中居正広、タレントに大事なのは「なかみ」!「な」=ナルシスト、「か」「み」とは?:中居正広のただただ話すダーケ

テレ東プラス

tadatadahanasu_20211229_01.jpg
今年10月、中居正広が25年ぶりにテレビ東京でMCとして出演し、大きな話題となったトークバラエティ「中居正広のただただ話すダーケ」。多彩な出演者たちが、お題さえも事前に決めず、「ただただ話す」だけ! スタッフの指示もカンペもなし、行き当たりばったりのトークバラエティ第2弾が、2022年1月1日(土)夜10時から放送決定! 出演は、MC中居はじめ、高岡早紀矢作兼SHELLYカズレーザー河北麻友子小島瑠璃子。あわよくば...ノーカット編集で放送すべくギリギリまで間を詰めておしゃべります!

第2弾に先駆け、2021年10月31日(日)に放送した第1弾をプレイバック! いくつかのテーマについて盛り上がった中から、「芸能界を生き抜くスベ」についてのトークをお届けします。

タレントに大事なのは「なかみ」

出演は、中居の他、高岡早紀、矢作兼、川田裕美、澤部佑、河北麻友子、中田花奈。20代の中田が諸先輩方に聞きたいという「芸能界を生き抜くスベ」についてトークすることに。

実は同い年で同郷の中居と高岡。2人は隣町の中学校に通っていたそうで、高岡は地元でも有名な美少女だったそう。13歳でモデルとして芸能活動を始め、1989年に女優デビューし活躍してきた高岡は、芸能界を生き抜いてきた人に共通するのは「ある意味テキトーな感じ」だと分析する。

30年以上、第一線を走り続ける中居は、タレントには「なかみ」が大事だとの持論を展開。長く活躍しているタレントは、「な=ナルシスト」「か=かまってちゃん」「み=ミーハー」の3つのうち、少なくともひとつは当てはまるという。

中居自身は、普段は"ナルシスト"ではないものの、ライブなど「自分に酔わなきゃいけない」場面では意識して自分をコントロールしていたそう。また、ビートたけし、タモリなど自分がこの世界に入る前からテレビで見ていたタレントや歌手と共演すると"ミーハー"心が出てくるという。とにかくタレントに会える、同じ場所にいることが楽しくてしょうがない、そんなミーハー心があると、「ストレスが溜まらず仕事を楽しくできるのかなって思う」と分析する。

もうひとつの"かまってちゃん"については、自分にはあまりない要素だが、「ポツンとされると寂しい。かまって欲しい人っては向いてるなと思う」と中居。SNSなど様々な発信手段がある今、この気持ちが重要だという。

これを聞いた澤部は、自分には3つ全部当てはまると納得。街中でガラスに映った自分を見てしまう"ナルシスト"な部分、「笑っていいとも!」の打ち上げで共演者と写真を撮ってもらうなど"ミーハー"な部分、また意外にも"かまってちゃん"な部分も持っているという。

元乃木坂46の中田は、アイドルになるという"ナルシスト"な部分に加え、「発信したくて仕方なかった」と、当時はブログ更新頻度がメンバー内1位だったという"かまってちゃん"な部分、また好きな作家が集まる会に一人で参加するなど"ミーハー"な部分もあると告白。

それを聞いた矢作は、「俺、好きな人ほど仲良くなれない人だから」と、"ミーハー"な部分は弱いと自己分析。以前、相方・小木(博明)のフットサルチームとMr.Children桜井和寿のチームが試合をする際に見に来ないかと声をかけられたが断ったというエピソードを。スターをはじめ野球選手やサッカー選手らが、「プライベートでしょうもない下ネタとか言ってたら引くじゃん」と、幻滅したくないから会わないようにしているのだという。

これには中居も同意。野球好きの中居だが、実は現役のプロ野球選手とプライベートでは会ったことがないという。"ミーハー"だと好きな人と仲良くなりたいと近づいていくため、矢作と中居は、そこには当てはまらないという結論に。

モデルとしても活躍する河北は、ランウェイでは「私だけを見て!」と意識的に"ナルシスト"スイッチを切り変えているそうだが、"かまってちゃん"に関しては自他ともに認める「超かまってちゃん」。「末っ子で常に人が周りにいたから一人で何もできない」と、トイレにもマネージャーやスタイリストを連れていき、楽屋でもずっとしゃべっているそう。

真逆なのが中居。楽屋には、メイク、スタイリスト、マネージャーなどスタッフも必要な時以外は入らないそうで、ずっと一人。また、収録前の共演者による楽屋挨拶も「ホント来ないでいただきたい」、さらにドラマの現場で待ち時間に話をするのも「キツいっす」と中居。とはいえ、40歳を過ぎてからは、「コミュニケーションさすがに取らなきゃいけないかな」と考えて周りとしゃべるようになったそう。

この他、高岡、矢作、澤部らも楽屋での過ごし方について話を。おぎやはぎの楽屋では、小木による「オチ言うハラスメント」という遊びをしている!?

最後に、様々な「芸能界で生き残る術」を聞いた中田は「みんな総じて変わってるなとは思いました」と感想を。「僕が一番普通だと思ってます」と言う中居に、河北は「一番変わってます」とツッコミを入れていた。

この他、「最近泣いた話」や「昨日食べたものの話」など、普段のトーク番組では話さないような話題も。この放送は、動画配信サービスParaviで配信中!

tadatadahanasu_20211229_02.jpg
「中居正広のただただ話すダーケ」
【放送日時】2022年1月1日(土)夜10時00分~夜11時30分放送
【出演者】MC:中居正広
ゲスト:高岡早紀、矢作兼、SHELLY、カズレーザー、河北麻友子、小島瑠璃子
MCとしての出演はテレ東では実に25年ぶりだったにも関わらず、謎の時間帯に放送した前回...あれから2ヵ月!元日の夜10時に再び帰って来た!!とはいえ、おしゃべりの内容は日常生活の中の些細な1コマばかり...「靴下はオシュマンズと決めている」「ビックカメラで電池を買う」などとりとめのないことほぼほぼノーカットでお届けします。
公式HP
【公式Twitter】@nakaidake