“魔性の女”が苦戦!?新木優子「憧れの楽器」フルートを手にして思うこと

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送中。天才指揮者だったが、“ある事件”のせいで家族も音楽も失った主人公・夏目俊平(西島秀俊)と、そんな父親を拒絶し、音楽を嫌う娘・夏目響(芦田愛菜)が、地方オーケストラ・晴見フィルハーモニーを通して、失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく、アパッシオナート(情熱的※)なヒューマンドラマだ。

今回は、恋愛絡みで数多のオケをクビになってきたプロのフルート奏者・倉科瑠李を演じる新木優子に、フルートの魅力やドラマの注目ポイントを聞いた。

※【アパッシオナートとは】〈イタリア〉appassionato)音楽の発想標語の一つ。「熱情的に」「激しく」の意。(大辞林第4版より)

演奏シーン後の雰囲気は、ドラマのクランクアップばり!?

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――オファーがあった時の心境はいかがでしたか?

日曜劇場に参加させていただけるということが素直に嬉しかったです。私は学生時代に吹奏楽部に所属していたのですが、その時、フルートは演奏できなかった憧れの楽器でした。それをまさか役で演奏する機会をいただけるなんて。

台本は登場人物のかけ合いがとても面白くて。繊細な家族の話や、思春期の話、誰もが経験したことのあるような感情が丁寧に描写されていて、とても心を動かされました。

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――憧れていたフルートへの思いを聞かせてください。

フルートは、気品溢れる魅力を持つ楽器です。私は学生時代、トランペットを吹いていたのですが、フルートは押さえなくてはいけないキイの数も違いますし、一息で吹き切る呼吸の量も違います。トランペットは管が巻いているので息が滞在する時間が長く、私には吹きやすかったのですが、フルートは吐いた息がストレートに音になって出てしまうので、最初は息の調節にかなり苦戦しました。

本当にテクニックが必要で大変な楽器なんだということを身にしみて感じています(苦笑)。

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――倉科瑠李はどんなキャラクターですか?

瑠李のテーマ曲は「カルメン」。とても情熱的な性格の女性です。陰で猛特訓をしていても、その努力は人に見せない強気な性格で、鎧をまとっているようなイメージです。

ただ、恋愛になると、狙った獲物は逃さない一面があります。そのうえ自分にその気がなくても、相手が勝手に誘惑されてしまうという不思議な魅力を持ち合わせていまして…それが理由で“オケの調和を乱す”と言われてしまいます(苦笑)。実は不器用なところも瑠李らしさだと思って演じています。

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――ドラマの注目ポイントを教えてください。

晴見フィルの演奏シーンは一番観ていただきたいところですね。撮影現場では、皆さん1人ひとりの練習した成果が垣間見える瞬間が何度もあって、演奏シーンが終わった後はクランクアップなのかと思うくらいの達成感があり、みんなで盛り上がっています。

あとは、みんなの憩いの場として瑠李も入り浸っている「うたカフェ二朗」でのシーンも、賑やかで面白いシーンばかりです。西田敏行さん演じる小村二朗とのやりとりにもぜひ注目してほしいです。

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――主演の西島秀俊さんの印象はいかがですか?

西島さんもたくさん指揮の練習をされたと思うのですが、こういう指揮者がきっといるのだろうとすぐイメージできるぐらい、本当のマエストロのようです。迷いがなく、本当に気持ち良さそうに指揮棒を振っていらっしゃる姿がとても清々しくて。演奏シーンでの一体感は西島さんの指揮から生まれています。西島さんが演じる俊平は人間味に溢れていて、無邪気なところもありつつ、しっかりと人を見て長所を引き出してくれる人物です。

そんな俊平を巻き込んで、恋の火花がバチバチする場面もあるので、ぜひそこもお楽しみに。

日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』新木優子インタビュー

――視聴者の方々にメッセージをお願いします。

家族、仲間、登場人物たちみんな人間味があって魅力的です。視聴者の皆さん自身に重なる登場人物もいるのではないでしょうか。温かい気持ちになれる作品なので、見守っていただけると嬉しいです。

毎回の演奏シーンも豪華でとても華麗で、聴き応えがありますので、ぜひドラマとともに存分に鑑賞していただきたいと思います。

狙った獲物は逃さない魔性の女が俊平にロックオン。今後、どんな恋模様が展開されるのか。そんな“こじらせ女”を演じつつ、憧れていたフルートを優雅に演奏する新木の変貌ぶりにも注目だ。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP