教師と生徒の禁断の恋「君は恋の秘密を守れるか?」「一生守ります...」2人は学校の屋上で...

公開: 更新: テレ東プラス

現実に戻り、教会でひとり目を閉じる彩女。すると、若い女性が入ってきた。それは偶然にも、迷子の北を救った女性・マリア(久保田紗友)だったが、彩女はそれを知らない。

yukikani_20220818_03.jpg
彩女の斜め前の席に座ったマリアは、鞄からロザリオを取り出し、熱心に祈り始める。その熱心さに興味を引かれ、マリアを見る彩女。

一方、北は、札幌の公園でベンチに座っていた。日差しが照りつけ、猛烈な蝉の鳴き声がする。

「何やってんだ、俺は…」

旅を続けるうちに、彩女に惹かれるようになった北。好きだからこそ彩女のことが知りたかったが、それを告げた時、自分を悲しそうに見つめた彩女の顔がフラッシュバックする。

(大した勘違い野郎だ。俺には彩女さんを好きになる資格なんてないのに…)

「彼女が一緒にいてくれれば、それだけでいいのに…」

すると腹の虫が鳴る。手持ちの金もなく、昨日マリアにご馳走になってから何も食べていない。

「腹減ったな…頭がぼんやりする。このままここにいたら、死ねるのかな…」

そのままベンチに横になり、ゆっくりと目を閉じる。

教会では、祈りを終えたマリアが扉の方へ歩いていた。すると、前から幼い子どもが走って来て、マリアの前で転んでしまう。

「大丈夫!」

マリアは我を忘れ、鞄を投げ出して子どもに駆け寄る。彩女がその鞄を拾いに向かうと、床にロザリオが落ちていた。ロザリオの裏には、“HIKARI”という文字が。

yukikani_20220818_04.jpg
無事に子どもを母親に引き渡したマリアがほっとしたように立ち上がると、彩女に「ヒカリさん」と声をかけられる。

「! ありがとうございます。でもこれ、私の名前じゃないんです」

「え?」

「子どもの…形見じゃないですけど。何も残らなかったので、消えちゃうのも忘れちゃうのも怖くて…。こうやって残すことで、忘れてないよって伝えてるんです」

「そう…」

優しく微笑む彩女。

「お姉さん、ここ初めてですか?」

「そうなの」

「じゃあ、教会の上に素敵なところがあるので、一緒に行きませんか?」

緑豊かな道を歩く彩女とマリア。

「それがもう、食べ方がすごくて。まるで熊みたいに」

「熊?」

マリアは助けた北の様子を楽しそうに話し、彩女は北のこととは知らずに聞いている。

「そう、山から降りたばかりの。私もここの神父に助けられた時、そんな感じだったのかなーなんて」

「……」

「でもバカだけど、ちゃんとお礼が言える奴だったんですよねー。…もう二度と会えないかもしれないけど。名前も聞かなかったし」

「気に入っちゃったのね、その人のこと」

「えっ? いえ、そんなんじゃないです。お姉さんはご旅行ですか?」

「いいえ…人を、待ってるの」

「え?」

「『待つ』なんてもう二度としないと誓ったのに…。『人間の生活の99%は、ただ待って暮らしているだけかもしれない』と言った人がいるけど、案外当たっているのかもしれないわね」

「……」

日が暮れ始め、札幌の公園でふと目を開ける北。ロープで首を吊ろうにも、死にきれなかったことが頭をよぎる。

「そんな簡単に、死ねるわけないか…」

先ほどより大きな音で腹が鳴る。猛烈に腹が空いた北は、札幌の街をふらふらと歩く。そして蟹料理専門店の看板を見つけると、何かを決意したように店に入り、メニューも見ず、「蟹ください」とオーダーする。

「お客様、当店は蟹専門店ですのでいろいろと種類もございますが」

「一番高いやつ。あとビール」

「…かしこまりました」

店員は怪訝な表情を浮かべ、店長に何やら耳打ちするが、しばらくすると、蟹の姿焼きを持ってやって来た。

「こちらが、当店で一番高価な姿ズワイガニでございます」

yukikani_20220818_05.jpg
ごくりと唾を飲み込み、蟹を見つめる北。しかし、「私も食べたいです、蟹」と言った彩女の姿や、道中の楽しい思い出、試食の蟹を差し出されても「最後の晩餐に取っておきましょう」と口にしなかった彩女のことを思い出してしまう。

「こんなの一人で食べたって…」

北は蟹に手をつけずに立ち上がり、出口へと向かうが、すかさず店員が「お客様、お会計を」と引き留める。

「……」

ポケットに手を入れ、握った手を差し出す北。店員が見つめる前で握った手を開くが、何もない。北は隙をついて逃げようとするが、店員と店長に腕をつかまれてしまう。

「あんた、ふざけてんじゃないよ!」

「蟹なんて一人で食べたって、意味ないんだよ!」

北は取り乱して叫ぶが、店の奥に連れて行かれ、「もう殺してください…」と懇願する。果たして、自暴自棄になった北の運命は…。

【第7話】

yukikani_20220818_06.jpg
札幌で彩女(入山法子)と離れ離れになってしまった北(重岡大毅)は、路上で倒れていたところを再びマリア(久保田紗友)に拾われ、マリアの家に身を寄せていた。素性を明かさない北を「コタロー」と呼びながら、何気ない日常に幸せを感じるマリア。ある日、マリアから「生きがい」を問われた北はふと彩女のことを思い出す…。一方、彩女は夫・一騎(勝村政信)の担当編集・巡(淵上泰史)ととある教会で落ち合っていて…。

PICK UP