昭和世代は「肩パッド」と「チェック柄」にこだわり!平成・令和生まれは「ググって」「エゴサ」!?金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』制作発表レポート

公開: 更新: TBS Topics


1月26日よる10時から宮藤官九郎が脚本を手掛ける金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』がスタートする。小川市郎(阿部サダヲ)がひょんなことから1986年(昭和61年)から2024年の現代へタイムスリップ! ところが昭和のおじさんは、令和では不適切とされるコンプライアンス度外視の言動を炸裂する。しかし市郎の極論は、コンプラで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていくことに…。昭和と令和を行き来することで、出会う人々との絆を描く、まさに“意識低い系”のタイムスリップコメディである。

今回は、冬晴れとなった1月19日(金)、TBSテレビ赤坂サカスの広場前で行われた制作発表の様子をレポートする。

1980年代のファッションのキーワードは“多様性”!?

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

オープンステージで待ち受ける観客の前に登場したのは、なんと劇中で登場する「工大正門前行き」の路線バス! バスに乗車しているのは本作の阿部サダヲら出演者たちと脚本を担当した宮藤官九郎。盛大な拍手と大きな歓声に迎えられた出演者たちがバスから降り、ステージに登壇するとさらに大きな歓声が! それもそのはず、1980年代のファッションを身にまとっていたのだ。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

主演・阿部サダヲは爽やかな緑のダブルのソフトスーツ&オールバックという出で立ち。会見の進行を務めた土井敏之アナウンサーとは同年齢とのことで「’80年代といえばやっぱりダブルスーツですよね」とひと盛り上がり。「どういうふうにドラマを観ていただけるか気になりますが、僕としては楽しいドラマが出来上がったんじゃないかと思っています!」と挨拶した。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

令和の働くシングルマザー・犬島渚を演じる仲里依紗は、ヒョウ柄のボディコン×ピンヒールや手袋などに赤をあしらったド派手なファッションで登場。「皆さんと足並みを揃えたファッションです(笑)。ちなみに肩パッドは控えめに2個、入れています」とコメント。ドラマについては「この時代にあったらいいな、あってほしいなというドラマが完成しました。ドラマを観た方たちが『来週からも頑張ろう』と思えるドラマになっているなと思います」と語った。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

ムッチ先輩こと秋津睦実を演じる磯村勇斗は、全身白のスーツに斜めにかぶった黒のベレー帽という爽やかなスタイルで登場。「’80年代アイドルをイメージしました。僕は(仲とは違い)天然の肩パッドを入れています(笑)」と挨拶から笑いを誘った。そしてドラマについて「あっという間に時間が過ぎてしまうほど、本当に楽しい作品。僕は平成生まれですが、昭和ってこういう時代だったんだと勉強にもなります。昭和と令和のよさがミックスされた切れのあるドラマになってますので、ぜひ楽しんでいただきたいなと思っております」とドラマについて語った。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

続いては、市郎の娘・純子を演じる河合優実。ロックなヘアスタイル×デニム素材のセットアップで登場した。「この場を借りて、普段できないようなコーディネートをさせていただきました」とコメント。そして「このドラマは、“言ってほしかった”ということを、口に出して言っている作品です。笑いながら観て、すっきりしていただけるんじゃないかと思っています。令和らしくエゴサするので、ぜひ感想をつぶやいてください」と笑いを誘った。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

令和の中学生で、昭和にタイムスリップした向坂キヨシ役の坂元愛登は、1985年に上映され世界的に大ヒットしたアメリカ映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、マイケル・J・フォックスが演じた主人公の少年の服装をイメージ。代表的な赤いダウンベスト×デニム姿に中学3年生の坂元はピンときておらず、「マーティ(マクフライ)をイメージしたそうです」とコメントするのみ(笑)。「毎日楽しく撮影できています。皆さんがどんな感想を持たれるのかすごく楽しみです。絶対に退屈しないドラマだと思いますのでぜひ観てください」とフレッシュにコメントした。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

そしてキヨシの母で社会学者の向坂サカエを演じる吉田羊は、キュートな赤のタータンチェック柄のコートを着用。「’80年代当時、チェッカーズ(チェック柄モチーフの衣装を着た男性7人組ロックバンド)の大ファンで、赤のタータンチェックの洋服をよく着ていましたので、今回もコーディネートに取り入れました」。と当時のエピソードとともに解説。また「最初は、“本当にこんなことを言って大丈夫なの!?”と驚くような表現もたくさんありますが、おそらく2話以降はそれが癖になる…というよりも、それを楽しみにドラマをご覧いただけるのではないかと期待をしております」とユーモアたっぷりに語った。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

そして最後に登壇したのは、本作の脚本を担当する宮藤官九郎。ファッションについてはあまり詳しくないようで「’80年代にもいろいろなファッションの人がいました。…“多様性”ということで(笑)。今日はチェックのシャツをケミカルウォッシュのデニムにインしました」と、ドラマの中に登場するキーワードを使いつつコメント。またこのドラマの発想について「50歳を過ぎて、我々の世代が観て笑えるコメディ作品を自分でつくりたいなというのが最初の発想。我々の世代には届くと思うんですが、若い人たちに楽しんでもらえるかどうか不安だったんですけど…(観客から大きな拍手があがり)大丈夫そうですね。引き続きよろしくお願いします」。

分かる人には分かる!?阿部サダヲこだわりの役作りポイントが発覚!?

