カリスマトレーナーが伝授!ウエストに効く「テニスボールエクササイズ」

公開: 更新: TBS Topics


ウエストシェイプに効くテニスボールを使った最新エクササイズを、これまで60万人以上を指導してきた「STUDIO Apro」のカリスマパーソナルトレーナー・KAORUさんに教えてもらいました。

ウエストシェイプに効く!テニスボールダイエット

エクササイズは、テニスボールを使って筋膜を緩め、伸ばすもの。“骨格を整える・代謝がアップ・血液やリンパの流れが改善する”など、さまざまな効果が得られるといいます。

① 足裏

まずは足裏の筋膜を緩める「足裏リリース」。
足の指でボールをつかみ、指先からかかとまで、指の骨に沿うようにボールを転がします。

「足裏」「足裏」

この動作を「親指→人差し指→中指→薬指→小指」の順で、各10往復ずつ、両足で行います。足首が柔らかくなると、骨盤の位置が変わるそうです。

② ふくらはぎ

続いて、“第二の心臓”ともいわれる「ふくらはぎリリース」。
足先を真後ろに向け、かかとの上に座骨がのるようにして正座します。この時、足を重ねたり、かかとが横に倒れないよう、気を付けましょう。

足先を後ろに向けて座る足先を後ろに向けて座る

次に「膝の裏」にボールを挟み、かかとを倒さないようゆっくり座ります。同様の動作を「ふくらはぎ→アキレス腱のある足首より上部」の順に行います。

アキレス腱より手前にボールを挟むアキレス腱より手前にボールを挟む

反対の足も、同じように3か所行います。ふくらはぎが硬いと重心が下に引っ張られ、お腹が出やすいそうです。

③ お尻

最後は、お尻の筋肉のこりをほぐす「お尻リリース」。
足を前に伸ばして座り、右側のお尻の下にボールを置きます。

ボールをお尻の下にボールをお尻の下に

右足を横に倒し、左足の膝を立て、お尻をボールの上にのせます。

右足を横に倒す右足を横に倒す

お尻の下でボールをスライドさせます。

右肘を床についてさらに姿勢を低くし、お尻の下でボールをスライドさせます。

肘をついて姿勢を低くする肘をついて姿勢を低くする

左側のお尻も、同様に行います。

①~③が終わったら「くびれストレッチ」。立って頭の上に両腕をまわし、上半身を左右に倒してウエストを伸ばし、骨盤を整えます。

30分間のエクササイズで、早速ウエストシェイプに効果が出た方もいるそうです(※効果には個人差があります)。テニスボールで気軽にできるエクササイズ、是非おうちで試してみてください。

スポット情報

STUDIO Apro
渋谷区神宮前4-19-8 アローラプラザ原宿211号室

PICK UP