JO1佐藤の挫折...デビュー前に何があった?河野純喜とぶつかった過去も告白

公開: 更新: テレ東プラス

3月25日(金)に放送された「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」は、前回に引き続きJO1與那城奨佐藤景瑚が登場。占い師軍団が2人の本質を深堀りし、彼らが抱える悩みや本心が浮き彫りになった。

MCは、占い大好き芸人、蛙亭イワクララランドサーヤ、女優の内田理央。最強占い師軍団4名がスタジオに登場し、様々な占いでゲストの心の中を丸裸にする。
前回の放送では、2人の知られざる素顔や私生活が明かされた。

uranai_20220329_01.jpg
グループのムードメーカーで、末っ子気質の佐藤。負けず嫌いな一面もあり、與那城は「急に『クソッ』とか言ってくる」と暴露。
元ホスト占い師・斗弥が「占いが嫌いだと思います」と言うと、「はい、嫌いです」とバッサリ(笑)。普段から、あまり言葉を選ばずバッサリ斬るため、人から「デリカシーがない」と言われてしまうことも。

uranai_20220329_02.jpg
斗弥は「去年、誰かとぶつかって揉めた」と指摘。すると思い当たる節として出た名前は、メンバーの河野純喜。佐藤は「グループの中でも、自己中心的になった時があったかもしれない...。言いたいことを何でも言っちゃうので」と振り返った。
一方、人生で大きな挫折も。資格を取り美容師になったものの、わずか1ヵ月で退職。その理由を「辛かった...。飽きちゃったのかな」と告白。

また、11人をまとめるリーダー・與那城について、占い師軍団は「実は裏方に向いている」「マネージャーの星で、サポート役が向いている」と鑑定。與那城は「他人に(マネジメントを)任せるなら自分でやって、誰かのために動きたい」と語り、佐藤も「面倒見たがりではある」とコメントした。

今後のグループ運についても占いを。伝説の占い師・暮れの酉によると、運の強いメンバーが集まっているという。大平祥生は「止まらない鳳凰」タイプで、来年あたりにチームを牽引する存在になる可能性が。

河野純喜は「負けず嫌いな鳳凰」タイプで、勝負を頑張る熱い男。暮れの酉の「その熱さがちょっと裏目に出るのが今年。みんな巻き込んじゃうから『ちょっと鬱陶しいな』みたいな」との鑑定に、2人は手を叩いて大爆笑。

木全翔也はやりたくないことをするのが嫌で、露骨に顔に出るタイプ。修験者占い師・法演が、「ダンスや歌の『ここが嫌だ』とかでふてくされたり」と鑑定すると、佐藤は「はい、その通りです!」と即答。

uranai_20220329_03.jpg
ここで斗弥が、メンバー構成が変わる可能性を示唆。木全翔也に「ストレス」のカードが出ていて、重圧を背負っているという。今年と来年は佐藤と與那城の運気が強く、大きな渦巻きを生む可能性も。

占い天使・オッティモちゃんによると、今年キーパーソンになるのは白岩瑠姫。あまり意見をガツガツ言うタイプではないが、自分の中で思うことはいろいろあり、「彼が何かやりたいと言い出したら、乗った方が良い」とアドバイス。
法演も「みんなで売れようという意識を持った方が良い」と助言し、與那城は「オーディションで上がってきたメンバーなので、我が我がタイプ。2年経ってやっと、ベクトルが同じ方向に向いてきた感じがある。これをもっと詰めていくってことですよね」と納得した様子だった。

この後、オッティモちゃんによる延長戦がスタート。2人のガチ悩みについて占う模様は、テレビ東京公式YouTubeチャンネルで確認を!

4月1日(金)深夜1時23分放送! 「占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?」は、ニューヨーク(嶋佐和也・屋敷裕政)が登場。トラブルやスキャンダルなど、ヤバすぎる占いが連発。絶好調の仕事に危機が...!? 実力派人気芸人の本質を丸裸にする。

PICK UP