「お金払って行く必要あります?」キャバクラ嫌いの”論破王”ひろゆきがキャバ嬢14名と本音トーク

公開: 更新: テレ東プラス

動画配信サービス「Paravi」では、「テレ東バラエティスピンオフ祭り」と題し、テレビ東京が誇る人気番組のスピンオフ作品を大量配信! さらに、配信中のスピンオフ作品と今後配信予定のスピンオフ作品を並べた特設ページを公開中!

すでに配信中の「家、ついて行ってイイですか?」のスピンオフ「家、ついて行けない代わりに...人に言えないナゾ疑問、教えてもらってイイですか?」、「デカ盛りハンター」のスピンオフ「デカ盛りハンター(スピンオフ)大食いfirsttake」、「モヤモヤさまぁ~ず2」のスピンオフ「モヤモヤひとみん3」、さらに「ゴッドタン」のスピンオフ「セクシー女優愛♡確かめ選手権」など、10番組以上のスピンオフが登場。「Paravi」でしか見られない、エッジが効いた配信をどうぞお楽しみに!

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(毎週木曜深夜0時放送/テレビ東京)のスピンオフ企画は、「ひろゆきの朝までキャバTV」。キャバクラ嫌いの"論破王"ひろゆきが、歌舞伎町、六本木から、札幌すすきの、仙台、広島まで全国ご当地キャバ嬢と、「秘密の整形事情」「激ヤバ客」「地方キャバあるある」「枕営業アリ?ナシ?」「援交&パパ活やってました」などをテーマにトークを繰り広げる!

「テレ東プラス」では、ひろゆきとキャバ嬢たちの気になるトークを一部紹介!

ひろゆき、キャバクラ嫌いの理由

ひろゆきは、以前、自身のYouTubeで「(キャバ嬢は)見た目だけで、人の話を『あーそうなんだ』と言ってるだけで生き残ってきた人だから、話を聞いても全く面白くない」「僕が面白い話をして、(連れて行ってくれた人が)お金も払って帰るっていう、すげー無駄な時間を過ごした感」などの理由から「キャバクラは嫌いです」と発言していた。

asamade_20220323_01.jpg
番組のオープニングでも、「キャバクラは若い女の子に話を聞いてもらいたいおじさんが行くところ。僕は話聞いてくれる人がいるので、キャバクラに行きたい欲が全くないんですよね」と、やはり興味なし。番組MCの名倉潤が「話を聞いてもらうんじゃなくて、口説きに行ってるんだと思うんですよ」などキャバクラ好き男性の意見を代弁するが、ひろゆきは「お金払って行く必要あります?」と、考えは変わらない。ここから14名の美人たちとのリアルなキャバ嬢トークにより、行ってみたいという気持ちになるのか!?

ひろゆき「ちょっと興味が湧きました」

まずは、自己紹介を兼ねて、キャバ嬢になった理由やご当地のキャバクラ事情などについてトーク。ひろゆきは、キャバクラの儲けのからくりや地域差などに興味があるようで、気になることを次々に質問していく。売り上げに関しては、地方と都心ではケタ違い。六本木では、ドンペリ50本を使ったシャンパンタワーなど1晩で1000万円使ったお客さんも!?

asamade_20220323_02.jpg
そのどちらも知っているのが、熊本と六本木でキャバ嬢を経験し、現在は札幌でバーを経営するくるみさん(31歳)。売り上げはキャバ嬢時代の方が良かったというくるみさんに、ひろゆきは「バーにしちゃうと、昔より安くくるみさんとお話できるってことになっちゃいません?」と気になる点に斬り込む。しかし、無敵のナンバー1だったくるみさんは、経営者としてもやり手! バーは熊本、六本木時代のお客さんから予約が入った時のみ営業し、「まずはシャンパンを開けてもらう」とのこと。くるみさんの手腕には、ひろゆきもMC陣も脱帽!?

asamade_20220323_03.jpg
また、歌舞伎町・ふうかさん(27歳)は、アゲアゲの飲み方「おはテキ」=おはようのテキーラを紹介。いきなり高価なシャンパンは頼みづらいので、まずは「おはテキ」でお客さんにテンションを上げてもらうのだという。これには、ひろゆきも「確かに、ペースが上がるまでは高いのいかないから、最初からアルコールきついの飲ませるの賢いですね」と感心。しかし、テキーラの値段や、注文を入れるための演出がすごかった!? さすが歌舞伎町!

