『ラーメン赤猫』全国同時放送開始!店長・文蔵役は津田健次郎に決定

公開: 更新: TBS Topics


「次にくるマンガ大賞 2022」Webマンガ部門第5位を獲得した、「少年ジャンプ+」(集英社)にて絶賛連載中の人気コミック「ラーメン赤猫」(著・アンギャマン)。先日、TVアニメ化を発表しているが、12月16日に開催されたジャンプフェスタ2024内のステージプログラムで、キャストと放送時期、制作スタッフについても発表! 2024年7月からTBS系28局で30分枠の全国同時放送することが決定した。

  “ジャンプ+連載争奪ランキング”で1位となりジャンプ+のインディーズ連載を獲得。さらに、2022年に単行本が発売され、30話より通常連載化。異例のスピードでアニメ化まで決まった本作は、猫が営むラーメン屋で働くこととなった主人公の人間・珠子(たまこ)と猫たちとの日常を描いた異色のお仕事物語。猫あるある満載! 人情味溢れ、心温まるストーリーと愛おしい猫たちの姿に悶絶すること間違いなしだ。

茶トラねこの店長・文蔵(ぶんぞう)役が津田健次郎に決定!

16日に開催されたジャンプフェスタ2024にて、茶トラねこの店長・文蔵(ぶんぞう)を津田健次郎が演じることが発表された!
発表に伴い、青いハチマキと店のエプロンを着けた文蔵のキャラクター設定画が解禁。文蔵は「ラーメン赤猫」の店長であり、口数少ない“ラーメン職猫”である。

またTVアニメ化にあたり、監督を清水久敏(『体操ザムライ』「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」監督、『ダンス・ダンス・ダンスール』副監督)、シリーズ構成・脚本を久保亨(アニメ『牙狼- GARO -』シリーズ、『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』『MONSTERS一百三情飛龍侍極』プロデューサー)、キャラクターデザインを千葉道徳(『機動戦士ガンダム00』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『SK∞ エスケーエイト』キャラクターデザイン)がつとめることが発表された。

さらに、アニメーション制作を担うのは、朴性厚(『牙狼<GARO>-VANISHING LINE-』『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』『呪術廻戦』第1期「劇場版 呪術廻戦0」『MONSTERS 一百三情飛龍侍極』監督)率いる新進気鋭のスタジオ「E&H production」。「E&H production」ならではのこだわりとアイデアに期待が寄せられる。

キャスト・スタッフよりコメント到着! ティザーPV&場面写真も公開!

キャスト・スタッフよりコメントが到着。また、ジャンプフェスタ2024のジャンプスタジオ「ラーメン赤猫」ステージでは、原作者であるアンギャマン先生からアニメチームへのエールとイベント来場者への感謝のコメントが寄せられた。

津田健次郎/文蔵(ぶんぞう)役

『ラーメン赤猫』で文蔵を演じさせていただくことを光栄に思います。
独特の世界観、情緒溢れるこの作品を楽しんでいただけるよう頑張ります。
是非観てください。お楽しみに!

清水久敏(監督)

仕事が辛いとき、楽しみにしていた作品が「ラーメン赤猫」でした。 
なんというか元気を貰える作品なのです。 
なので自分の手でアニメを作りたいと強く思っていたところ、
念願叶いアニメ化が決まり、この度、監督を務めることになりました。  
この作品の魅力をいかに漏らさずにアニメに落とし込むか。 
なかなか大変な作業ではありますが、楽しいことでもあります。 現在鋭意制作中です。 
皆さんの期待を裏切らぬように、丁寧に作っていきたいと思っています。

久保亨(シリーズ構成・脚本)

インディーズ掲載が始まったときから欠かさず読んでいた本作。日々の生活で溜まったあらゆる毒素をデトックスしてくれる素敵な漫画。
その大好きな『ラーメン赤猫』に関わらせていただき、とても幸せな限りです。監督を筆頭に関わるスタッフ全員が熱意溢れる方々ばかりです。
気を引き締め、奇を衒わず、しっかりと一杯一杯丁寧に愛情込めて配膳したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

