GW強化合宿に密着!LIL LEAGUE、THE RAMPAGEとのリハで見てはいけないものを見てしまう!?:Dreamer Z

公開: 更新: テレ東プラス

~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」で放送中、新世代アーティスト発掘オーディション「iCON Z」男性部門は、5月21日(土)日本武道館でのファイナル審査で、デビューへの扉を開くグランプリが決定します。

「テレ東プラス」では、日本武道館に向けゴールデンウィーク強化合宿を行う候補生たちに密着! 今回は、中高生の個性の異なるメンバーが集まるグループ「LIL LEAGUE」の様子をレポート。5月15日(日)の放送では、コラボ曲のパフォーマンスを巡って年長メンバー2人の意見が対立! あれから約1ヵ月たったチームの現状は!?

dreamerz_gasshuku_20220520_01.jpg
何でも言えるチームワークの良さが魅力の「LIL LEAGUE」(中村竜大、岩城星那、山田晃大、岡尾真虎、百田隼麻、難波碧空)

LIL LEAGUEが挑む"男っぽさ"

この日は、THE RAMPAGEとのコラボ曲「THROW YA FIST」とDT(ダンストラック)を中心に練習。課題曲の「Rollah Coaster」では抜群のチームワークで溌溂としたパフォーマンスを披露したLIL LEAGUEですが、「THROW YA FIST」ではチームカラーとは真逆の荒々しいまでの男っぽさが求められます。

「男らしさを表現するのが難しくて。気持ちだけでどうにかなるものではないので、苦戦しているところです」(竜大くん)、「今までより話し合いを重ねました。内容が深く、意見が対立することもありました」(晃大くん)と、チーム一丸となって取り組んできました。

LIL LEAGUEに任されたラップパートとDTは、真虎くんと晃大くんが振り付けを担当。「それぞれ得意なジャンルがあるんですが、今回の曲調では2人のコレオみたいな感じが合っていたので」(碧空くん)との理由により、メンバーからの推薦で2人に決定したそう。

リーダーの星那くんが全体的な指示を出し、真虎くん、晃大くんが振り付けしたパートではそれぞれが中心になって進めます。碧空くんが音出しをしたり、お互い気づいたことを言い合ったり、それぞれが得意なこと、出来ることを自主的に行っていました。練習からもチームワークの良さが伝わってきます!

dreamerz_gasshuku_20220520_02.JPG
リーダーの【岩城星那くん】は、「LIL LEAGUEはグループが出来た時から"年下でもこんなに言ってくれるんや"とビックリするくらい、みんな意見を言ってた。だから僕は"ザ・リーダー"という感じじゃなくて"みんなの意見を最終的にまとめる人"」と、チーム内での自身の在り方を。番組のカメラマンさんにも「他の2チームはリーダーが引っ張っていくという感じだけど、みんなに溶け込んでやってる」と言われたそうで、自分の目指すLIL LEAGUEになれていたことが「うれしかった」と笑顔を見せました。

そんな星那くんのリーダーっぷりを、メンバーたちは「どこのチームにも負けてない!」と絶賛!

dreamerz_gasshuku_20220520_03.JPG
三次審査の個人総合ランキング1位の【中村竜大くん】。最初はプレッシャーもあったそうですが、「頼れる仲間ができたことでランキングには囚われなくなりました。そのきっかけを作ってくれたのはZ FACTIONのメンバーでしたが、今ではLIL LEAGUEのみんなも頼れるし、星那が一番近くで支えてくれているから」と、チームのありがたさを実感。

5月15日(日)の放送では、パフォーマンスに関して竜大くんと星那くんの意見がぶつかる場面も。その時のことを聞いてみると、「仲いいんですよ。あの時はちょっとしたプライドも交じっていたかもしれないですけど、お互い本気だと分かるし、だからこそ言った。最終的に、星那は僕が傷つかないようにしてくれて。気を遣ってくれてるな、ありがたいなと思いました」と竜大くん。星那くんも「僕も言い過ぎた部分あったんで、後でちょっと謝りました」と、グループ最年長17歳の2人は信頼できるいい関係を築いているよう。

dreamerz_gasshuku_20220520_04.JPG
【山田晃大くん】は、DTの振り付けを担当。「敢えてLIL LEAGUEらしくないことをやることで2面性を見せようと意識しました」と楽しみなコメントを。17歳の2人と中学生メンバーの間を繋ぐ役割を担う場面も多い晃大くんですが、「間に入るのが得意なタイプではないんですが、年齢も相まってそういう立ち位置になったのかも」と。

