生ビールも缶ビールも中身は同じ!「キリン一番搾り」を楽しむトリビア4選

TBS Topics


① 缶・瓶・生ビールで、中身はすべて同じ!?

1990年の発売以来、累計出荷数517億本を超える国民的ビール「キリン一番搾り」(※350ml缶換算。2020年12月放送時)

缶ビール・瓶ビール・樽から注ぐ生ビールと、お好みの飲み方で楽しめる一番搾りですが、実はその中身はすべて同じビールが使われています。

缶・瓶・生ビールで中身はすべて同じ缶・瓶・生ビールで中身はすべて同じ

しかし、サーバーで泡を入れた生ビールはよりクリーミーに感じるなど、味が違うように感じることもあるようです。

② 社員直伝!一番搾りを美味しく飲む方法

キリンの社員がすすめる、一番搾りを自宅で美味しく飲む方法は、冷蔵庫の野菜室で冷やすこと。野菜室で6~7℃くらいに冷やして飲むと、ビールの味を一番楽しむことができます。

一番搾りを冷蔵庫の野菜室で冷やす一番搾りを冷蔵庫の野菜室で冷やす

また、温かいグラスに入れるとビールの温度が上がってしまうため、グラスも一緒に野菜室で冷やすのが美味しく飲むポイントです。

③ 一番搾りのCMは、何故ビールが美味しそうに見える?

役者さんの持つ冷えたビールがとても美味しそうな、一番搾りのCM。

キンキンに冷えた美味しそうな一番搾りキンキンに冷えた美味しそうな一番搾り

その裏には、ビールをより美味しそうに見せるプロである「シズル師」のテクニックがありました。CMで使われる美味しそうなビールは、それによって生まれています。

たとえば、グラスに特殊なスプレーをかけて曇り加工を施すことで、冷蔵庫から取り出したばかりの冷えたグラスを表現。

グラスに特殊なスプレーをかけて曇り加工を施すグラスに特殊なスプレーをかけて曇り加工を施す

実際に冷やしたグラスでは、役者さんが手に持った時に指の跡がついてしまいますが、スプレーの加工なら触っても跡がつきません。

加工したグラスにビールを注ぎ、グラスに水滴を吹き付ければ、キンキンに冷えた美味しそうな一番搾りが完成します。

④ ちなみに…ビール・発泡酒・第3のビールの違いは?

一番搾りをはじめとするビールのほかにも、発泡酒の「淡麗」シリーズや、第3のビール「のどごし<生>」など、様々なアルコール飲料を作っているキリン。その種類は、大麦を発芽させてできる“麦芽”の使用量や、原料の違いで分けられています。

麦芽の使用量や原料の違いで分類麦芽の使用量や原料の違いで分類

ビールは、麦芽の使用量が50%以上というのが条件。一方で発泡酒は、麦芽の使用量が50%未満のものを指します。
第3のビールは大きく分けて2つあり、1つは麦・麦芽以外を原料としたもの。もう1つは発泡酒にスピリッツなどのアルコールを加えたものです。