社交ダンスの衣装を扱う専門店へ...ダイアンの新ネタが誕生!?:ダイアンの絶対取材しない店

公開: 更新: テレ東プラス

毎週木曜深夜1時からは「ダイアンの絶対取材しない店」を放送!

ロケで訪ねるのは、スタッフが街を練り歩いて発見した「一切取材された事がない店」。
一見普通に見える店を、ダイアンユースケ津田篤宏)がどう面白くするのか?

「テレ東プラス」では、6月9日に放送された内容を紹介します!

shuzainai_20220616_01.jpg
反省会の場で「今までにない感じ」「衣装が多すぎるのもどうか」と感想をつぶやくダイアン。着替える+αのことをできたそうですが、いったい何があったのでしょう。

やって来たのは、東京・江戸川区にある船堀駅。お店情報のメモには「こんな店あるんだ。ニッチすぎる店」と書かれており、「ニッチってどういう...?」と困惑する2人。

shuzainai_20220616_02.jpg
取材させていただくのは、社交ダンスの衣装を専門に扱う「ウイング」。取り扱う衣装は200着以上とのことで、番組でおなじみとなった試着には困らなそう。「ほんまに嬉しい」「楽勝かな」と喜ぶ2人ですが、過去、はしゃぎすぎて怒られてしまったトラウマがあり、気を引き締めて取材に臨みます。

shuzainai_20220616_03.jpg
店を切り盛りするのは、店主の石川潔治さんと奥様の美智子さん。一見しただけでダンスをやっている人と分かるほど姿勢がいい石川さんですが、社交ダンス歴は40年とのこと。

shuzainai_20220616_04.jpg
ちょうどお客様が衣装を試着していました。エメラルドグリーンのドレスに身を包み、カメラに向かって華麗にポーズ! これを見た津田は...

shuzainai_20220616_05.jpg
それでも怒らず、石川さんとペアのポーズを取ってくれる優しいお客様。「試合の時は、衣装を着たまま家から行ったり?」というユースケのボケに、「会場で着替えますよ!」とお店にいた全員が笑ってくれました。

石川さんはサークルで教えるほか、競技会に出るために練習を積んでいるそう。江戸川区のチャンピオンになったこともある実力の持ち主で、江戸川区・社交ダンス協会の理事長も務めています。

shuzainai_20220616_06.jpg
ことあるごとに社交ダンスっぽいポーズを決めて、ボケ始めるダイアン。すると「上手だね」と褒められ、調子に乗った津田は何度もポーズを。ユースケが「ちょっと一回気をつけようか」と制止し、津田も「確かに走りすぎた」と反省します。

PICK UP