15分で覚えるのは」というほどの難易度なのだ。

スタートの合図とともに、早覚え開始。6人は、それぞれ自分が覚えやすい場所に移動し、お手本動画を見ながら練習を開始。山田晃大はスタジオの外に飛び出し、黙々と練習。全員マジです!

dreamer_otsu_20220911_03.jpg
折り返しとなる7分半経過。中村竜大は「ちょっと難しい...」、岩城星那も「無理そう...」、鏡を使って練習していた難波碧空も「ムズすぎます」と苦戦中。百田隼麻にいたっては、「ここしか覚えてないです」と最後のカッコいいポーズを。えっ、7分半かけて、そこだけ!?

dreamer_otsu_20220911_04.jpg
開始から10分、一人目の挑戦者として手を挙げたのは岡尾真虎。短時間で覚えたとは思えない正確さで、中務も「早っ!フォルムはできてた。ラストのところもよく解読できたね」と驚く。見事合格!

dreamer_otsu_20220911_05.jpg
2人目は山田。一瞬危ないところもあり、本人も「あー、間違えたぁ!」と悔しがるが、しっかり立て直し見事合格!

dreamer_otsu_20220911_06.jpg
タイムアップまであと1分、中村が挑戦。最後はタイミングがずれたものの、一番難しい部分はクリアしていたため合格!

ここでタイムアップ! 難波、百田、岩城は残念ながら間に合わなかったが、せっかく練習したので、どこまでできたのか3人で披露することに。

dreamer_otsu_20220911_07.jpg
イントロで余裕を見せる百田だったが、面白さに走ったため最初のタイミングに入れず...。それでも得意のラストポーズだけはバッチリで"決まった感"を出す百田に、小森からツッコミが入ったのだった。

2曲目は、中務と世界(FANTASTICS from EXILE)の振付けによる「Supersonic」。さらに激ムズの振り付けに一同呆然...。時間内に覚えられるメンバーはいるのか!? リーダー岩城が、まさかの...でスタジオ大爆笑! そして罰ゲームでは、想像以上にクオリティーの高いモノマネが飛び出す!? 続きは「ネットもテレ東」で!

PICK UP