PodcastやVTuber施策、ラジオ業界のいま

公開: 更新: TBS Topics


ラジオ業界の衰退が不安視されつつある昨今、様々な取り組みを始める企業も。そんなラジオ業界を牽引するTBSラジオは体験型アプリやVTuber施策を始めたり、初の「フェムテック/フェムケアWEEK」を企画したりとさまざまな挑戦を続けています。そこで、これまでのTBSラジオの挑戦を振り返ってみました。音声コンテンツの今に迫ります。

Podcast再生回数は日本トップクラス!その戦略を語る

TBSラジオ井上重吾TBSラジオ井上重吾

世界的なブームに乗って、日本でも徐々に盛り上がりを見せているPodcast市場。実は、TBSラジオはPodcast誕生当初から配信を始めており、当時から世界でトップクラスの配信事業者でした。現在も再生回数は月間2000万回以上、配信業者として日本トップクラスを誇っています。

デジタル音声市場に新たな活路を見出すために、TBSラジオはどんな戦略を考えているのでしょうか。自身もPodcastをきっかけにTBSラジオにハマったという井上重吾に話を聞きました。

ーPodcastは今、世界的なブームが起きています。その理由は何でしょうか?

井上 Podcastは意外と歴史が長くて、2000年代に誕生して最初のブームがありました。今は第2次ブームで、2014年頃からアメリカで「Serial」というドキュメンタリー番組がすごく話題になったんです。その番組は実際に起きた未解決の殺人事件を扱っていて、番組を機に再審するなど社会現象になりました。

そこから、アメリカではSpotifyやAmazonといった大手プラットフォーマーがPodcast市場に参入したり、音声の広告市場が拡大したりと盛り上がりを見せました。

日本でもデジタル音声市場を作っていこうと、ラジオ局やPodcastアプリ事業者、広告代理店などが、今すごく力を入れています。

Podcastのマネタイズとは?

音声を起点としたさまざまなプロジェクトに挑戦

TBSラジオ橋本吉史TBSラジオ橋本吉史

『アフター6ジャンクション』など多数のラジオ番組を手掛けるラジオ界のキーマンの一人、「橋P」こと橋本吉史プロデューサー。番組制作にとどまらず、体験型ラジオアプリ「EAR WE GO!」の開発や、『⾦曜ワイドラジオTOKYO えんがわ』でのVTuber施策にも力を入れてきました。今後さらなるコンテンツ展開に期待が高まります。

音声を起点としたさまざまなプロジェクトに携わっている彼は、どうやって企画を生み出しているのでしょうか。

ー『⾦曜ワイドラジオTOKYO えんがわ』(以下『えんがわ』)のVTuber配信が始まりました。この施策が始まった経緯は?

橋本 VTuberはアニメや声優さんの文脈で語られがちなジャンルですが、顔を出さずに視聴者とコミュニケーションをとるという意味ではラジオに近いコンテンツだと思っていました。

また、TBSラジオでは、すでにラジオの音声をYouTubeで配信していますが、リスナーに音声だけの止め絵の画像を流すことに若干の申し訳なさと、もったいなさを感じていました。そんなとき、ちょうど参加していた「カラーパレット推進室」という社内横断プロジェクトで提案したら、みんながおもしろがってくれて、トントン拍子で実施に至りました。

VTuber施策の第一弾に『えんがわ』を選んだのはなぜ?

初の「フェムテック/フェムケアWEEK」を企画

TBSラジオ長田ゆきえTBSラジオ長田ゆきえ

2023年10月には、初の「フェムテック/フェムケアWEEK」を開催。期間中、女性の生理や妊活、不妊治療、妊娠・出産・産後ケア、婦人科系疾患や更年期症状など、女性特有の体調の変化について、Podcastを含めたTBSラジオのいろいろな番組で取り上げられました。

この企画を立ち上げたのは、自身も不妊治療を経験し、双子の母である長田ゆきえ。その企画意図について語ります。    

ーフェムテック/フェムケアWEEKの企画意図を教えてください。

長田 女性特有の健康課題に関わる話は男性からの理解を深めるためにされがちですが、女性でもわからないことが多いと思うんです。例えば、数年前にあるパーソナリティから「生理中はどうしてもラジオで噛みやすくなっちゃうんだよね」と言われ、すごく驚いたことがあります。というのも、私自身は女性ホルモンによっての体調の変化をあまり感じないので、理解できなかったんです。でも、後日、別の人も同じ話をしていて、本当にあるんだと知りました。

その後、自分が担当してる番組で生理の企画をしたときに、女性リスナーからものすごい量のメッセージが届いたんです。「こんな症状で悩んでます」とか、自分がわからないだけで、重たい症状で悩んでいる人がたくさんいると知り、企画した自分が一番驚きました。

それと、一昨年、自分も不妊治療を経て双子を出産して、もっと多くの人が不妊治療を選択肢に入れられたらいいのにと思いました。不妊治療は特別な人がするものだと思うかもしれないけど、近年は11人に1人は体外受精で生まれた赤ちゃんだというデータもあります。不妊治療を身近に感じてもらうために、ラジオで発信することは大事だと思ったので、今回初めて局をあげてキャンペーンを行うことになりました。

そもそもなぜラジオ業界に入ろうと思ったのか?

ラジオ営業の魅力とは

TBSラジオ平野雅丈TBSラジオ平野雅丈

ラジオといえばコンテンツに目がいきがちですが、社の存続には営業部による営業活動は欠かせません。とはいえ、ラジオの営業職がどんな業務をしているかはあまり想像がつきませんよね。

そこで、2010年入社の平野雅丈にラジオ営業の魅力を聞きました。彼は2022年から人事制度の一環として始まった昇進試験を突破し、2023年7月に営業部長に就任。TBSラジオでは最若手の部長就任となりました。

部長になるまでの経緯から、ラジオ業界を目指す就活生へのアドバイスまで幅広く語っています。

ーTBSラジオに入社した経緯は?

平野 僕は野球に関わる仕事がしたいと思って就職活動をしていました。だから、テレビの技術職も視野に入れていて、TBSテレビを受けたら選考が進んだんです。結局ご縁がなかったものの、面接で話した方々が良い人ばかりだったので、たまたまホームページで見つけたTBSラジオを受けることにしました。正直、野球中継以外のラジオ番組は全然聴いてなかったし、そもそもTBSにラジオがあることもこのとき初めて知りました。

営業成績を上げるための工夫とは

 TBS INNOVATION LAND

PICK UP