アダ名は寒がりマエストロ??『さよならマエストロ』西島と芦田の親子関係とは!?

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは1月14日よる9時から、日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』がスタートする(初回25分拡大スペシャル)。天才指揮者だったが、“ある事件”で家族も音楽も失った父親・夏目俊平(西島秀俊)と、そんな父親を拒絶し、音楽を嫌う娘・夏目響(芦田愛菜)が、地方オーケストラを通して、失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていく、アパッシオナートなヒューマンドラマだ。

今回は主人公のマエストロ・夏目俊平を演じる西島秀俊に、役づくりや現場でのエピソードを聞いた。

1曲1曲、真剣に向き合っています!

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――出演のオファーが来た時はどのように感じられましたでしょうか?

オファーがあった当初、いただいた企画書とプロットだけで本当に感動し、「ぜひこの作品に関わりたい!」と強く思いました。

生きていく中で困難というのは少なからずあるもので、大きな挫折を経験した人たちが、音楽を通してもう一度再生していくという物語が、どこか自分のことのように感じられました。

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――夏目俊平はマエストロという役ですが、演じられて難しい点はありましたか?

自分が指揮者を演じられるのか、いまだに苦労しています。いつまでたっても「できた」とはならないですね(笑)。

先生方に教わっていますが、指揮には基本の形はあるものの、皆さんそれぞれ特徴があり、正解がない世界です。特に音楽監修の広上淳一先生は音楽に対する愛情がとても深い方で、まずは先生の模倣から始め、分析を積み重ねながら、1曲1曲に向き合っています。ただ、他の先生が言うには広上先生は「模倣が世界一難しい人」だそうで(笑)。先生には指揮だけでなく、“表現する”ということも教わっています。

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――実際に指揮台に上がられた気持ちをお聞かせください。

人前は慣れているつもりでしたが、オーケストラの前に立つのは全く別の体験でした。ある先生は「あれ(楽器)は武器だからね」とおっしゃっていて、まさに奏者の武器の前に立たなくてはならないプレッシャーを感じています。実際に指揮棒を振ると不思議な感動がありまして、今、人として素晴らしい体験をしていると感じています。

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――共演者の皆さん楽器の練習をされていますが、撮影現場の雰囲気を教えてください。

共演者は皆さん、真っすぐに楽器や役に向かっていく方ばかりですね。真剣に取り組みつつも楽しんで練習しているので、僕も楽しいです。役に加えて楽器で共鳴し、全員で織りなす音は、このドラマの大きな魅力になっていると現場で感じています。

また、現場にはとても清廉な空気が流れていて、それが僕の役づくりにも大きく作用しています。俊平の純粋さ、音楽に対しての愛情に繋がり、とても無垢な役になったと思っています。

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――娘・響役の芦田愛菜さんの印象はいかがですか?

芦田さんは柔らかくて、真っすぐで、とても強い方。強いからこそ柔らかくいられるのだと思います。撮影では寒かったり、待ち時間が長かったり、正直大変な時もあるのですが、彼女は一切ツラそうな顔を見せません。僕なんかはすぐに「寒い寒い…」と弱音を吐いて、周りから“寒がりマエストロ”というアダ名をつけられてしまいました(笑)。

響は僕の前ではいつも怒っている役なので、僕がいないシーンの撮影で楽しそうにしている姿を見ると、「なんか楽しそうだなぁ」と複雑な気持ちになります(笑)。

うまくコミュニケーション取れない親子関係がずっと続く中、微妙に関係が変化していき、通じ合ったと思ったらまた駄目になる、そんな“揺らぎ”のようなものを、芦田さんと丁寧に演じていきたいと思っています。

日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー日曜劇場『さよならマエストロ』西島秀俊インタビュー

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

困難から立ち直っていく時に、娯楽であったり、音楽であったり、そういうものが大きな力を与えてくれると僕は感じています。このドラマの中で登場するキャラクターは個性的で魅力的で、それぞれが挫折を抱えていて。音楽を通してどう乗り越えていくのか、皆さんに共感していただきたいと思っています。

西島の言葉からも、現場は常に音楽が流れているような和やかな環境だということがわかる。主演として作品全体にタクトを振るう西島の姿にぜひ注目したい。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54
※初回25分拡大スペシャル

PICK UP