加藤茶との結婚で猛バッシングされた加藤綾菜。「壮絶なイジメにあったから頑張れた」と激白

公開: 更新: TBS Topics


ドーナツトーク」とは、女性たちが思いのままに語り合う“令和版 井戸端会議”のこと。今回は、タレントの加藤綾菜さんをゲストに迎えてトークをしました。

バッシングに耐えられた理由に、スタジオメンバー号泣

ドリフターズの加藤茶さんと結婚した当時、世間から猛バッシングを受けていたという綾菜さん。

ドリフターズの加藤茶さんの妻、加藤綾菜さんドリフターズの加藤茶さんの妻、加藤綾菜さん

「(当時)1年ぐらいで旦那の事務所に来たクレームが10万件以上。『財産狙われてるから絶対別れた方がいい』っていう(内容だった)。家の固定電話に毎日いたずら電話があって、それがどんどんエスカレートしていって、ついに家が特定されて。私の自転車ボコボコにされて木に吊るされてたりとか」と語ります。

そんな日々を過ごす中、夫の加藤茶さんは「10年忍耐だから。何か1つのことを10年続けた時にやっと人は認めてくれるから誠実に生きていこう」と言ったそう。

当時の猛バッシングについて語る綾菜さん当時の猛バッシングについて語る綾菜さん

バッシングを受けてもへこたれなかったメンタルは、綾菜さんの過去の経験から培われたものとのこと。実は、中学1年生の時に壮絶なイジメにあっていたといいます。

イジメが明るみになってからは、母親がシングルマザーだったこともあって「学校を休むこと(を選択するの)はやめよう」と考えたとか。

過去にあったイジメの経験を告白過去にあったイジメの経験を告白

その後、お弁当に毎日母親からの手紙が入るようになり、そこには『周りの人にあやちゃん(※綾菜さん)は悪口とか色々言われているけど、ママはそんな風に思っていない。あやちゃんは素晴らしい存在だから』という内容が書かれていたそう。それが1年間続いたといいます。

それについて「それ(母親からの手紙)を見ながら頑張れた。挨拶しても誰も返してくれない中、初めて1人の子が『おはよう』って言ってくれた時に“勝った”と思って。そういうことがあったから、(加藤茶さんとの結婚で)バッシングされても、自分に土台があるから(頑張れた)」と語る綾菜さん。

左から、女優の水野美紀さん、歌手のPORINさんは号泣左から、女優の水野美紀さん、歌手のPORINさんは号泣

話を聞いて、スタジオにいた女優の水野美紀さんと歌手のPORINさんは号泣。

水野さんは「初めて泣いた。ドーナツトークで」と涙をすすりましたが、お笑い芸人のヒコロヒーさんは「泣くような番組じゃない」とすかさずツッコミ。湿っぽくなった空気を、途端に笑いに変えていました。

お笑い芸人のヒコロヒーさんお笑い芸人のヒコロヒーさん

CBCテレビ製作・TBS系列で毎週日曜日に放送中の『ドーナツトーク』では、このほかにもさまざまなテーマで、スタジオの女性陣・ゲスト・ドーナツ会員の女性たちがトークをしています。

CBCテレビ:ドーナツトーク

日曜よる11:30~

 

PICK UP