A.B.C-Z河合郁人、ジャニー喜多川氏との秘話語る「勢いで結婚する」との鑑定も:占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?

公開: 更新: テレ東プラス

7月22日(金)に放送された「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」(毎週金曜深夜1時23分放送)は、A.B.C-Z河合郁人と五関晃が登場。グループの未来や結婚運、ジャニー喜多川氏との涙の秘話まで次々と明らかになった。

MCは、占い大好き芸人、蛙亭イワクララランドサーヤ、女優の内田理央。最強占い師軍団4名がスタジオに登場し、様々な占いでゲストの心の中を丸裸にする。

uranai_20220728_01.jpg
まずは河合の本質を深掘り。元ホスト占い師・斗弥が表面と心の中にギャップがあると鑑定すると、五関が「先陣を切ってやってくれるけど、夜飲みに誘うとスゴい甘える。ニャンニャンする」と暴露し、スタジオは爆笑! 寂しがり屋で一人でいられず、メンバーの橋本良亮と五関が2人で食事に行くと、「何で誘ってくれなかったの?」とすねてしまうそう。

2019年頃からバラエティ番組で活躍するようになった河合。伝説の占い師・暮れの酉が、「2019年に大事な人の別れがあったのでは」と鑑定すると、「あっ! ジャニーさんか」と2019年に亡くなったジャニー喜多川氏について触れ、「めちゃめちゃ泣きましたね」と告白。

暮れの酉によると、その別れを経験したからこそ運気が良くなったという。それは、河合が先輩や師匠が遺したものを継ぐ運気を持っていたためで、「ジャニーさんが置いていってくれたんですかね? 悲しかったけど、良い別れだったのは嬉しいですね」とコメント。
ジャニー氏が倒れる前日に仕事で会っていたという河合。その時、「YOUのトーク、面白いよ」と初めてジャニー氏から褒められ、最後に「本当に最高だから頑張ってよ、中居」と名前を間違えられたことを告白し、スタジオは笑いに包まれた。

続いて、五関を鑑定。暮れの酉によると、15~25歳頃は頑張ってもなかなか認められず、腐りやすい時期だったという。五関はこれに頷き、10代の頃は小柄だったため、子どもっぽい曲を割り当てられることが多く、「もっとカッコいい曲のバックにつきたい」と思っていたそう。

Snow Manなどの振り付けも手掛ける五関は、ダンスではジャニーズ全体のキーパーソンであり、将来的には後輩を教える振り付け師になる可能性も。河合によると、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明が五関に振り付けを任せているそうで、「滝沢くんも何か考えてるのかもね」とコメントした。

PICK UP