憧れの「PURE-J」に所属!女子プロレスが好きすぎるチリ女性の半生とニッポンでの生活:コレ!?が好きすぎてニッポンに住んじゃった外国人

公開: 更新: テレ東プラス

動画配信サービス「Paravi」では、「テレ東バラエティスピンオフ祭り」と題し、テレビ東京が誇る人気番組のスピンオフ作品を大量配信!
さらに、配信中のスピンオフ作品と今後配信予定のスピンオフ作品を並べた特設ページを公開中!

「家、ついて行ってイイですか?」のスピンオフ「家、ついて行けない代わりに...人に言えないナゾ疑問、教えてもらってイイですか?」、「デカ盛りハンター」のスピンオフ「デカ盛りハンター(スピンオフ)大食いfirsttake」、「モヤモヤさまぁ~ず2」のスピンオフ「モヤモヤひとみん3」、さらに「ゴッドタン」のスピンオフ「セクシー女優愛確かめ選手権』など、10番組以上のスピンオフが登場!

「Paravi」でしか見られない、エッジが効いた配信をどうぞお楽しみに!

「テレ東プラス」では、今回特別に「世界!ニッポン行きたい人応援団」のスピンオフ「ニッポンのコレ!?が好きすぎる外国人」より、【#2 女子プロレスが好きすぎるチリ女性ベニータさん】の内容をプレイバックします。

nipponikitai_20220327_01.jpg
紹介するのは、チリ出身ニッポン居住歴3年のベニータさん。現在、「AKARI」というリングネームで女子プロレスラーとして活動しています。

「ニッポンのプロレスは素晴らしいです。例えばアメリカはマイクパフォーマンスが多すぎて、メキシコはアクロバット技ばかり。ニッポンは、空手・柔道・柔術・テコンドーなどをミックスしているのがすごい」と話すベニータさん。

そんな彼女が初めてプロレスを見たのは、14歳の頃。すぐにニッポンの女子プロレスの虜になり、仲間とチリでプロレス団体を発足。ニッポンへの憧れから、くノ一をイメージした衣装でプロレスに励みます。

nipponikitai_20220327_02.jpg
「ニッポンに行く」という夢を抱き、19歳から日本語学校へ通いますが、資金難のため、わずか2年で退学。一度は夢を諦め、ペット関係の仕事に就職しますが、月収は約5万円ほどで生活するだけで精一杯。

しかし、24歳の頃、転機が! 祖母が家を売り、家族に少しお金の余裕ができたのです。4人兄弟の末っ子ということもあり、ベニータさんへの資金援助はいつも後回しでしたが、お母さんに「一回だけ助けて! その後は自分でなんとかするから、ニッポンでチャレンジさせて」と懇願。お母さんはニッポンへの飛行機代を捻出してくれました。

'80年代のニッポンは、クラッシュギャルズやダンプ松本などが活躍した「全日本女子プロレス」が大ブーム。キューティー鈴木や尾崎魔弓が所属した「ジャパン女子プロレス」も人気で、この流れをくむ団体が、女子マスク界のレジェンドレスラー・コマンドボリショイさんらが設立した「PURE-J」。

nipponikitai_20220327_03.jpg
ベニータさんは現在、このPURE-Jに所属しています。
所属に至った理由は、ベニータさんが初めて見たニッポンの女子プロレスラーがボリショイさんだったから。身長147cm、体重45kgと小柄ながら、変幻自在な関節技で人気を博したボリショイさん。ベニータさんはその凄さに衝撃を受け、「ボリショイさんのPURE-Jで練習して、デビューしたい」と思ったそう。


ベニータさん、6度目の防衛をかけた試合に挑む!


nipponikitai_20220327_04.jpg
チリにいたベニータさんとはFacebookで繋がっていたボリショイさん。ある日「私はあなたに習いたい」というメッセージが届いたため、「ウェルカム!イエーイ!」という適当な絵文字で返したところ、なんと空港でスーツケースを持ったベニータさんの写真が送られてきたと話します。

2日後、本当にボリショイさんのもとへやって来たベニータさんは、「私のデビュー戦の相手はボリショイです!」と話し、熱い想いを伝えました。
実はこの時、すでに半年後に引退することが決まっていたボリショイさん。ベニータさんは「ボリショイさんと対戦する」という自分の夢を実現するため、すぐに練習を開始します。

nipponikitai_20220327_05.jpg
4ヵ月後。念願叶って、ボリショイさんを相手にデビュー! 結果はボリショイさんの勝利でしたが、「めっちゃ強い。ボリショイさんとのデビュー戦はずっと夢だったので、すごく嬉しかった」と当時を振り返ります。

番組は、そんなベニータさんの普段の生活に密着! PURE-Jの寮で同期のレスラーと共同生活する彼女が、お部屋を案内する場面も。

nipponikitai_20220327_06.jpg
期待のホープとして、プロレスファンの間でも注目を浴びるベニータさん。実は今回、6度目の防衛をかけた試合が待ち受けていました!

試合当日、集中力を高めて入場するベニータさん。挑戦者は1年先輩のレスラー・谷もも選手です。すると、ゴングの前にまさかの奇襲が! 気になる試合の行方とベニータさんの日常は、ぜひParaviで確認してください。

nipponikitai_20220327_07.jpg
Paravi 限定配信!「世界!ニッポン行きたい人応援団」のスピンオフ「ニッポンのコレ!?が好きすぎる外国人」では、この他「#1 バーベルが好きすぎるギリシャ男性パッパスさん」もご紹介!
・ギリシャ男性が好きすぎるニッポンのものとは...ウエイトリフティング業界で世界的に有名なブランド・ウエサカのバーベル。ギリシャでウエイトリフティングの選手だった時、コーチの勧めでウエサカのバーベルの虜に!
アテネオリンピックの時、憧れのウエサカの社長と運命の出会い!!
来日後、ウエサカのバーベルが好きすぎてウエサカのスタッフに! さらに東京オリンピックのスーパーバイザーも!?

スピンオフ作品が多すぎ!いったいどんな番組があるの!?という方は、ぜひParavi の「特設ページ」へ ! 気になる番組内容やラインナップが一目でわかります。

3月28日(月)夜8時からは、ゲストに南野陽子を迎えて、月曜プレミア8「世界!ニッポン行きたい人応援団」【ご招待で人生変わっちゃった!】を放送!

「ニッポンで空手の真髄を学びたい!」
昨年、東京五輪で正式種目として実施された"空手"を愛するコスタリカのデボラさん。全日本空手道選手権大会で4連覇した憧れの宇佐美里香さんとまさかの対面に号泣!一緒に練習&目の前で世界一の演武を見せていただく。さらに空手発祥の地・沖縄では、のちの金メダリストとの出会いが!東京では、デボラさんが習う流派の本部道場へ。創始者金澤弘和さんから直々に稽古を!

「世界最高レベルの消防技術を学びたい!」
アルゼンチンの"消防士"マリアさん。都内81ある消防署の中でも女性職員が多いと言われる目黒消防署へ。はしご車の体験やホースを巻く訓練を体験させていただく。さらにハイパーレスキュー隊のもとで合計20kgの装備を身につけ、過酷な現場を想定した厳しい訓練を体験する。そして女性消防団発祥の地・山形県酒田市で消防団の取り組みを体験。あれから5年...マリアさんから近況報告が!

PICK UP