kemioに密着!1日14時間スマホを触る?「やめられるならやめたい...」驚きの発言も

公開: 更新: テレ東プラス

毎週木曜深夜1時30分からは、「日本シン人種図鑑」(出演:チョコレートプラネットあの森香澄アナウンサー)を放送!

街角で「あなたの周りのシン人種」を教えてもらい、実際に会いに行ってみるこの番組。
果たして"シン人種"はどんな生態を持っているのか!?

「テレ東プラス」では、5月26日の放送内容をプレイバックします!

shinjinshu_20220601_01.jpg
生態調査をするのは、カリスマ動画クリエイター・kemioさん。2013年、SNSに投稿した動画が大バズり。ユーモアのあるトークと飾らないスタイルが若者たちに注目され、さまざまなSNSで100万人以上のフォロワーを持つ時代の寵児に。
現在はアメリカに拠点を移し、モデルやタレントとしても活動。日本に来ること自体が珍しく、テレビにも滅多に出演しませんが、特別に密着取材を受けてくれました。

今回の来日の目的は、エッセイ本のお渡し会。自身の生い立ちを綴ったエッセイが15万部のベストセラーとなり、その第2弾が発売されたのです。

shinjinshu_20220601_02.jpg
まずは楽屋での様子を観察。片時もスマホを離さず、「何をチェックしているんですか?」との問いに「残高確認?」とユーモアたっぷりに返してくれました。
スマホで見ていたのは、残高ではなくSNS。もはや水を飲む感覚で、1日14時間ほどスマホを触ることも。

2013年からSNSへの投稿を始め、今では渡辺直美水原希子など超人気芸能人とコラボするまでに。しかし、「SNSは全部が全部リアルじゃない」と語るkemioさん。SNSの情報を全て鵜呑みにしないことを心がけています。

shinjinshu_20220601_03.jpg
「やめれるならやめたい」という驚きの発言も。しかし、引退したいという意味ではなく、スマホを使いすぎてしまうので、もう少し触る時間を減らしたいとのこと。
先日発売されたエッセイには、「SNS中毒の私ですらオンラインのやり取りに疲れたし、対面というアクティビティに飢えている」という一文が。はるばるアメリカからやって来て、ファンに本を手渡しするイベントを開いているのもそのためなのです。

PICK UP