バツイチ同士の国際結婚で家族全員ハッピーに!子どもの衝撃告白に夫婦は?:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

公開: 更新: テレ東プラス

7月25日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、青森県の館鼻岸壁朝市で出会った"YOUな"ファミリーのお家について行きました。

一家4人で朝市を訪れていた、アメリカオレゴン州ポートランド出身のマットさん(53歳)、妻のひさえさん(53歳)、さくらさん(11歳)、ゆきのくん(18歳)。さっそく交渉すると、快諾! 「カスタードおやき」と「キムチ屋さんのチャンジャ」を買ったそうで、代金をお支払いして車に同乗させていただきました。

北海道の小樽から誰も知り合いのいない八戸に来たのは1年ほど前。「新しい別の場所でやり直そうか」と、一家で移住。米軍基地内で、ひさえさんは獣医師として、マットさんはグラフィックデザイナーとして働いているそうです。「やり直す」というのは果たしてどういう意味なのでしょうか?

homeii_20220726_02.jpg
八戸に移住を決めた際、猫を飼ってもいい家を探したそうですが、なかなか見つからず、「買うしかない!」と、約2700万円で一軒家を購入!

homeii_20220726_03.jpg
玄関に入ると廊下には大きめの柵が...。部屋の中から可愛い大型犬2頭が番組スタッフを出迎えてくれました。「熊みたい」と、なぜかマットさんは大爆笑。続いて台所へお邪魔すると、「キッチンはマットの場所、ほとんどマットが料理をします」と、ひさえさん。マットさんの得意料理はバーベキューなど「お肉を焼くこと」だそう。冷蔵庫の中は日本とアメリカの食材が混在しています。

homeii_20220726_04.jpg
さくらさんの部屋にもお邪魔すると、愛猫のスパイちゃんのおかげで壁がヤバいことに...。たしかに賃貸では厳しいというのも納得です。

homeii_20220726_05.jpg
「日本のデザインと文化、全部好き」というマットさんは、大学時代に日本にホームステイした経験がありますが、日本語は少しできる程度だといいます。

homeii_20220726_06.jpg
元々は、ポートランドの大学で出会ったひさえさんとマットさん。再会したのは2019年で、その1年後に結婚。実はお2人とも離婚を経験しているそう。

「元夫なりに子ども達のことは愛していたと思うけど...合わなかったかな」と、ひさえさん。一方、マットさんは、前妻とは子どもを作らないことを条件に結婚したものの、家族が欲しくなり2018年に離婚したといいます。

現在2児の父となったマットさん。「学校の行事に行くのもスゴい嬉しそうで」と、ひさえさん。続けてマットさんは「家族は私の夢でした」と日本語で教えてくれました。

homeii_20220726_07.jpg
マットさんは毎日のように「信じられない、みんなが家族として一緒に生活して人生を共にしていることが幸せだ」と言っているそうで、苗字が英語名に変わることになった2人の子どもたちに心境を聞くと、「悪い気はなしないな」と、ゆきのくん(笑)。「カタカナは憧れだし、みんなと違ってカッコいいから嬉しかった。背が高くてカッコいいし、安心感がある」と、さくらさんも嬉しそう。

子どもたちの言葉に「良い暮らしです。私たちはお互い出会うことができて幸運ですよ」と、マットさんの頬が緩みます。

今度は、ゆきのくんの部屋を見せてもらうことに。すると、コーンスネークの水槽が! 「アメリカ版のアオダイショウで、日本ではアカダイショウともいいます」と説明してくれました。ゆきのくんは大学で生物を勉強したいそうで、「大学院に行って獣医になりたい。母が獣医なので、気づいたらこの仕事スゴい面白そうだなって思って。お母さんを尊敬というか、ずっと憧れていて、自分はアメリカで獣医になりたい」と、アツく今後の進路を語ってくれました。

homeii_20220726_08.jpg
すると、「元々...っていうか、今も戸籍上は女なんですよ」と、ゆきのくんから突然の告白が。
今はトランスジェンダーの診断書も取得。子どもの頃から(自分の性別に)違和感を覚えていたそうで、中学の制服が届いた時にショックを受けたといいます。そしてある日、「心としてずっと思っているのは男なんだ」と、ひさえさんに告白し、心が軽くなったといいます。一方、ひさえさんも「あんまり驚かなくて。全然実は、問題じゃなかった」といいます。

「今こうやって、普通に生きていて、日本も良い国だし大好きな国でもあるんだけど、自分より特殊な人が、スゴい人がいるアメリカに行きたいな。それがアメリカに行きたい理由です」と話すゆきのくん。なんと、ひさえさんとマットさんが出会ったポートランドの大学への進学が決まっています!

homeii_20220726_09.jpg
「夢はアメリカの獣医師になって、空軍に入りたい。それでお母さんと一緒に働くのが夢」というゆきのくんの横でマットさんは、「ポートランドの文化と社会はすごいリベラル(自由主義)。性的マイノリティの人はスゴく楽です。ゆっちゃんはポートランドで自分らしく生きてほしい」と力強く後押し! 「やり直し」という言葉からは想像もできないくらい、ハッピーな毎日を送るファミリー。これからもどうぞ仲良くお幸せに!

次回の「家、ついて行ってイイですか?」は、ゲストに船越英一郎新山千春河合郁人A.B.C-Z)、小籔千豊加藤史帆日向坂46)を迎えて、【3時間半SP~2022夏!波乱万丈...衝撃人生12連発】をお届けします。

【埼玉県深谷市・農産物直売所】
69歳パワフルおばあちゃん登場!23歳で独立、今も現役!パリコレから、人気アーティスト〇〇の衣装まで手掛ける凄腕洋裁師!

【深夜の練馬】
"常に笑顔"の25歳男性...西武鉄道1日フリー切符を使い休日満喫...就寝時のルーティン...一体なぜ?鏡の前で毎日練習してまで、笑顔にこだわるワケ

【神奈川県・片瀬東浜海水浴場】
高校生活最後の夏休み!湘南女子高生・ダンス部の仲良し6人組!取材から5年後、23歳のオトナ女子たち、今なにしてる?

【東京都港区・昭和歌謡曲バー】
寝る前のアイスコーヒーが絶対!九州男児商社マン47歳!「嫁がいれてくれたアイスコーヒーが何よりも美味い」...どんなに遅い時間でも、美人妻が夜な夜な淹れるコーヒーの秘密

【千葉県安房郡・道の駅】
総勢20名!自家用マイクロバスで旅する家族!和食料理店経営の67歳夫婦...ラーメン店から一念発起!1億円借金して開業、店名に込められた意味

【深夜の京成立石駅】
プロレス雑誌の元編集長・74歳男性!9年間で約600冊を出版!?24時間プロレス漬けも、50歳で会社を追放...人生を無我夢中に生きる"ハイスパート・ライフ"とは

【深夜の表参道】
「表参道を克服しなくちゃいけない」1000人の従業員抱える46歳オタク社長!誰でも実践可能!美人妻を口説き落としたテク!取材から5年後...夫からのサプライズに妻、涙

【深夜の下北沢】
築100年一軒家のはなれで暮らすギタリスト...「音楽をやってなかったら自殺している」幼少期いじめられた過去...生活が大変でもバイトせずに暮らすワケ

【深夜の西荻窪】
大人の関係...吉祥寺で暮らす61歳女性&59歳男性の事実婚カップル! 「こんなに長く同じ人と時間を過ごした事がない」50代で手に入れた青春と、同棲7年でも結婚しないワケ

【深夜の新橋】
息子が生まれて10日後に夫が急逝...夫はサッカーの国体選手、18歳の息子も夫と同じ大学でサッカー部に所属...女手一つで息子を育て上げた今、49歳女性が描く新しい未来

【深夜の渋谷】
さらば青春の光・森田、ニューヨーク・屋敷らに遭遇!そして、バイク川崎バイクのご自宅へ...「10年先ではなく来年が不安」踏ん張り続けるアラフォー芸人のリアル

【千葉県印西市・菓子販売店】
幸せ家族に隠された壮絶過去...なぜ?母子手帳が3冊「子どもはほぼ諦めていた」...楽しみと不安の中で息子を授かり、幸せいっぱいの日々

どうぞお楽しみに!

PICK UP