サンジャポのTBSアナウンサー山本里菜がSDGsについて考える

公開: 更新: TBS Topics


国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標SDGs。昨今ではその動きが活発化しています。

その中、TBSは報道機関として、SDGsメディア・コンパクトに加わり、SDGsの目標達成に向けた参画の拡大を呼びかけており、11月23日から『地球を笑顔にするweek』と題してSDGsキャンペーンを実施。キャンペーンサイトの中で、17人のTBSアナウンサーたちがそれぞれの等身大でSDGsを考えています。

『サンデー・ジャポン』や『爆笑!THEフライデー』などの番組を担当している山本里菜が考えるSDGsとは。

山本里菜が考えるSDGsゴール5との接点

SDGsゴール5は、男女間の格差をなくし、あらゆる形態の女性に対する差別をなくすことが目標です。山本アナは、こう語ります。

『私自身が女性社員として、TBSで働いていますので、このSDGsゴール5は他人事ではありません!アナウンサーという職種は少し特殊かもしれませんが、女性比率は他の部署と比べると高いかも。この前数えたんですが、私たちの部署では半分以上が女性でした。この数だけ見るとSDGsゴール5が実現できている…?でも、会社全体を見るとそうではなく、まだまだ女性が少ないのが実情かと。日本全体だとさらに、ですよね。女性がもっと活躍できる会社になればいいな!』

番組収録の中で。山本里菜番組収録の中で。山本里菜

山本里菜が考える、自分にできるSDGsゴール5

山本アナは、女性としてもっと活躍できる人になる!と宣言。続けて、『会社の中でも女性の活躍を推進できるようにするために、もっと私も手本となれるよう頑張りたいです!もし一人だけでは難しくても、後輩や先輩を巻き込んで頑張れば意識もきっと変わるはず!そんな推進役になれればなと思います。』と自分にできるSDGsゴール5案を話してくれました。

山本里菜が考える、自分にできるSDGs山本里菜が考える、自分にできるSDGs

TBSの『地球を笑顔にするweek』は、11月23日から29日まで。
詳細はキャンペーンサイトで見ることができます。

 

PICK UP