パラグアイの日系人男性が、少年野球のチームメイトと35年ぶりに再会!その相手とは?:世界!ニッポン行きたい人応援団

公開: 更新: テレ東プラス

ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(月曜夜8時)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。

今回は、コロナが収まったらすぐにでもご招待したい!「ニッポン行きたい人応援団」と、35年の絆を繋ぐ友情物語「ニッポン再会応援団」をお送りします。

大相撲力士を目指し、相撲部屋と同じ生活を送るイスラエル男性

紹介するのは、イスラエルに住む「相撲」をこよなく愛するヤルデンさん。

nipponikitai_20220905_01.jpg
収穫を占う儀式として始まった、ニッポンの相撲。江戸時代には現在の大相撲につながる興行も始まり、技と力を競うスポーツへと発展しました。そのため、力士には強さだけでなく礼儀作法や品格を求められます。

大相撲の力士が自分の理想像だと話すヤルデンさん。2年半前には仕事も辞め、本腰を入れて力士を目指すことを決意したそう。伸ばしていた髭を剃り、髷を結えるように髪を伸ばし、力士になるためだけに生活の全てを一変。6年前90キロだった体重は、今では130キロに!

ヤルデンさんが相撲と出会ったのは、4歳の時。イスラエルで放送されていたニッポンの大相撲を観て、力士になる夢を持ったそう。以来、衛星中継が見られる祖父の家に通い詰めて取組を観戦し、インターネットで昔の取組の動画なども観て勉強しています。部屋には、大鵬や千代の富士、白鵬など大好きな力士の写真を飾っています。

そんなヤルデンさんが衝撃を受けた取組が、1981年の初場所、当時関脇だった千代の富士と、横綱・北の湖との優勝決定戦。小柄な千代の富士が巨漢の北の湖を投げ飛ばし、初優勝を決めました。体の大きさに関係なく、鍛錬すれば勝敗を覆せると気づかされたとか。それから約20年、ニッポンの大相撲の力士になることを夢見てきました。
ヤルデンさんがどんな生活を送っているのか、見せてもらうことに。

nipponikitai_20220905_02.jpg
朝は6時に起床し、庭の木を相手に鉄砲を300回。四股を200回踏み、すり足や立会いの稽古も。相撲部屋を意識した朝稽古です。さらに、スポーツジムに移動。イスラエルには相撲道場がないため、レスリングの選手を相手にぶつかり稽古を行います。「レスリングも相手の懐に入って体をつかむ動作が重要なので、トレーニングも似ているんです」。

実際、ニッポンの大相撲でも前頭三枚目の宇良関など、レスリングから転向した力士が活躍しています。ヤルデンさんは、自分と体型が変わらないのに、土俵に立つと大きく見える宇良関について「堂々とした立ち居振る舞いは、まさに私の目標です」と語ります。

相撲部屋と同じ稽古に加えて、レスリングのトレーニングを独自にアレンジした練習メニューも取り入れた、毎朝4時間の稽古。これを2年半前、21歳の時から続けています。

nipponikitai_20220905_03.jpg
朝稽古の後はスーパーへ。力士同様の生活を始めてからは、食事も家族とは別。買い出しも自分でしています。お肉や野菜など、この日買った1日分の食材は7.6キロ。この食材で、ちゃんこを作ります。昆布で出汁をとり、インターネットのレシピを参考に、白味噌や醤油で味付け。ニッポンの力士と同じものを食べたいと、日本米も取り寄せているそう。
「食べるのも稽古ですから」と、出来上がったちゃんこを夢中で頬張ります。1日の摂取量は、約1万キロカロリー! 相撲部屋と同じく、1日2食の生活を毎日続けています。

ちゃんこの後は、相撲部屋と同様に昼寝の時間。2時間たっぷり休んだら、歴代の横綱の取組を分析し、力士ごとに技の特徴などをノートにまとめます。いつかニッポンで稽古をする時、親方の言葉を理解できるよう日本語の勉強も欠かしません。

ニッポンにはまだ一度も行ったことはありませんが、大相撲の力士になるため、ストイックに相撲生活を続けるヤルデンさん。実は、今すぐにでもニッポンに行きたい理由が。

兵役後、21歳での来日を目指し、仕事とアルバイトを掛け持ちして貯金していましたが、新型コロナで渡航できなくなり、頓挫。大相撲の新弟子検査の年齢制限である23歳を超えてしまいました。
しかし、特定の大会で成績を残し、親方を通じて申請した新弟子検査に合格すれば、24歳まではチャンスがあります。現在24歳のヤルデンさんは、一縷の望みをかけ、ニッポンに行けるよう、コロナ禍の今も準備を続けているのです。

nipponikitai_20220905_04.jpg
外国人力士は部屋に1人しか在籍できないという大きな壁もありますが、「何よりも相撲を愛しているので、力士になる夢は絶対に諦めたくないんです」。父親はそんな息子を「一生懸命夢に向かって努力する息子を誇りに思うよ」と見守っています。

「ニッポンで相撲を学んで本物の力士になりたい! 本当に誰よりも相撲を愛しています! ニッポンに行きたい!」と意気込むヤルデンさん。応援団をご覧の大相撲関係者の皆さん、ご一報をお待ちしています!

PICK UP