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

“昭和のおじさん”を演じる上での役作りのポイントを聞かれた阿部からは、「必要なさそうなので、もう切っちゃったんですが、最初は小指の爪だけ伸ばしていました」と、斜め上からのコメントが飛び出した。「分かる人にだけ分かればいいんですけど、昔のおじさんって、小指の爪で何かやる人が多かったんですよ」。大人世代の吉田と宮藤がその話に反応し、宮藤は「耳をほじるとか、伸ばした小指の爪を便利に使っていましたよね」とコメント。阿部、宮藤とは同い年だという土井アナウンサーも「小指の爪は道具でしたね!」と笑顔で話し、“昭和のおじさんあるある”を懐かしんでいた。

河合が演じる純子は、スケバンの女子高生。阿部が演じる父親との激しい掛け合いはドラマの見どころのひとつだ。河合自身は、昭和について知らないことが多かったようで「話し方などは、’80年代のドラマなどを観て勉強しました」とのこと。しかも脚本に登場する’80年代の固有名詞には特に苦労したそうで「全部ググって細かく調べました(笑)」。昭和世代にとっては懐かしい語彙の数々も、20代の河合にとっては難題でもあったようだ。

吉田は、頭の回転が速く、捲し立てるように話すサカエを演じるにあたり「毎回、緊張感の高い中でセリフを言っています。捲し立てるようなセリフは、完璧に覚えて現場に入っても、本番になるとパンと飛んでしまいがち。なので今回はNGも何度か…」と告白。しかも、相手を論破するシーンが多いため「相手がいつもおびえた子犬みたいな顔をしていらっしゃるのが申し訳ないなという気持ちです」とコメントした。

市郎と渚の関係性の謎を解くヒントは、「血液」!? 

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

会見中には、オリジナル脚本である本作を楽しむうえでの“ヒント”がいくつか飛び出した。

まず仲から挙げられたのは市郎と渚の関係を解くためのキーワード。ネタバレにならない範囲でのヒントを…という司会者からの無茶振りに、仲が出したヒントは「Blood系!」。
その絶妙なヒントには宮藤も笑顔に。ちなみに阿部からは「(渚とは)恋もしたいなと思います」というオーダーも飛び出していた。

また放送前の予告映像にある、阿部と磯村の“両手を広げて歌っているシーン”についても質問が及んだ。阿部からは「磯村くんは、苦情が来るくらい歌の練習をしたらしいですよ」というタレコミが!? 磯村も、「ほかの方に迷惑をかけてしまうぐらい、練習をし過ぎました。それぐらい気合の入ったシーンでもあります」とのこと。練習をしているのは仲も同じで、「私は昨日もお風呂で自主練。家族から“また歌ってる!”と言われました(笑)」と明かした。
ちなみにこのような歌のシーンはほかの出演者にもある!? 吉田から「カラオケのシーンではないということ、それぞれ音源をいただいて練習するほどの歌であるということ。そしてちょっととぼけた歌詞もありますけれど、旋律が素敵なのでつい口ずさんでしまうような曲」との有益情報も寄せられた。

そして宮藤は、ドラマ全体に関するヒントを話してくれた。
「この作品には、毎話“◯◯しちゃダメですか?”というサブタイトルを付けました。たとえば第1話のサブタイトルは“頑張れって言っちゃダメですか?”。なぜ、昭和ではよく言われていた“頑張れ”という言葉は、いつの間にかダメと言われるようになってしまったのか。そんな、“なんでダメなんだっけ?”を考えるドラマにしたいなと思ったんです」と、一見笑い満載のコメディ作品だが、昭和の“当たり前”が令和の“不適切”!?という問題提起が隠されていることが判明した。

『不適切にもほどがある!』制作発表会見『不適切にもほどがある!』制作発表会見

その後も、SNSで「#ふてほどキャストに聞きたい!」で募集した相談に出演者が回答するコーナーで盛り上がるなど、キャストと観客たちは楽しい時間を過ごした。
最後に行われたのは、出演者たちがバスの前でポーズを決めるフォトセッション。手でつくったバツを口の前に当てた「ちょめちょめポーズ」での撮影中には、客席からも「かわいい!」との声があがった。

昭和を知っている人も、知らない人もクスっと笑えて楽しめる金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』。ドラマを観たらきっと、いろいろな世代の人たちと語り合いたくなるに違いない!

■番組概要
[タイトル]
金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』
[放送日時]
毎週金曜よる10時~10時54分
※初回15分拡大スペシャル

PICK UP