石田ゆり子、玉山鉄二、津田寛治の出演が決定!日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』

公開: 更新: TBS Topics


新たに3人のキャストを発表!
芦田愛菜演じる響の母親役に石田ゆり子
市民オーケストラ団長役に玉山鉄二
コンサートマスター役に津田寛治

TBSでは2024年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送する。

主演の西島秀俊が演じるのは20代の頃から海外で活動し、数々の有名オーケストラと共演してきた才能あるマエストロ(指揮者)・夏目俊平。大好きな音楽に対して常にアパッシオナート(情熱的)に向き合い、その情熱はいつも演奏家たちの眠っていた情熱を呼び覚まし、火を灯していた。しかし、音楽以外の能力はゼロで家事は何一つできないポンコツ。超マイペースかつ天然な男でもある。5年前に起きた“ある事件”をきっかけに家族は俊平のもとを去り、俊平自身は音楽界から離れていたが、日本のとある地方の廃団寸前の市民オーケストラの指揮をするために数十年ぶりに帰国する。

そんな俊平の娘・響を演じるのは芦田愛菜。父親とは真逆で音楽を嫌い、音楽の無い人生を送っていた響は、5年前の“ある事件”をきっかけに父と決別していた。ところが父が突然帰国することになり、気まずい同居生活が始まる・・・。

世界的天才指揮者の彼が、なぜ愛する音楽の世界から退くことになったのか?

そして、5年ぶりの娘との再会。天才ゆえに娘の気持ちがわからない俊平が、父としてもう一度娘と向き合う中で、5年前から時間が止まってしまっていた“娘の人生”を少しずつ動かしていく・・・。

さらに、本作の大きな見どころとなっていくのは、廃団寸前の市民オーケストラ「晴見フィルハーモニー」に主人公の俊平がきて、俊平にしかできないやり方で個性豊かな団員たちの悩みを解決していくとともに、オーケストラとしてもう一度立ち上がっていこうとするサクセスストーリーである。

その晴見フィルハーモニーの団員役として、宮沢氷魚、新木優子の出演を発表している。

■石田ゆり子、玉山鉄二、津田寛治の出演が決定!

このたび、響の母親役で石田ゆり子、晴見フィルハーモニーの団長役で玉山鉄二、コンサートマスター役で津田寛治の出演が決定した。

石田は『妻、小学生になる。』(2022年)で主人公の亡き妻を好演し、切なくも心あたたまる物語の世界観を強く印象づけた。今作の脚本を担当している大島里美は『妻、小学生になる。』の脚本も担当。石田がTBSの連続ドラマに出演するのは『妻、小学生になる。』以来であり、大島脚本作品に2作連続での出演となる。また、主演の西島とは『MOZU』シリーズをはじめ夫婦役やパートナー役での共演が多いが、今回は少しワケありの関係だ。

石田が演じるのは、響の母で画家の志帆(しほ)。俊平の才能と人柄に魅了されて、結婚した。結婚後は、画家の夢を捨てて、音楽以外ポンコツな俊平の世話をかいがいしく焼いてきたが、5年前の“ある出来事”をきっかけに娘の響と息子を連れて俊平の元を去った。現在は実家のある晴見市で親子3人で暮らしている。その後、俊平には一切連絡を取っていなかったが、ある目的で、晴見フィルの指揮者として俊平を団長の古谷に推薦した。

玉山は数多くのドラマや映画などで活躍し、NHK連続テレビ小説『マッサン』(2014年)をはじめ主演作も多い。TBSの連続ドラマへの出演は『誰よりもママを愛す』(2006年)以来約18年ぶりとなる。

本作では晴見市役所観光課の職員で、晴見フィル団長の古谷悟史(ふるや・さとし)を演じる。誠実で人との調和を重んじる心優しきファゴット奏者だ。廃団が決まった晴見フィルをなんとか存続させるため、世界的指揮者である俊平を指揮者に迎えようと奮闘する。また、俊平には言えないある秘密を抱えている。

俳優として幅広いキャラクターを演じ、映画の監督や脚本も務めている津田。日曜劇場に出演するのは『ごめんね青春!』(2014年)以来約10年ぶりとなる。

本作で演じる近藤益夫(こんどう・ますお)は、晴見フィルのコンサートマスターであるバイオリン奏者で、普段は建設会社の社長。幼い頃からかっこいい指揮者になるのが夢で、晴見フィルの前任指揮者が引退したことでようやく自分の番が来たと心躍っていたが、俊平が現れ敵意を燃やす。クラシックが大好きで語らせると長い。晴見フィルのボス的存在だが、家族からは愛想をつかされている。

