鬼軍曹・村井美樹が宿敵・太川陽介との裏エピソード語る。大井川鉄道の魅力も!:ローカル線よくばり絶景旅

公開: 更新: テレ東プラス

――村井さんと言えば、水バラ「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」。ゲストの皆さんを叱咤激励し、鬼軍曹の異名を持つことでも知られています。「死んでもいいからとにかくゴール!」との名言も飛び出すほど(笑)、リーダーとしてぐいぐい引っ張る姿が印象的ですが、今回の特番では、対決旅とはまったく違う村井さんの姿を見ることができそうですね。

「そうですね~。対決旅のような厳しさはまったく出ていないと思います(笑)。とにかく夢のような旅で、ずっとニコニコしていたので」

――村井さんが1人旅を楽しむパートもありますが、1人旅の醍醐味はどこにあると思われますか?

「子どもが生まれてからはあまり行けなくなってしまいましたが、1人旅の醍醐味は、誰にも気兼ねせず行動できること。私は欲張りでスケジュールを詰め込んでしまうタイプなのですが、1人なら、どんなに忙しい旅でも気を遣わずにすみます(笑)。計画を立てる段階から楽しくて、時刻表を見ながらグルメや観光スポットをチェックする時はウキウキしますね。かつては青春18きっぷで予定を立てず旅に出たこともありますし、東京で雨が続いた時、太陽を求めて西へ向かったこともあります。地元の方におすすめの場所を聞き、宿もその日に決める…1人旅ならそんな行き当たりばったりの行程も楽しめます」

――水バラ「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」についても聞かせてください。村井さんは、“鬼軍曹”と呼ばれることについて、どのように捉えていらっしゃいますか?

「ロケに出た際も『あっ、鬼軍曹だ!』『軍曹、頑張ってください』と声を掛けてもらえるので、キャラを作っていただいてとても嬉しいです! 私の名前は覚えていなくても、鬼軍曹という呼び名で顔を覚えてくださっているのはありがたいですね。
普段は意外とのんびりしているし、実はおっちょこちょいなんですよ。地図もあまり読めないし、本当は“ポンコツ軍曹” (笑)。だけど勝負になると目の色が変わっちゃう…。きっと負けず嫌いなのでしょうね」

yokubari_20220508_06.jpg
――大先輩のリーダー・太川さんは、村井さんのことを「リーダーとして、ものすごいスピードで成長している」とおっしゃっていました。村井さんご自身は、この2年で変化を感じていますか?

「自分としては、リーダーとしてはまだまだだなと思いますし、いつも反省ばかりです。私のチームはとにかくハードなので、どうしてもメンバーにしんどい思いをさせてしまう。そのあたりの心配りをしなきゃと思いつつ、勝負ごとになるとムキになってしまって…。つい鬼軍曹の部分が出てしまうので、毎回申し訳ないなと思っています。芸人さんからは、だいたい『もう出たくない』と言われてしまうので(笑)。もう少しだけ、旅を楽しむ余裕ができたらいいなと思います」

――太川さんから学ぶところは?

「太川さんは周りを見渡す力が素晴らしいんですよね。チームメイトはもちろん、スタッフさんにまで心配りしているのがすごいと思います。あと、余裕な雰囲気を見せるのがお上手だなと。私のチームはいつも余裕がなくてカツカツなので…。以前、クロちゃん(安田大サーカス)にも『周りをよく見て! 軍曹の悪いクセが出てるよ!』と怒られたことがあって、その言葉はかなりグサっときました。かといって鬼にならないと勝てない部分もあるので、采配が大事だなと思います」

――太川さんとの印象に残っているエピソードを教えてください。

「ロケ終わり、帰りの新幹線で、太川さんがみんなにビールを振舞ってくださるんですよ。ご自身も疲れていらっしゃるのに、本当に優しい方だなと。それ以外にも数えきれないほどのお心遣いがあって、太川さんはやっぱり正真正銘のリーダーだなと思います。コロナが収束したら、対決後、いつかみんなで打ち上げをしたいですね。
この番組って、汗と涙と友情…大人が忘れかけていた部活感があると思うんです。つらいことも楽しいこともギュッと詰まっているというか…人生の縮図だと思います。精神的にも体力的にも極限まで追い詰められるからこそ、上手くいった時の喜びや、ダメだった時の絶望感が大きいのかなと。全員が学生時代の部活のように本気だからこそ、面白くなるのかなと思います」

yokubari_20220508_07.jpg
――プライベートなことも聞かせてください。最近ハマっていることはありますか?

「お城巡りが好きで、最近は、古い城門についている“乳金物”をチェックすることにハマっています。お城によって形や大きさが違うんですよ。『これはBカップくらいだな、これは爆乳だな(笑)』と、訪れては写真を撮って楽しんでいます。お城は攻められにくい構造や縄張りとしての意味合いもありますが、天守や城門などのデザインには城主や築城者の美意識も表れると思っているので、可愛いポイントを見つけるのが好きですね」

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

「マニアックな楽しみ方もできますし、鉄道に興味がない人でも楽しめる番組です。見たら絶対に大井川鉄道に乗りたくなると思いますし、たくさんの魅力を知っていただけるのではないでしょうか。対決旅では見られないご機嫌な私と合わせて(笑)、ぜひ楽しみながらご覧ください!」

ローカル線よくばり絶景旅 村井美樹が行く!大井川鉄道 新名所&超穴場 徹底満喫スペシャル」(BSテレ東)は、5月10日(火)夜6時54分放送! どうぞお楽しみに!

【村井美樹 プロフィール】
1979年11月16日生まれ。京都府出身。2002年、ドラマ「夏樹静子の量刑〜脅された法廷〜」で女優デビュー。水バラ「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」ほか、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」など多数出演。信濃大町観光大使も務め、漢字検定1級・世界遺産検定2級・美術検定2級ほか、さまざまな資格を取得している。

PICK UP