一方、地方のキャバクラは、お客さんもキャバ嬢も個性的。大宮のキャバ嬢に催眠術をかける客や、広島の任侠系に憧れる客、外国人の多い宇都宮の恥ずかしい勘違い客、静岡の激アツ水着キャバクラの衝撃サービスなど、ご当地ならではのエピソードに、ひろゆきも爆笑。

asamade_20220323_04.jpg
そんな中、ひろゆきの心を最も動かした(!?)のが、宇都宮・絢香さん(27歳)。「宇都宮で一番足が臭いキャバ嬢」だという絢香さんに、「ちょっと興味が湧きました。そこまでの人だと好奇心として」と、ついにキャバクラに行ってみたい気持ちに!? ひろゆきの口から「ちなみに絢香さんの足の臭いをかごうと思ったらいくらくらいかかるんですか?」という発言も飛び出す!

結局、人生はお金?

asamade_20220323_05.jpg
キャバ嬢たちのリアルな声を聞いてきたひろゆきは、番組終盤で「お金持ちと結婚したいっていう方います?」と質問。意外にも挙手したのは2名だけ。大宮・のぞみさん(25歳)によると、お金持ちかどうかより、店で既婚者のお客さんから口説かれるため「結婚するならキャバクラに行かない人がいい」という。これにはキャバ嬢の半数以上が同意!

asamade_20220323_06.jpg
そこで、ひろゆきは「お金以外が目的でキャバ嬢やってる人います?」と核心をつく質問を。10歳の子供を持つシングルマザーの銀座・ゆめさん(28歳)のように「お金です」と割り切る人もいれば、歌舞伎町・ふうかさんのように「お金目的ではなく自由のため。効率よく自分の好きなことをするため」という考えも。ひろゆきは「短い時間で高給もらえるから残りの人生自由に使える」と、キャバ嬢選択の理由に納得した。

仕事がバカらしくなったキャバ嬢

ここで、キャバクラ嫌いのひろゆきだからこそ相談したいという、あるキャバ嬢が!

asamade_20220323_07.jpg
これまで稼ぎに稼いできた六本木・一夏さん(26歳)が、「最近、仕事がバカらしくなってきた」と突然のぶっちゃけ発言。「アフター行って、お酒飲んで、『えーすごいですね』とか言って話聞いて。これなんの仕事なの?みたいな」と、虚しくなるのだという。

ひろゆきと同じことをキャバ嬢自身も感じていた! ひろゆきは「みなさんずっと感じてますよね? このおっさんの話聞いてどうすんの?って」とキャバ嬢の気持ちを汲み取りながら、「逆に"これには社会に価値があるんだ"と(虚しさを)乗り越えた人いますか?」と投げかける。

30歳を機にキャバ嬢を引退しバー経営者に転身したくるみさんが、自らの経験を明かす。そして、すすきの・南柚子さん(23歳)は、ある理由から「人がつまんないなって思う話でも、私は楽しいですね」と。理由を聞いた番組MCの河本は、柚子さんにメロメロ。ひろゆきを「キャバクラに行ってみたい」という気持ちにさせる企画のはずが、河本をその気にさせてしまった!?

この他にも、ご当地ならではの面白エピソードをはじめ、整形事情に枕営業、援助交際&パパ活の経験まで、キャバ嬢たちの包み隠しなしのトークが盛りだくさん! 最終的に、ひろゆきはキャバクラに行きたいと思うようになったのか!? その一部始終はParaviで!

【配信情報】
タイトル:ひろゆきの朝までキャバTV
出演者:ひろゆき、名倉潤、河本準一熊切あさ美


スピンオフ作品が多すぎ!いったいどんな番組があるの!?いう方は、ぜひParavi の「特設ページ」へ !気になる番組内容やラインナップが一目でわかります。

PICK UP