山林に潜む最凶の毒虫は?アウトドアで虫刺され!かゆい、腫れる<絶対に刺されてはいけない虫4選>

公開: 更新: テレ東プラス

mushi_20220824_00.jpg
魚類から爬虫類まで、一般的に"気持ち悪い! 怖い!"と嫌われがちな生きものを世界各地で捕まえ、あえて触れたり食べたりした実体験を伝える気鋭の生物ライター・平坂寛氏。
体を張った取材方法が注目を集め、各メディアでの注目度は高い。

そんな平坂氏が、「刺された!嚙まれた!危険・有毒虫図鑑」(株式会社カンゼン)を出版。体を張って刺されたり噛まれたりした危険な最強&最凶虫・全50種を紹介している。

過ごしやすくなる秋にかけ、キャンプやハイキングなど、屋外レジャーで緑豊かな山林を訪れる機会も増えるだろう。しかし、そんな自然の中にこそ、人間を噛んだり刺したりし、害を及ぼす虫が多く潜んでいるという。
中には、想像を絶する苦痛を与えるとんでもないやつがいるので、山林などでは、より一層の注意が必要だ。
ではいったい、どんな虫に注意すればいいのか。
前回は、「身近に潜む毒虫」について紹介したが、平坂氏が注意喚起する毒虫はまだまだたくさんいる。
「僕自身が噛まれて、刺されて、毒液をぶっかけられる」「生きものの習性や特徴は五感で知る」という一貫したポリシーのもと、体を張って"強さ"や"危険性"を徹底的に確かめた最凶の虫たち...。平坂氏が、山林などで「危険!」と警告する、さらなる有毒虫とは......?

「テレ東プラス」では、平坂氏の貴重な体験データに基づいた「絶対に刺されてはいけない虫4選」を紹介する。

PICK UP