恋人の”不倫”により傷ついたクラブホステス...彼女が熱心に教会に通う理由とは?

公開: 更新: テレ東プラス

【3行まとめ】
・ドラマ24「雪女と蟹を食う」第7話「生き甲斐」をプレイバック
・札幌で彩女と離れ離れになってしまった北は、路上で倒れていたところをマリアに拾われ、マリアの家に身を寄せていた
・一方の彩女は、夫・一騎の担当編集・巡とある教会で落ち合う

毎週金曜深夜0時12分からはドラマ24「雪女と蟹を食う」(主演:重岡大毅 ジャニーズWEST)を放送!

「テレ東プラス」では、第7話「生き甲斐」をプレイバックする。

※下記ネタバレあり

痴漢冤罪により全てを失い、人生に絶望した男・北(重岡大毅)は自殺を図ろうとするが、あと一歩踏み切れずにいた。
テレビでグルメ番組を見た北は「人生最後の日は北海道で蟹を食べたい」と思い立ち、図書館へ。そこで見かけたセレブ妻・雪枝彩女(入山法子)に狙いを定め、家に押し入り、金を要求するが、彩女に促されるがまま情事を交わしてしまう。彩女に「私も食べたいです、蟹...」と告げられた北は、戸惑いながらも2人で不思議な旅を始めることに。
旅の途中、北は彩女が死ぬために自分についてきたこと、夫で小説家の雪枝一騎(勝村政信)との間で孤独を感じていることを知る。

札幌で彩女と離れ離れになってしまった北。路上で倒れていたところを、ニュークラブのホステス・マリア(久保田紗友)に拾われ、マリアの家に身を寄せる。マリアは素性を明かさない北を「コタロー」と呼び、寝食を共にしていた。

ある夜、マリアから渡されたスマホに着信が。北が出てみると、電話の相手はマリアと同じクラブで働く涼香(橋本萌花)。

「とにかく、今すぐうちの店まで来て。マリアが大変なの!」と言う。

北が走ってクラブに向かうと、マリアがソファで倒れていた。泥酔しているようだ。

「これはいったい...」

「飲みすぎたみたいで、ひっくり返っちゃったのよ。もうプロ失格だわ。悪いけど、持って帰ってくれる?」

「えっ? まず病院に」

「マリア、保険証持ってないんで」

「ええ...」

北が戸惑っていると、マリアが目を閉じたまま「う〜ん、おかわり」とつぶやく。

「大丈夫。うなされてるけど、寝言言えるくらいなら。じゃ、よろしくね~」

北にマリアを任せ、涼香たちは去って行った。仕方なくマリアをおぶって帰る北。マリアは北の背中で眠りながら、数年前のことを回想していた。

〜〜〜

「男の子かな、女の子かな?」

車内で年上の男と話すマリア。うれしそうにお腹にそっと触れる。

「男の子だったら名前何にしようかな? 何がいい? 私だったら...」

「あのさ」

マリアとは対照的に男は気まずい表情で、封筒を差し出す。中には札束が入っており、男の左手薬指の指輪に気付くマリア。

「ごめん...」

男はマリアを教会の前に残し、車で走り去って行った。道に立ち尽くし放心状態のマリアの足元に、ゴムボールが転がってくる。拾い上げると、それを取りに来た子どもがにっこり笑い「ありがとう」と言った。子どもは母親の元へ駆けて行き、その背中を切なく見送るマリア。

yukikani_20220825_01.jpg
〜〜〜

現実と回想の狭間で、涙を流す。ふと北の背中で目を開けると、状況が飲み込めず「何、誰!?」と叫んで暴れる。

「ちょっと待って!」

「コタロー? なんでいんの?」

「なんでって...」

徐々に状況を把握するマリア。

「私、まさかやらかした?」

「飲みすぎて、突然倒れたって」

「マジか...。最近若い子がどんどんお店に入ってきてさ、売り上げ抜かれちゃって、それでちょっと...。コタローも若い子の方がいい?」

「俺はそんなことはないよ」

「気ぃ遣わなくていーよ。男はいつもそう、嘘つき」

「......」

「あーでも、体壊しちゃダメだ~。せっかく生かしてもらってんのに」

「え?」

「だから生きなきゃいけないんだよ。...何度死にたいって思ってもさ」

遠くを見ながら、マリアは再び回想する。あの日、教会の前で封筒を握りしめながらためらっていると、神父に手を差し伸べられた。その優しい眼差しを思い出す。

「それに、生きてりゃいいこともある。私、男ってコリゴリでさぁ。だから熊飼ってみたかったの。強くて優しくて、私を守ってくれる優しい熊」

マリアはそう言うと、北の首元に顔をうずめる。

「コタロー、迎えに来てくれてありがとう」

瞼を閉じるマリア。

家に着き、マリアをベッドに寝かせる北。ふと、マリアの鞄からロザリオが落ちていることに気づく。拾ってみると、ロザリオの裏には"HIKARI"の文字が。

「?」

翌朝。ベッドで目覚めたマリアは、二日酔いから頭痛に見舞われていた。体を起こすと、枕元には薬と水が用意されている。さらに、荒れ放題だった部屋は片付けられていて、「きれいになってる...」と驚く。

yukikani_20220825_02.jpg
北はソファで眠っていた。すやすやと眠る寝顔を見ながら、微笑むマリア。おもむろにスマホを取り出し、その寝顔を写真に撮る。

PICK UP