坂本龍馬ら幕末の志士ゆかりの料亭でいただく「卓袱料理」とは?

公開: 更新: TBS Topics


柱には龍馬が残したとされる刀痕も

長崎にある「史跡料亭 花月」は、1642年創業の歴史ある料亭。勝海舟や坂本龍馬など歴史に名を遺す人が多く訪れたと言われる、幕末の志士ゆかりの地です。

窓からは美しい庭を一望できる窓からは美しい庭を一望できる

日があるうちからお酒を酌み交わしながら語り合ったとされる部屋の床柱には、坂本龍馬がつけたとされる刀傷が残されています。

坂本龍馬が残した刀痕坂本龍馬が残した刀痕

酔っぱらってふざけた時につけたと言われる、龍馬らしい豪傑なエピソードです。

長崎を代表する郷土料理

花月自慢の「卓袱(しっぽく)料理」は、日本・中国・西洋の食文化が融合した長崎の郷土料理。身分を気にすることなく円卓を囲み、会食を楽しむための料理として、江戸時代から人々に愛されてきました。

卓袱料理卓袱料理

まずは、タイの胸鰭(むなびれ)が入ったお吸い物「五ツ鰭」で、お腹を温めてから次の料理に進めるのが習わし。

五ツ鰭五ツ鰭

続いていただくのは、中国から伝わった「花月角煮(豚の角煮)」。長崎の料理は“甘さが強いほどお客様をおもてなしした”と言われる時代があったそうで、角煮も砂糖多めに入れたダシが特徴です。

豚の角煮豚の角煮

また、南蛮料理「花月バスティー」は、ふかひれとすっぽんのスープを器ごとパイ生地で包んだもの。

花月バスティー花月バスティー

レンゲでパイ生地を割っていただきます。

丁寧に作られたお料理の数々に、会話も弾みそうですね。

お店情報

史跡料亭 花月
長崎県長崎市丸山町2−1
※新型コロナウイルスの影響など、営業状況については事前にご確認ください
※また、緊急事態宣言中のため不要不急の外出はお控えください

PICK UP