安藤政信が“超鈍感”な役とシンクロする部分とは!? 「胸を張れる男ではないですが、しみじみ応援してください」

公開: 更新: TBS Topics


TBSで放送中の火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』。広瀬アリス演じる、学歴もお金もない社会人の白玉佐弥子(広瀬アリス)が、偶然出会った大学生・小笠原拓(道枝駿佑/なにわ男子)のひと言をきっかけに学び直しを決意。30歳にして大学生となり、令和の大学生たちに揉まれながら勉強に、恋に、夢に奮闘するセカンド・アオハル・ラブコメディだ。

今回はいよいよ佐弥子が20歳のときから憧れているイケメン建築家、日向祥吾役の安藤政信が登場! 第9話でついに佐弥子に思いを伝えた日向。演じる安藤は、彼をどう見ているのか!?

「僕は今でも青春の続きができている」

――オファーがあったときのお気持ちをお聞かせください。

本当にありがたいですね。僕はどの作品でもオファーをいただいてから、その役に対してどういうふうにアプローチするか、とにかく考えます。1つひとつの作品に全力で向き合い、他のキャストさんやスタッフさんたちに、しっかり迎えていただけるように万全の形で準備しようという気持ちをいつも持っています。今回も、1話から最終話まで、日向の人生について全力で取り組もうと思いました。

――台本読んだときの印象を教えてください。

僕自身、もう若者たちの中心にいるような年齢ではないので、主人公たちの青春を俯瞰して見守る立ち位置。自分の今の年齢だからこそ与えられた役そのものだなという印象でした。

僕は共演者の皆さんと作品を共有したいとは思っていますが、過度なコミュニケーションはあえてとらないようにしています。僕は昔から役者であっても、友人であっても、性格上、過度に近い距離をとるタイプではないのですが、この現場でも、少しみんなとは距離を置き、自分がどういうふうに日向を演じるかということに全力で集中しています。

――日向祥吾というキャラクターについての印象はいかがですか?

かなり鈍いところがある人物ですが、人に対しての思いやりはとてもある人だという印象です。主人公の憧れの建築家であり、初恋の人であり。佐弥子のことはそばで見守っていきたいという感覚ですね。歳も離れているので、恋愛というよりは、佐弥子を応援し、サポートするという立場の役。僕は日向をそういう人物ととらえていました。

佐弥子と日向佐弥子と日向

――クライマックスに向け、佐弥子との距離感がぐっと縮まりましたが…日向に共感できる部分はありますか?

娘の真凛(飯沼愛)との撮影をしていて、「本当にわかってないね」と言われてしまうあたり。女性に対して何かを言うタイミングといいますか、感情と感情のタイミングがとてもズレている日向は、もしかしたら自分に合っている役なのかもしれません(苦笑)。僕自身も器用にコミュニケーションをとるタイプでも、女性に積極的に関わっていけるタイプでもないので、そこはシンクロする部分があるような気がします(笑)。

日向と真凛日向と真凛

――主演の広瀬アリスさんはどんな印象ですか?

広告や雑誌など、彼女のポートレートを見てもそうなのですが、とても光のような輝きが強く、陰がないような感じといいますか、湿った感じがまったくなく、光を発する女性だなと感じています。

大学キャンパスで大学キャンパスで

――ちなみに安藤さんにとっての「アオハル」とは?

学生時代もいわゆる青春といえるようなことをしていたと思いますが、今もその時からまったく変わっていません。好きな音楽を聴いて、気心知れた友人と会って。音楽を共有することで、自分が友人たちと繋がり合っている感覚が今でもあります。同じ高校出身で音楽家の“JJJ”という男がいるのですが、彼の作る音楽を感じたり、ライブをしている姿をカメラで撮影してそれを発信したり。

今でも、学生時代の青春の続きを友人たちと共有できているという感じがしています。俳優業をしていても、毎日悩みます。自宅へ帰っても、今日の演技が正解だったのか不正解だったのかと考えます。多感な10代の頃にもあったグズグズな感じといいますか…。クリエイティブとはそういうことなのかもしれません。

――それでもクリエイティブなことを続け、挫折してもまた挑戦するために立ち上がるのはなぜだと感じていますか?

自分は俳優を続けてはいますが、フォトグラファーだったり、映像を撮ったり、すべてのことを今もずっとチャレンジをし続けていますね。僕は音楽家やライブというものが身近にある環境で、ライブで聴いたリリックなどにとても励まされます。クリエイティブに向き合い続ける、その循環こそが自分のクリエイティブな挑戦でもあり、そこに人生があり、自分の精神バランスでもあるんですよね。

日向祥吾日向祥吾

――安藤さんからご覧になって日向の注目ポイントは?

注目してほしいと胸を張っていえる役ではないですから(笑)。皆さんが僕のお芝居を見た時、「日向って、なんか仕方がないなぁ」と、しみじみと最後まで応援してくれたらいいなと思っています。

優秀な建築家でありながら、優しすぎて鈍感で…。娘から喝を入れられるほどグズグズな部分もある日向祥吾。「ずっと挑戦を続けている」安藤に、今度は演じる日向がシンクロする日が来る気配も!? 最終回に向けて不器用な日向はどんな決断をするのか。歳を重ねれば重ねるほど、自分が下す決断が持つ意味は重くなる。彼の挑戦がどんなものであれエールを送りたい。

PICK UP