千葉道徳(キャラクターデザイン)

久しぶりの原作もののキャラデザなので新鮮な気持ちで作業しております。
自分の今まで関わってきた作品の方向とは大分違っていて、ある意味ここまでたどり着いたかという感慨もありますが、最後までやり切って初めてそう言えるので、余計なことは考えずに机に向かおうと思います。
消費スピードの速い昨今ですが、しっかりと残る作品となればと。
応援よろしくお願いします。

朴  性厚(E&H production 代表)

いつも仕事に疲れたときに読んで癒やされていた「ラーメン赤猫」。
E&H productionでアニメーション制作ができて大変光栄です。
清水監督含め社内のクリエイターたちが一致団結して、視聴者の心に響く作品を作りたいと思いますので、アニメ『ラーメン赤猫』応援お願いします。私は湯切りに魂を込めます!

原作者からのジャンプスタジオステージでのコメント(全文)

アンギャマン(原作)

ジャンプフェスタ2024にご来場の皆様こんにちは。
「ラーメン赤猫」作者のアンギャマンと申します。
皆様の多くのご声援によって「ラーメン赤猫」のアニメ化が決定いたしました。
「ラーメン赤猫」はジャンプ+インディーズ連載というすこし違った連載形式でスタートしながらも
皆様の応援によりついにはアニメ化されることとなりました。
読者の皆様、ジャンプ+編集部の皆様、担当編集の伊藤さん
心よりお礼申し上げます。
清水監督、津田さんはじめアニメ制作チームの皆様も「ラーメン赤猫」の常連客のごとく猫好きがおられるようで、熱意をもってキャラクターたちをアニメーション表現の中に再構築してくださっています。
これまで応援してくださった皆様にも、これから新しくご覧になる方々にも、
お店に行ってみたい、ラーメンを食べてみたいと感じていただける作品になることを願っています。
アニメ『ラーメン赤猫』わたしも楽しみです!

ティザーPV &場面写真も公開!
[ティザーPVリンク]https://youtu.be/cUJiKWCAc_I  

さらに、アニメ化に際し、「ねんどろいど 文蔵」の商品化も決定!
「ねんどろいど」は、アニメ、ゲーム、漫画、映画など様々な作品に登場するキャラクターを中⼼に、世界で活躍するアーティストといった実在の⼈物までを、⼿のひらサイズの2.5頭⾝でデフォルメした可動フィギュアシリーズである。

作品概要

[タイトル]『ラーメン赤猫』
[放送日時]2024年7月からTBS系28局全国同時放送開始
[原作]「ラーメン赤猫」(アンギャマン)(集英社「少年ジャンプ+」連載)
[スタッフ]
監督                         
清水久敏
シリーズ構成    ・脚本            
久保 亨
キャラクターデザイン         
千葉道徳
アニメーション制作            
E&H production
プロデュース                    
E&H production / グッドスマイルカンパニー

[キャスト]
文蔵(ぶんぞう) … 津田健次郎

[ストーリー]
猫だけで営むお店「ラーメン赤猫」、そこにバイトの面接で訪れた人間の珠子。正直に犬派と答えた彼女はあっさりと採用が決まり、任されたお仕事は猫たちのお世話係。ブラッシングを通じて垣間見える猫模様に、様々なお客様が織りなす人間模様。身体も心も温まる『ラーメン赤猫』、愛しさ大盛り、召し上がれ。

[公式サイト]https://ramenakaneko.com/
[公式X(旧Twitter)]@ramenakaneko 

最新刊6巻も好評発売中!
「ラーメン赤猫」6巻
価格:748円(税込)
判型・ページ:B6判/204ページ
ISBN:978-4-08-883811-3

©アンギャマン/集英社

PICK UP