決め手は漫画「キングダム」!?”令和のラジオスター”パンサー向井が朝の帯番組を受けたワケ:ゴッドタン

公開: 更新: テレ東プラス

7月30日(土)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時50分)は、好評企画「ラジオ芸人サミット 新時代のスター集結SP」。今勢いのあるパーソナリティ、向井慧パンサー)、DJ松永Creepy Nuts)、オズワルド畠中悠伊藤俊介)の3組が集結し、テレビにはないラジオの魅力をたっぷり語り尽くす!

"令和のラジオスター"パンサー向井

この春からは朝の帯番組「パンサー向井の#ふらっと」(TBSラジオ)も任され、レギュラー冠番組5本を抱える"令和のラジオスター"向井。この日もラジオ終わりで収録にきたそうで、「テレビが何も緊張しなくなった」と心境にも変化が。

god_20220801_02.jpg
「#ふらっと」リスナーの劇団ひとりは「ホントに朝にピッタリだな。喋るテンポ、トーン、内容、まあ素敵な朝」とべた褒め。しかも、徐々に慣れてきたのではなく、初回から素晴らしかったというひとりの言葉に、向井も「初回であれ、なかなかできるやついないです」と自画自賛。

実は、「#ふらっと」のオファーがあった際は、断るつもりだったという。同枠は大沢悠里伊集院光という偉大な先輩パーソナリティが歴任した枠であり、年齢的にもリスナーに受け入れられないのではないか、また伊集院のように「実の詰まった放送を月~木でできる訳がない」との思いから「無理だ」と考えたそう。

しかし、1週間考える猶予があり、3人だけに相談していいということに。向井は、ずっとお世話になっている先輩・又吉直樹ピース)、若林正恭オードリー)、そしてTBSラジオの社員の3人に相談したところ、「伊集院さんのような作り込んだものもあるけど、朝のラジオには"聞き流すこともできるけどずっと流れているという在り方"もある」とのアドバイスを受け、前向きに考えるようになったそう。。

ちなみに、パンサーのメンバーには相談しなかったそうで、向井は「貴重な3人のうちの1を、メンバーにはちょっと...(使えない)」と苦笑。

god_20220801_03.jpg
そして最終的な決め手となったのは、漫画「キングダム」。主人公・信が王騎将軍から矛を受け継ぐシーンを見て「矛だと思ったんですよ。この朝のラジオが」と向井。「こんな場面に遭遇できる芸人が何人いるのか。これ握るか握りませんかって選択できる機会をもらえること自体すごい」と、引き受ける覚悟を決めたのだという。

また、向井には番組スタッフから愛のあるタレコミも。「#むかいの喋り方」(CBCラジオ)の長谷川プロデューサーによると、作家不在のため番組での喋りは企画・構成含め全て向井に任せており、向井は3時間前に局へ入り、リスナーからのネタメールにも目を通しているという。向井は、伊集院や安住紳一郎(TBSアナウンサー)は、事前にリスナーからのメール全部に目を通し、句読点の位置や発音など、一番面白くなるように下読みしていると知り、影響を受けているそう。

PICK UP