「キッズ・ウォー」の双子タレント”斉藤兄弟”、大ブレイクからの転落と現在の意外な仕事:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。3月3日(木)の放送は「あの人は最近何やってるの!?SP」。人気双子タレントだった斉藤兄弟が、大転落人生とアッと驚く今の仕事を大暴露!

双子タレント、兄・斉藤祥太と弟・斉藤慶太の"斉藤兄弟"は、ドラマ「キッズ・ウォー」で井上真央と、映画「タッチ」で長澤まさみと共演するなど、バラエティやドラマに引っ張りだこだった。将来を嘱望された2人だったが、最近はテレビで見掛けなくなったが、現在は、芸能の仕事をしつつ芸能界と関係のない別の仕事もしているという。

「キッズ・ウォー」放送時にはモテまくったという2人。モテ期全開だった17~18歳の頃は連ドラ2本に出演、雑誌で4本の連載、「王様のブランチ」レギュラー出演など忙しく、月収120万円を手にしていたそう。祥太は「ちょっと夢は見させてもらったかな」と振り返る。

jikkuri_20220305_02.jpg
しかし、栄光の日々はあっさりと終幕。仕事が減っていく中、2人を苦しめたのがが"双子タレントの呪縛"。双子役での出演がある一方で、一人での出演が少ない。またキャリアを重ねているが故にトークなどでハードルの高いリクエストなどがあり、それに応えるのが難しかった。そうした中で、徐々に仕事がなくなっていったという。

そんな2人が現在やっている、芸能界とは関係のない仕事とは?

PICK UP