トラウマになるほどの重責が!?東京音大に聞くティンパニの繊細な役割と魅力

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送中。天才指揮者だったが、“ある事件”のせいで家族も音楽も失った主人公・夏目俊平(西島秀俊)と、そんな父親を拒絶し、音楽を嫌う娘・夏目響(芦田愛菜)が、地方オーケストラを通して、失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく、アパッシオナート(情熱的※)なヒューマンドラマだ。

第1話では、高校時代のミスがトラウマとなって自信を失っていた内村菜々(久間田琳加)に、優しく寄り添った俊平。ベートーベンの『運命』の解釈を交えながら、菜々に勇気と自信を与えた。

本コーナーでは東京音楽大学の協力のもと、オーケストラを構成する楽器の魅力を紹介していく。今回は、菜々が担当する打楽器「ティンパニ」にフォーカスを当てる。

※【アパッシオナートとは】〈イタリア〉appassionato)音楽の発想標語の一つ。「熱情的に」「激しく」の意。(大辞林第4版より)

オーケストラ全体の質を大きく左右するティンパニ

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)

菜々がずっと憧れてきたティンパニという楽器の特徴

本作の中で久間田琳加演じる内村菜々が担当するティンパニは、フェルトなどでできた丸いヘッドがついたマレットと呼ばれるスティックで叩いて音を鳴らす、太鼓やドラムと同じ打楽器だ。木琴や鉄琴、(スティックはないものの)シンバルも同じ打楽器に分類される。

そんな打楽器の中にありながら、ティンパニはペダルを踏むことで音程を変えることができるというのも特徴だ。

演奏中は、比較的休みが多く、オーケストラの素晴らしい演奏を特等席で味わうことができるのもティンパニ奏者の特権!?

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)

晴見フィルのようなオーケストラにおけるティンパニの役割とは?

ティンパニは、オーケストラの中で、役割が時と場合によって変わる楽器である。連打をして、曲を盛り上げながら、全体を引っ張っていく時もあれば、全体に混ざって和声(2つ以上の旋律が同時に調和して響くこと)の一部となって音を出し、曲全体を引き締める時もある。

音を出すタイミングがズレるとかなり目立ってしまう楽器であることから、第1話で菜々が吐露した過去のミスが彼女にとって大きな心の傷になったのもうなずける。

また、指揮者に正対する最後列に位置するティンパニは、“第二の指揮者”とも呼ばれている。ティンパニが他の楽器をリードすることもあり、その時は指揮者も特にティンパニに向けて指揮棒を振ることもあるのだ。打楽器群の中の1つの楽器でありながら、想像以上に大きな役割を持っている。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)

菜々も苦戦!?タイミングがかなり難しいティンパニ

いろいろな点で影響力が大きい楽器で、演奏しだいでオーケストラ全体のクオリティーを左右するといっても過言ではない。音がズレるとかなり目立つため、よく指揮を見て、他の楽器の音を聴き分け、しかも音程を変えながら適切なタイミングを狙って演奏しなければならない。とにかく忙しい楽器なのだ。

さらに、オーケストラの最後列に位置していることから、指揮者が棒を下ろすタイミングに合わせて音を出すと、ほんの少し音が遅れて聴こえてしまうので、この微調整がまた難しい。実はティンパニ奏者は指揮棒の動きに完全に合わせるのではなく、少し早めに音を出しているのだ。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)

菜々も魅了されたティンパニの奥深さ

オーケストラは大きい編成になればなるほど同じパートを数人で演奏するが、ティンパニは1人で担当するのが基本である。堂々と構え、大人数をたった1人で引っ張っていく姿は勇ましい。

息を吹き込んで演奏する管楽器だけでなく、どのような楽器であっても、演奏する際には歌う時と同じようにブレス(息づかい)を意識することがとても大切である。

特にオーケストラの中にいるティンパニ奏者は、他の奏者のブレスを感じとりながら演奏することで、彼らの音の出しやすさにもつながってくる。まさにオーケストラにおける“縁の下の力もち”。こうした重責もティンパニの奥深さの1つだろう。

日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)日曜劇場『さよならマエストロ』楽器紹介(ティンパニ)

菜々がより良いティンパニ奏者になるためには?

優れたティンパニ奏者は、マレットのヘッドのかたさや叩く位置によって様々な音色を操り、各オーケストラがもつ独特な音色と、曲にふさわしい音を出すアイデアを多く持っているという。

メロディーを奏でる楽器ではなく、他の楽器に比べれば演奏する音の数が少ないだけに、指揮者の呼吸や、他の楽器が出す音のタイミングを見計らって、絶妙な間合いで音を出すセンスが問われる。そのため、リハーサルの段階で指揮者や他の奏者とのバランスを瞬時に掴む判断力も要求される。

オーケストラは多くの楽器で構成され、どの楽器も欠かせないものである。特に、ティンパニは絶妙な立ち位置でオーケストラを支えつつ盛り上げる立役者だということがわかった。久間田演じる内村菜々のティンパニ奏者としての成長ぶり、そしてティンパニの音色についてもお聴き逃しなく!

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54
※第2話[15分拡大]

PICK UP