メンバーに、晃大くんはどんな人か聞いてみると「意外とおふざけキャラ」「真っ先にスベってくれるから安心する」「1人で勝手にスベっていく」と、どうやらスベりキャラのよう(笑)。メンバーの半数が関西出身のLIL LEAGUEは、お笑いには厳しい!? 晃大くんには一発芸があるとのことで披露してもらうことに。

dreamerz_gasshuku_20220520_05.JPG
ロバ? 案の定、みんながやらせたくせにメンバーの反応は薄い...と思っていると!?

dreamerz_gasshuku_20220520_06.JPG
一人笑い転げる星那くん。ツボにはまったようで笑いが止まらず...

dreamerz_gasshuku_20220520_07.JPG
床に突っ伏して笑っていました。メンバーによると、かなりの"ゲラ"だそう。星那くんがいる限り、晃大くんもスベり知らず!?

そんな中、スタッフさんの手違いで真虎くんの名札がないことが発覚。手書きの名札を作ることになり、書道が得意な星那くんに書いてもらうことに。

dreamerz_gasshuku_20220520_08_2.JPG
達筆ぶりに感心していると、「書道19年間やってたから」と真虎くんがボケ、「19年て。星那くん何歳?」(隼麻くん)、「17歳」(碧空くん)と笑いが広がっていきます。

dreamerz_gasshuku_20220520_09.JPG
紙がちょっと大きかったので、ビブスに入るよう折ります。

dreamerz_gasshuku_20220520_10.JPG
入った! カッコいい名札が完成しました!

dreamerz_gasshuku_20220520_11.JPG
【岡尾真虎くん】は、見た目も大人っぽく落ち着いていて、高校生メンバーも「13歳(取材時)には見えない」と。そんな中、竜大くんからは「でも、知識的なことになるとボロが出てくる」とのタレコミも(笑)。

真虎くんが振り付けしたパートは、「"LIL LEAGUEって何やろ"って考えて。課題曲の『Rollah Coaster』は遊び心があるから、音取りで遊んだり、みんなが楽しめるような振りにしました」とのこと。LIL LEAGUEらしさが爆発!

dreamerz_gasshuku_20220520_12.JPG
同じく13歳(取材時)の【百田隼麻くん】。兼任しているKIDMATICと2グループ分の合宿に参加ながら「メンバーが変わるから合宿も楽しくて疲れてない」と元気いっぱい。「LIL LEAGUEでは楽しんでる自分を、KIDMATICでは大人っぽさを見せたい」と、しっかり目的を持って取り組んでいます。

メンバーによると、隼麻くんは「ずっとボケてくる」そうで、「隼麻がおる時とおらん時はチームのテンションが変わる。おらん時は"どうやって空気作る?"みたいになる」(星那くん)と。LIL LEAGUEのムードメーカーです。

dreamerz_gasshuku_20220520_13.JPG
もう1人の13歳【難波碧空くん】は、最年少ながら臆することなくメンバーに意見する姿が印象的。お兄ちゃんでもいるのかなと思って聞いてみると、3兄弟の長男だそう。「話すのは得意じゃないんですけど、グループで高みを目指していくことを考えて。パフォーマンスを良くしようという部分では、上下関係なく意見を言った方がいいなと思っています」と、信念による行動です。

dreamerz_gasshuku_20220520_14.JPG
13歳トリオ。変声期真っ最中の隼麻くんは「(KIDMATICの曲の高音パート)『このGiant Steps』が言えるようになってきた。五分五分だったのが7:3くらいになってきた」と。それを聞いた真虎くんは「一回、成長止めたんちゃう?」。このノリもLIL LEAGUEの魅力です。

見たい人と見たくない人

LIL LEAGUE は、THE RAMPAGEとの合同リハーサルのスタジオに移動。そこで、竜大くんと隼麻くんが何かを発見!

dreamerz_gasshuku_20220520_15.JPG
こ、これは!...見ない方がいい!?
何を見つけたかは、まだ秘密です(笑)

PICK UP