俊平と一癖も二癖もある団員たちが音楽を通して、抱えている様々な問題に立ち向かっていく本作。2024年1月期放送の日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』にご期待いただきたい。

【アパッシオナートとは】
(〈イタリア〉appassionato)音楽の発想標語の一つ。「熱情的に」「激しく」の意。(大辞林第4版より)

コメント

<志帆役 石田ゆり子>
大島里美さんの脚本が本当に素晴らしく、どの回も登場人物が皆、魅力的で幸せな気持ちでいっぱいになります。
西島さんとは一体何度目の夫婦役なのだろうと自分でもわからなくなりますが、当然ながら作品ごとに新しい魅力を放って来られるので、いつも新鮮な気持ちで演じております。
私の役は画家なのですが、もともと絵を描く仕事に子どもの頃から憧れがあったので、アトリエのシーンなど本当にワクワクしながら演じております。
素晴らしい人生讃歌のドラマです。
ぜひご覧になってくださいますように。

<古谷悟史役 玉山鉄二>
ここ最近、悪役や眉間に皺を寄せた役が多かった中、ひたすらに純朴で真面目で、市民オーケストラに人生を捧げている役にオファーをいただけて驚きました。自分自身も現場でどんなキャラクターが舞い降りて来るか楽しみながら演じています。プロデューサー、監督からその機会をいただけたので、期待以上でお返ししたい思いと共に大変感謝しております。
廃団寸前の市民オケと元天才指揮者の家族の再生物語。なんの奇抜もなく、ほっこりとした何か懐かしい情熱的な作品で、我々オーケストラチームも練習に多くの時間を費やし、初めての演奏シーンでは、必死に演奏し、圧巻な映像をお届けすることをお約束します。日曜日の夜にご視聴いただいて、月曜日からハツラツな気分になれる作品になっていますので、是非是非ご覧ください。

<近藤益夫役 津田寛治>
まさかアラ還になってバイオリンを弾くことになろうとは思いませんでした(笑)。演奏シーンは緊張しますが楽しいです。みんなで一丸となって曲を奏でるって素晴らしいんだなあと思います。特にクラシック音楽は、音楽史に名を残す先生方が途方もない情熱と想像力を駆使して曲を作られたんだということが、練習を重ねるたびに伝わってきます。
コンサートマスターの近藤益夫という役に出会えて、自分の人生が豊かになった気がします。視聴者の皆さんにも音楽の豊かさを感じていただけたらうれしいです。

<企画プロデュース・東仲恵吾>
オーケストラと主人公の家族にまた新たな仲間が加わりました。
石田ゆり子さんは、可愛らしさやお茶目さがありつつ、ふとしたセリフを心に響かせる繊細な芝居をされていて、今回の志帆という役にぴったりだと思い、オファーしました。
玉山鉄二さんに演じていただく古谷は、とても真面目で、でも真面目すぎて笑えてくるような、そんな愛らしいキャラクターです。今回初めてご一緒させてもらいますが、今まで数多くの作品で全く違う表情を見せてくれていた玉山さんなら、場面に応じていろいろな顔を見せる古谷を演じていただけるのではと思い、お願いしました。
そして、津田寛治さんは主人公に最初は敵意を抱く役ですが、貫禄と可愛らしさを併せ持つ津田さんにしか演じられない役になっています。
お二人は楽器初心者ですが、ものすごいアパッシオナートで練習されて、プロの演奏シーンを演じてくれております。そちらも是非お楽しみください。

番組概要

[タイトル] 
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
[放送曜日・時間]
2024年1月スタート
毎週日曜よる9:00~9:54

[スタッフ]

■製作著作
TBS
■脚本
大島里美

■音楽
菅野祐悟

■撮影監督
神田 創

■音楽監修
広上淳一(東京音楽大学)
■全面協力
東京音楽大学

■企画プロデュース
東仲恵吾
■プロデュース
益田千愛

■演出
坪井敏雄
富田和成
石井康晴
元井 桃

[出演者]
西島秀俊
芦田愛菜
宮沢氷魚
新木優子

石田ゆり子
            
津田寛治
玉山鉄二

[番組公式サイト]https://www.tbs.co.jp/sayonaramaestro_tbs/
[番組公式Twitter]@maestro_tbs
[番組公式Instagram]maestro_tbs

PICK UP