【超一流料理人直伝】ブリの簡単アレンジレシピ3選

公開: 更新: TBS Topics


① 10分でできる!ブリ×トマトの簡単リゾット

「ブリと生米のリゾット風」は、ブリと相性抜群のトマトを使ったレシピ。リゾットは通常20分以上かかる料理ですが、お米を茹でる工夫で時短。およそ10分で作ることができます。

ブリと生米のリゾット風ブリと生米のリゾット風

ミシュランビブグルマンに5年連続で選出された「リストランテ コルテジーア」の、江部敏史シェフが考案しました。

材料(1人分)

・ブリ(切り身) … 1切れ
・米 … 60g
・塩 … 大さじ1
(米を茹でる際に使用)
・オリーブオイル … 大さじ3
・ニンニク … 1片
(潰したもの)
・ミニトマト … 5個
・小麦粉 … 小さじ1
・水 … 80cc
【仕上げ用】
・塩 … ひとつまみ
・オリーブオイル … 適量
・黒コショウ、パセリ … 各少々

作り方

1. ブリの切り身は皮を引いて中骨を取り、一口サイズにカットします。5秒ほど塩茹でしたら身が硬くならないよう、すぐにザルにあげます。ブリを塩茹ですることで臭みを取り、身がふんわり仕上がります。
2.  沸騰したお湯に塩(大さじ1)・米を入れ、11分茹でます。
3. フライパンにオリーブオイル(大さじ3)・ニンニクを入れて火をつけます。フライパンを斜めに傾け、ニンニクを裏返しながら弱火で3分火を入れます。ニンニクがきつね色になったら取り出します。

フライパンを斜めにフライパンを斜めに

4. 3のフライパンに、塩茹でしたブリと半分に切ったミニトマトを入れて炒めます。トマトがしんなりしてきたら小麦粉・水を入れ、とろみがつくまで煮詰めます。
5. 2の米が茹で上がったらザルにあげてからフライパンに入れ、お米とソースを箸でよく絡めながら炒めます。このとき、ミニトマトをいくつか潰すとジューシーさがアップします。

ミニトマトをいくつかつぶすミニトマトをいくつかつぶす

6. 器に盛り、仕上げに塩(1つまみ)・オリーブオイル(適量)・黒コショウで味を調え、刻んだパセリを散らしたら完成です。

トマトは焼くことで酸味を飛ばし、旨味が立ちます。味付けは塩だけとは思えないほど深みのある美味しさで、パクパクいただける絶品リゾットです。

② おしゃれな絶品カルパッチョ

スーパーで売られているお刺身をアレンジした「ブリと千枚漬けの絶品カルパッチョ」は、ブリと千枚漬けの相性を楽しめる、おしゃれな一品。

ブリと千枚漬けの絶品カルパッチョブリと千枚漬けの絶品カルパッチョ

熟成寿司の名店「蔵六雄山(ぞうろくゆうざん)」の店主で、超一流寿司職人の小高雄一氏が考案したレシピです。

材料(1人分)

・ブリ(刺身) … 6切れ
・カブの千枚漬け … 6枚
・乾燥昆布 … 2枚
・酒 … 適量
・塩 … 少々
・黒コショウ … 少々
・オリーブオイル … 適量
・サラダ菜 … 1枚
【味変ソース】
・練り梅
(チューブ)、酢、砂糖、サラダ油 … 各小さじ1

作り方

1. 酒を含ませたキッチンペーパーで昆布の表面を湿らせてから、塩を振りかけます。
2. 1の上にブリを並べ、ラップで包んで15分程度冷蔵庫で寝かせます。昆布じめにすることで、魚の旨味(イノシン酸)に昆布の旨味(グルタミン酸)が合わさり、抜群の美味しさに。

ブリを昆布じめにブリを昆布じめに

3. 2のブリの上に千枚漬けをのせて器に並べ、塩・コショウ・オリーブオイルをかけます。ちぎったサラダ菜を散らせば完成です。

梅の酸味がブリの甘味と絶妙にマッチ梅の酸味がブリの甘味と絶妙にマッチ

チューブの練り梅・酢・砂糖・サラダ油を混ぜ合わせたソースで、“味変”するのもおすすめ。梅の酸味が、ブリの甘味と絶妙にマッチして、さっぱりといただけます。

③ 赤ワインソースでフレンチ風に!

ふっくらとしたブリに、赤ワインを使用した万能ソースを合わせた「ブリの照り焼き風赤ワインソース」。

ブリの照り焼き風赤ワインソースブリの照り焼き風赤ワインソース

2年連続ミシュラン二つ星に選出された、「浅草 ナベノ-イズム」渡辺雄一郎シェフのレシピです。

材料(1人分)

・ブリ(切り身) … 1切れ
・塩、黒コショウ、砂糖 … 各適量
・バター … 10g
【赤ワインソース】
・赤ワイン … 45cc 
・ハチミツ、みりん、酒 … 各大さじ1
・酢 … 小さじ1
・醤油 … 大さじ1強
・ショウガ
(チューブ)、ニンニク(チューブ) … 各小さじ1/2
・片栗粉 … 小さじ1/2
・黒コショウ … 適量

作り方

1. ブリの両面に、塩・黒コショウ・砂糖を振っておきます。砂糖を加えることで、味が染み込みやすくなり、魚の臭みも抜ける効果が。
2. ボウルに赤ワインソースの材料を入れて、混ぜ合わせます。
3. フライパンにバターを入れ、火をつけて軽く焦がしてから、ブリの両面をさっと焼きます。バターを焦がすことで香ばしい風味がプラスされます。
4. 3に、2の赤ワインソースを加えてひと煮立ちさせたら弱火に。身がふっくらと仕上がるよう、スプーンでソースをブリにかけながら中までじっくりと焼いたら完成です。

スプーンでソースをかけるスプーンでソースをかける

ハチミツを加えた甘酸っぱいソースが、脂の乗ったブリの美味しさとベストマッチ。赤ワインソースは、サーモンや鶏肉、豚バラ肉などに合わせても美味しくいただけます。


1/1(金) の『ジョブチューン

ジョブチューン

土曜よる8:00~

 

PICK UP