<独自>米ファイザー幹部 オミクロン株ワクチン「3月にも」<モーサテ>

テレ東プラス

txbiz_202112021130_01.jpg
「オミクロン株」への懸念が高まる中、アメリカの製薬大手ファイザーの研究部門のトップがテレビ東京の単独インタビューに応じました。ファイザーでは現在、オミクロン株に対応するワクチンの開発を進めていて、必要となれば来年の3月中にもワクチンを供給できるとしています。

ファイザーのマイケル・ドルステン最高科学責任者は「オミクロン株の登場を深刻に受け止めるべきだ。従来のワクチンによる免疫反応を回避したり、感染力が高いことへの懸念は増している。先週末から研究所でワクチンの開発を始めた。必要なら100日後には使えるように進めている。新ワクチンのデータを3月中に当局に提出し、すぐに承認されれば3月下旬に供給を開始できる」と、オミクロン株への対応を迅速に進めていることを強調した上で、今後オミクロン株の感染が世界的に拡大するかどうかを見極める必要があると指摘しました。

「オミクロン株の感染が本当に複数の国で拡大するのか、確認する必要がある。同じく免疫反応を回避した変異ウイルス『ベータ株』も南アフリカ以外では広がらなかった。既存のワクチンの追加接種でオミクロン株に対応できるのか、オミクロン株に対応する新たなワクチンが必要なのか12月中に判明するだろう」(ドルステン氏)

Newsモーニングサテライト