ネズミの足音?...初体験だらけ。新宿育ちの主婦が400年続く夫の実家で山を開墾!:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

公開: 更新: テレ東プラス

2月7日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、埼玉県日高市に暮らすまきさん(60歳)のお家について行きました(取材日:2021年5月13日)。

「酒商 増田屋・日高店」さんに設置させていただいたカメラに向かって「60歳、開墾やってます。畑もやっています」と明るく話しかけてくれたまきさん。

homeii_20220208_02.jpg
2年前に、ご主人の地元であるこの地に移住。「主人がここの出で14代目。400年だか住んでいるの。老後を2人で過ごすために、お家を山の開墾もかねて建てました」。600本の木を倒して開墾した山の頂上は日高市が一望できる絶景! 家に着くと、近所に住む娘さんがお孫さんと一緒に遊びに来ていました。

homeii_20220208_03.jpg
開墾された土地には、みかん、レモン、ライム、そしてまきさんが作ったという手作りベンチまであります。開墾にあたっては、プロに相談して「土砂崩れはしない」というお墨付きもしっかり得たそうで、安心です。

homeii_20220208_04.jpg
頂上からの景色に「城主になったような気分にならない?」と、まきさん。お正月はお汁粉片手に、初日の出を拝んだそうです。

この広い土地は代々所有していた方に譲ってもらうことに配慮して「込み込みで100万円で購入しました」と、まきさん。自然に囲まれた環境ですが、「コンビニはない。畑とか好きじゃないと住めない」とも。2000万円で建てたというお家はいろいろ工夫されていました。

homeii_20220208_05.jpg
まずは、ご主人の希望で取り入れた掘りごたつ。子育て中に家を建てた時は、まきさんによって却下された掘りごたつも、子どもたちが独立して夫婦2人の生活になったのでようやく導入したそうです。

homeii_20220208_06.jpg
リビングの端のほうには、まきさんが銀細工を制作するための工房がありました。「私がここに座って宅配が来たら、ドアを開けないで小窓からハンコが押せる。私が設計しました」。なるほど便利です。

homeii_20220208_07.jpg
大きな冷凍庫には畑で収穫したニンニクやイチゴ、タマネギなどなど、約1年分の野菜を凍らせているそうで買わなくて済むといいます。

homeii_20220208_08.jpg
職場で出会ったご主人とは、「表裏が全然ない。結婚したら楽しいかなってね」と思って結婚。実は東京・新宿区生まれのまきさん。22歳で初めて夫の実家を訪れた時に、ネズミの足音にビックリしたり土葬の風習が残っていたり...と、カルチャーショックを受けたのも今となっては良い思い出のようです。

結婚してからは岩槻(さいたま市)で暮らしていたというまきさん夫妻ですが、ご主人のお父様が亡くなったことをきっかけに移住を決意。本当は子育ての仲間も知り合いも多い岩槻にいたかったそうですが...「夫の様子を見ていたら(地元に)行きたいんだろうなって、私の様子をうかがっているのがよくわかったから」。

ここで、ご主人のやすあきさん(64歳)がご帰宅。さっそく移住を決めた理由を伺いました。「13代続いて来た土地で約400年野菜を作り続けてきた実家なので、親の代で終わりにしたくないっていうのはやっぱりありました。妻には一生懸命、『良い所だよ』って言って説得しました」。

homeii_20220208_09.jpg
畑の世話をするのはやすあきさん、収穫するのはまきさん。やすあきさんは、まきさんが楽しめるようにお膳立てするのが好きだとニッコリ。「上手く私が喜んだ時に、夫は喜びを感じてくれるから」と話すまきさんに「そうそう」と大きくうなずきます。そして山を開墾した理由は、まきさんと地元の人との交流の場を作りたかったからだといいます。

「ここは地元で結婚している人が多いので、私が帰ってきて妻はどんな人かとうわさになる。この山は結構見渡しがいいので、そういう場ができれば散歩がてら自然とコミュニケーションがとれるかなって思って。でも実際はかなり馴染んでるだけどね(笑)」(やすあきさん)。

「心配していただいてありがたいです」と、嬉しそうなまきさん。開墾してからは、やすあきさんの計画どおり、近所の方たちに喜ばれ、ちょくちょく遊びに来てもらえるようになったといいます。

まきさんは当初、「ここにそんなお金をかける意味があるの」と思っていたそうですが、結果的には「お金に代えられなかったね」としみじみ。最後はやすあきさんが壮大な計画を明かしてくれました。「いずれはケーブルを造ってケーブルで上がれるように。夢は膨らみます」!

明日2月9日(水)夜9時スタートの「家、ついて行ってイイですか?」は、ゲストに浜口京子を迎えて、【美ボディママ&婚活乙女!最強女子スペシャル】をお届けします。

【東京都江東区・砂町銀座商店街】
砂町銀座商店街で...超元気な3人兄妹と美人ママ35歳の一家に遭遇!
実はバツ2で...女手一つで子どもたちを育てるシングルマザー!
「ママはお金は無いけど...」小6長男が初めて明かす、母への想いに...涙。
「ママを●●にしてください!」まさかの「お願い」に一同仰天!?

【深夜の四ツ谷駅】
深夜の四ツ谷で...30歳美女に遭遇!実は...現役消防士!
消防士歴7年、夫も消防士で...プロポーズは地上40mのはしごの上!
最近、公務員には限界を感じていて...目指すは起業!?
大規模災害に対応するには...!?

【埼玉県吉川市・激安スーパー】
埼玉の激安スーパーで...自宅でレストランを開く...70歳女性のご自宅へ!
夫の後押しもあり、16年前、自宅を改装して家庭料理を出すレストランを開店!
そんな夫が昨年亡くなって...家で1人でいると「負けていく」気がした...
きっと夫も褒めてくれる!女性が見つけた「自分らしい」生き方とは?

【深夜の本八幡駅】
深夜の本八幡駅で...ベロベロ39歳女性に遭遇!
今すぐにでも結婚したい...番組史上No.1!「結婚相手の13か条」とは!?
取材から約3年...衝撃の現在が!

どうぞお楽しみに!

PICK UP