玉山鉄二“団長”が「まるで部活」という晴見フィルの舞台裏とは?西島秀俊や宮沢氷魚の印象は…

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送中。天才指揮者だったが、“ある事件”のせいで家族も音楽も失った主人公・夏目俊平(西島秀俊)と、そんな父親を拒絶し、音楽を嫌う娘・夏目響(芦田愛菜)が、地方オーケストラ・晴見フィルハーモニーを通して、失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく、アパッシオナート(情熱的※)なヒューマンドラマだ。

今回は、晴見市役所観光課の職員にして晴見フィルの団長ということで、廃団という現実に直面し、思い悩む古谷悟史を演じる玉山鉄二に、担当するファゴットや撮影現場の雰囲気などを聞いた。

※【アパッシオナートとは】〈イタリア〉appassionato)音楽の発想標語の一つ。「熱情的に」「激しく」の意。(大辞林第4版より)

“みんなを支えたい”という気持ちを大切に。視聴者の活力になれたら嬉しいです

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――オファーが来た時はどんなお気持ちでしたか?

最近はニヒルな役、悪役のようなキャラクターが続いた中、こういう誠実で心優しい役でオファーをかけてくださったことにとても驚きました。それと同時にどう古谷を演じようかという楽しみも膨らみ、とにかく嬉しかったですね。

台本を読んだ時も、本当にほっこりしました。懐かしさを感じさせてくれるコメディーでとても楽しみな気持ちになりました。

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――撮影現場の雰囲気をお聞かせください。

とても雰囲気がいいです。森大輝役の宮沢氷魚くんもそうですし、内村菜々役のリンクマ(久間田琳加)ちゃんも、僕がアドリブでいろいろくだらないことをやるといつも楽しく反応してくれます(笑)。

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――演奏シーンについてはいかがですか。

僕が担当している楽器はファゴットです。低音から中音を担当するファゴットは、オケを下支えする楽器なので、僕自身、団長役ということもあり、“みんなを支えたい”という気持ちで演奏しています。撮影現場でも、演奏で参加している(晴見フィルのオーケストラ役の)学生さんたちに、ファゴット奏者らしい仕草などいろいろとアドバイスをもらっています。

どの楽器も難しく、出演者の皆さんもとても真面目に練習されています。オーケストラのシーンにもそれがにじみ出ているのではないでしょうか。全員で作品を作り上げているという感覚がして、とても居心地の良い撮影現場です。

ある演奏シーンの撮影が終わった瞬間、自然と拍手が巻き起こったことがありました。皆さんとても清々しい顔をされていて。その時、学生時代に部活動で勝った時や、目標に辿り着いた時の感覚を思い出しました。この歳でそういう経験ができるとは思いませんでしたね。

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――西島秀俊さんの印象はいかがですか?

とにかくかっこいいですね。スタイルもいいし、背も高いし。それだけではなく、俊平が持っている優しさや、“晴見フィルのみんなと前に進んでいきたい”という思いが、西島さんの指揮にも出ていると思います。だから西島さんのリードで、僕たちも一緒に前に進んでいく、人が再生していくストーリーを体感することができて、とても心地がいいです。

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――玉山さんから見た注目シーンを教えてください。

古谷が廃団寸前の晴見フィルを守るために、必死にもがいてる姿が、時にはコミカルに、時には感動的に見えるので、そうした古谷の抑揚を皆さんに観ていただけたら嬉しいです。

日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』玉山鉄二インタビュー

――視聴者の方々にメッセージをお願いします。

廃団寸前のオーケストラがどうなるのか、そして天才指揮者の俊平と家族は再生するのか。いろいろな壁にぶち当たり、その都度、壁を乗り越えていく登場人物たちの成長する姿を温かく描いた作品です。本作を観てくださる皆さんが、月曜の朝からお仕事や勉強を頑張るための活力になったらいいなと思っています。

廃団寸前の晴見フィルをどうにか存続させようと東奔西走する心優しき団長・古谷。一方で、何やら俊平の妻・志帆(石田ゆり子)との関係も今後が気になるところ…。本人も言っていたように近年ニヒルな役が多かったという玉山の変貌ぶりに、SNSでは「まるで別人やん!」「冴えない公務員が玉山鉄二だと分かった時の驚き オーラ消しまくり」など驚く声があがっている。ファゴットを手に穏やかで、時にコミカルに慌てふためく玉山のレアな演技も見どころだ。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP