AKB48柏木由紀の素顔は”根に持つタイプ”?ファンとケンカした過去も告白

公開: 更新: テレ東プラス

uranai_20220713_01.jpg
7月8日(金)に放送された「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」(毎週金曜深夜1時23分放送)は、AKB48柏木由紀本田仁美が登場。意外な本質や驚愕の鑑定結果が連発した。

MCは、占い大好き芸人、蛙亭イワクララランドサーヤ、女優の内田理央。最強占い師軍団4名がスタジオに登場し、様々な占いでゲストの心の中を丸裸にする。

占い師軍団がゲストを知らずに占ったところ、10月生まれのゲストは「フットワークが軽くて海外に飛んで行きそう」「ストイック」。7月生まれのゲストについては「THEアイドル」と鑑定し、占い天使・オッティモちゃんは、「この方の握手会に行ったかもしれない。柏木由紀さんです」とズバリ。登場した2人は、見事的中したことに驚いた。

グループ最年長の柏木と、新センターの本田。年齢は10歳差で、グループへの加入時期は7年違う。本田が4歳の頃、すでに柏木はAKB48にいたと聞き、「ええっ!?」と衝撃を受ける柏木。

uranai_20220713_02.jpg
まずは本田の占いから。2014年にAKB48に加入し、2018年には日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE」に所属。2021年にAKB48の活動を再開させ、最新曲ではセンターに抜擢された。

元ホスト占い師・斗弥は、本田のお金の使い方について「無駄なものを買いがち」と指摘。すると柏木は、収録前、本田がスマホで洋服を見ながら「この服は安くなるから」と言っていたと暴露。「買っても使わないことがあるのでは?」と問われると、両手で顔を覆い図星の様子。かつての自分は「ケチだった」が、「死んだらお金の使い道が無くなる。生きている間にほしい物を買おう」と考えが変わったことを明かした。

伝説の占い師・暮れの酉によると、本田には外国運があるという。「じっとはしていられない。海外に行ったり日本へ帰って来たり、何度かするんじゃないかな」との鑑定結果に、2年半韓国で活動していた時期を振り返り、「海外にもファンの方が増えたので、世界中に、もっと自分を発信していきたい」と思いを語った。

オッティモちゃんは、本田のことを「ツンデレ&ドSクイーン」と表現。「言葉に毒の星がある。言わなくていいことを言っちゃって、怖い人という印象を持たれる」と鑑定。本田は、「まさしくです」と認めた。

PICK UP