石田ゆり子も惚れ込んだチェロの音色。実は人間の声に近く、奏者は人懐こい人が多い!?

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送中。天才指揮者だったが、“ある事件”のせいで家族も音楽も失った主人公・夏目俊平(西島秀俊)と、そんな父親を拒絶し、音楽を嫌う娘・夏目響(芦田愛菜)が、地方オーケストラ・晴見フィルハーモニーを通して、失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく、アパッシオナート(情熱的※)なヒューマンドラマだ。

第2話では、俊平の音楽に対する純粋な思いが、自分を取り巻く環境に絶望し、音楽活動を辞めていたチェリスト・羽野蓮(佐藤緋美)の心に、再び情熱の火を灯した。

東京音楽大学の協力のもと、オーケストラの構成する楽器の魅力を紹介していく本コーナー。今回は、劇中で蓮が軽やかに弾きこなした弦楽器「チェロ」の魅力を、東京音大の卒業生で、撮影現場にも帯同しているチェリスト・佐藤実樹氏に伺った。

※【アパッシオナートとは】〈イタリア〉appassionato)音楽の発想標語の一つ。「熱情的に」「激しく」の意。(大辞林第4版より)

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)

チェロはオーケストラにおけるマルチプレーヤー!

『さよならマエストロ』の制作発表で石田ゆり子さんがコメントしていたように、チェロの“音が好き”という方がとても多く、私自身もそこに魅力を感じています。チェロの音は“人間の声に近い音”とも言われているんです。

音域が広く、メロディーラインを弾くことも、他のメロディーをフォローすることもあるので、いろいろな楽器とアンサンブルを組めるところもチェロの醍醐味ですね。どんなポジションでもこなす“マルチプレーヤー”と言えます。

第2話で晴見フィルハーモニーが演奏した『ウィリアム・テル序曲』冒頭のチェロ5本によるアンサンブルは、ぜひ配信でもう一度聴いていただきたいです。

また、他の楽器とタッグを組むことが多いので、初対面の奏者と打ち解けやすいのはチェロ奏者の特徴かもしれません。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)

チェロを弾きこなす蓮はかなりのキレ者!?実は弾きこなすのが難しい楽器

マルチプレーヤーだからこそ、演奏中に自分の役割を常に把握しておく必要があります。今はどの楽器を引き立てるべきか、他の楽器をしっかりエスコートできているのか。チェロの役割は時と場合によって絶えず変化していきますので、一瞬一瞬の変化を逃さないように頭をフル回転させていなければなりません。

でも、そう心がけていながらも、実際に演奏すると、どうしても考えていることとの誤差が生まれてしまうことが多いです。なので、その誤差を埋めるため、自分の意図した音が自在に出せるように、日々の練習で身体の使い方、神経の使い方、脳内の整理、それらすべてに気を配っています。

こうした“配慮”が難しい楽器なので、“16歳でCDデビューした”という蓮さんは相当頭の回転が速い方なのだと感じました。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)

チェロの魅力は全身に伝わる温かく豊かな音

私は元々バイオリン奏者だったのですが、入ったオケのチェロ奏者が辞めてしまったことがきっかけでチェロを弾くことになりました。初めて弾いた時の音は今でも忘れられません。

チェロはバイオリンよりも大きく、身体に添わせるように構えて演奏する楽器なので、温かく豊かな音が直接全身に伝わってくるような感覚がありました。それ以来、チェロの魅力にすっかり取り憑かれています。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(チェロ)

どんな楽器ともコラボできる懐の深さも

オーケストラでは、曲の中で別々に動いているパートが合流するポイントがあり、そこで奏者同士の息が合った時はとてもゾクゾクする瞬間です。いろいろな楽器との組み合わせがあるので、本当に奥深い楽器だなと思います。

個人的にはチェロとホルンとの、深い音色を担当する弦楽器と金管楽器の組み合わせが大好きで、これから蓮さんがどんな楽器と組むのか楽しみです。

その日の自分のコンディションを測るためにも毎日の基礎練習は欠かさないという佐藤氏。「辞めた」と言いながらも練習を欠かさなかった蓮が、これから晴見フィルでどう関わっていくのか。ドラマの展開だけでなく、チェロのアンサンブルも必聴だ。

佐藤 実樹(さとう みき)
8歳よりチェロを始める。第73回全日本学生音楽コンクール全国大会入選。秋吉台の響き2019室内楽セミナー、Wolfgang Swallisch Musikakademie 修了。東京音楽大学より奨学金を得て独・バイエルン州立青少年オーケストラに参加。これまでにチェロを苅田雅治、山本裕康、Clemens Weigel、遠藤希の各氏に師事。東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学を卒業。卒業時、同大学主催卒業演奏会に出演。同大学大学院研究科を修了。在学中より室内楽やオーケストラを中心に精力的に活動している。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP