いま、東京で『道路の無電柱化』が進んでいる…って、ほんと!?

公開: 更新: TBS Topics


実は、地道に進んでいた『都内の道路の無電柱化』

いま、東京では『都内の道路の無電柱化』が進んでいることはご存知でしょうか?

これが実現されると、災害時の電柱倒壊による停電リスクがなくなる上に、街の景観もグッと良くなります。

いま、東京では『都内の道路の無電柱化』が進んでいるいま、東京では『都内の道路の無電柱化』が進んでいる

無電柱化の進め方としては、まず電柱の代わりとなるハコ「特殊部」を地中に設置します。それらをパイプでつなぎ、最後に電線を通せば無電柱化工事の完成です。

無電柱化の進め方無電柱化の進め方

ちなみに特殊部は、50m~100m間隔で地中に一個一個埋めていくそう。
歩道には水道管やガス管が埋められていることが多いため、主に車道に埋めているとのことです。

主に車道に埋めている主に車道に埋めている

こうした事情から、交通量の少ない夜に工事を行っているとか。一気に進めることがどうしても難しい工事であり、たとえば環七道路の1区間400mだと、設計から施工完了まで約7年かかるそうです。

現在、都道の無電柱化進捗率は約46%(※2023年11月放送時)。都庁の建設局では、2040年代の完成を目標に、地道に作業を進めています。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP