オズワルド伊藤、いつか大御所に怒られる!?オードリー、大久保佳代子もブチギレ経験あり:あちこちオードリー

公開: 更新: テレ東プラス

不用意発言禁止! 裸のトークバラエティ「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)。8月31日(水)の放送は、「長く売れている人と最近売れた人」大久保佳代子オズワルド(畠中悠伊藤俊介)が来店。オズワルドが漫才をし過ぎて大変なことに!?

漫才し過ぎると泣く!?

コンビ結成8年目、3年連続「M-1グランプリ」ファイナリストで、昨年は準優勝のオズワルド。年間1000ステージをこなす超多忙な毎日、多い日では1日12回も漫才をすることもあるそうで、伊藤は「泣いちゃって、漫才し過ぎで」と告白。若林も「そこまでいくんだ!漫才ってやりすぎると」と驚く。

テレビに出たいし、売れたいし、お金も稼ぎたい...自分は忙しくても大丈夫で耐性もあると思っていたという伊藤だが、先日、ヒコロヒーと行きつけのスナックに行った際、突然ツーっと涙が出てきてしまったという。「そこからママさんが何を歌っても全部響いちゃって。何の思い入れもないのに」と、かなり危ない状態!?

achikochi_20220907_02.jpg
そんなオズワルドの現状に、若林は「やり過ぎると漫才にデメリットはないのか?」との疑問を投げかける。これだけ漫才しているにも関わらず、「今、現状、M-1で勝てるネタないんですよ」と畠中。すると、伊藤はこれを訂正。フォローするのかと思いきや、「今、現状、話になんないんです」とよりヤバい状態だと明かす。やり過ぎはデメリットしかない!?

四六時中漫才のことを考えているため、当番組のような収録の時は「この瞬間だけは漫才のこと考えなくてもいい」と、息抜きになるという伊藤。しかし、M-1の出場資格はコンビ結成15年以内のため、オズワルドは今年でダメでもあと7回チャンスがある。伊藤は「一刻も早く優勝しないと、心が壊れてしまう」と悲痛な叫びを!

大御所にキレられた話

とにかく遅刻が多い伊藤。笑いの殿堂NGK(なんばグランド花月)のステージにも遅刻し、出番を変えてもらった結果、大御所落語家・月亭八方の後にネタをやったこともあるという。ついには吉本興業から、次に遅刻したら「劇場出場停止」と最後通告を受けたが、「これによって飲みに行かなくなるのは、またちょっと違うんじゃないか」と酒はやめない覚悟。深夜に帰るから遅刻するのであって、「朝イチの新幹線に乗らなければいけない時は、朝まで飲み切れば良い」と、まさかの遅刻防止策を!?

芸人にとって飲みに行くことも仕事の一部だという伊藤。若林も「芸能界への馴染み方の駆け上がり方、すげぇなって思う」と、松本人志にも気負いなく絡める伊藤のコミュニケーション能力には一目置く。

achikochi_20220907_03.jpg
しかし、伊藤も芸人ではない人との絡み方はまだまだ。サンドウィッチマンの番組で郷ひろみと共演した際、ノリのいい郷に対し初対面にも関わらず強めにツッコんでしまい、見かねた伊達みきおから「ちょっとやりすぎだなぁ」と注意を受けたことも。

PICK UP