「オーディションじゃなく、ライブを観てるみたい...」THE RAMPAGEのメンバーが「iCON Z~Dreams For Children~」男性部門三次審査を振り返る

公開: 更新: テレ東プラス

otsu_20220411_06.jpg
1位に輝いたのは、小学生の頃から路上ライブで歌唱力を鍛えてきた中村竜大。「命をかけるレベルでチャレンジしている」と並々ならぬ熱意でパフォーマンスを披露し、その歌声に「うまっ!」「もうオーディションじゃなくて、ライブを観ているみたい」と息を呑むスタジオメンバーたち。歌だけではなくラップとダンスも完璧で、山本が「もうやめてくれ〜!」と思わず口にする一幕も。

HIRO(総合プロデューサー)は「iCON Zを引っ張ってくれるような逸材になるのでは」と期待し、SHOKICHIも「パーフェクトと言っても良いくらい。まるで“出来杉くん“」と評価。武知は「トップ3の方は全体的なバランスが整ってるけど、その中でも彼はずば抜けている」とコメントし、山本は「川村壱馬(THE RAMPAGE)のように、歌が上手い人のラップ。歌の中で自然にラップができる声質とスキルをすでに持っている。カッケェ〜!」と絶賛します。

otsu_20220411_07.jpg
しかしこのトップ10は最終順位ではなく、合格者は他にも。四次審査からはグループで戦う「グループバトル」となることが発表されました。

次週は、グループ分けの模様をお届けします!

「Dreamer 乙」の放送で収まりきらなかった未公開VTRやここでしか聞けないスペシャルな裏話を「Dreamer 乙 Paravi版」として「Dreamer 乙」放送終了直後から動画配信サービス『Paravi』で独占配信します!

毎週日曜夜9時からは「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」を放送中!どうぞお楽しみに!

PICK UP